NCAA(大学) ハイスクール/プレップ(高校)

木村圭吾選手がNCAAディビジョン3のセントジョセフ大学へ!

更新日:

またまた「時代が進んだ」コミット/リクルートです!

   

スラムダンク奨学生の木村圭吾選手

木村圭吾選手

まずはこのツイートでしょう!

このメンタリティ!

   

「ダンコたる決意」がヒシヒシと伝わってきます!

*スラムダンク奨学生

フロリダ州のジュニアカレッジからルイジアナ大学(ラファイエット)に進んだドゥドゥと同じ、八王子学園八王子高校出身。

6-2ガード

   

ツイートにもあるとおり、スラムダンク奨学金により進学した名門プレップ、セントトーマスモアで、チーム唯一の全ゲーム出場(!)。

”ディビジョン1”の決意は強いものの、諸事情により選んだ進学先は、ディビジョン3の新興校、コネティカット州ウェストハードフォードのセントジョセフ。

しかしこれは、素晴らしい決断ではないかと思います。

   

   

NCAAディビジョン3、セントジョセフ大学

セントジョセフと言えば、ジャミアネルソン、そして前回投稿で書いた、老舗AAUを立ち上げたブーウィリアムズらを輩出したフィラデルフィアBIG5の一角(他4校はビラノバ、テンプル、ペンシルバニアとラサール)、"SJU"が最も有名。

では木村選手が進む、コネティカット州ウェストハートフォードのセントジョセフ"USJ"とは・・・

セントジョセフ大学(University of St. Joseph)概要

私立校

ロケーション:コネティカット州ウェストハートフォード

   

ニックネーム:ブルージェイズ

チームカラー・スクールカラー:ブルー、ゴールド

カンファレンスグレートノースイーストアスレティックカンファレンス(GNAC)

*同カンファレンス、もう一つのセントジョセフ(カレッジ、メイン州)に、やはりスラムダンク奨学生である、酒井達晶選手(北陸学院高校出身)!

ホームコートオコーネルセンター(500人収容)

フットボールプログラム:なし

セントジョセフ大学(USJ)のバスケットボール

公式サイト

「ディビジョン3?」「収容人員500人?5000人じゃなくて?」

「何がすごいの??」

となるかもしれません。

   

   

ジムカルフーンとHaruya Ito

再度書きます。

NCAAカレッジバスケットボールはコーチが全て、です。

セントジョセフのコーチ陣

ヘッドコーチ、ジムカルフーン

殿堂入りしているコーチ(ホールオブフェイマー)です

コネティカット大学を率いて3度のNCAAチャンピオン(1999、2004、2011)。

通算、915勝395敗(勝率698)。勝利数は、現役コーチならあのコーチK(デューク)、ジムベーハイム(シラキュース)に次ぐ3位。オールタイムでも10位。

ディビジョン1だけに絞っても、通算877勝は歴代6位。上にはK、ベーハイム、ボブナイト、ロイウィリアムズとディーンスミスしかいません。エイドルフラップを上回るのです。

コネティカットで育てた主な選手と言えば、

選手在籍Note
レイアレン1993-1996UConn唯一の永久欠番
ヒルトンアームストロング2002-2006Bリーグでプレイ
スコットバーレル1989-1993日本リーグでプレイ
カロンバトラー2000-2002
アンドレドラモンド2011-2012セントトーマスモア出身
カリッドエルアミン1997-2000初優勝メンバー
ルディゲイ2004-2006
ベンゴードン2001-2004
リチャードハミルトン1996-1999初優勝メンバー
トラビスナイト1992-1996
ジェレミーラム2010-2012
ドニエルマーシャル1991-1994
シャバズネイピア2010-2014
エメカオカフォー2001-2004
ケビンオリー1991-1995
クリフロビンソン1985-1989
ハシームサビート2006-2009Bリーグでプレイ
チャーリービラヌエバ2003-2005
ジェイクボスコル1996-2000初優勝メンバー
ケンバウォーカー2008-2011
ギャビンエドワーズ2006-2010Bリーグでプレイ
書いてて疲れてくるほどいますね。。。

UConnに来る前にコーチした、ボストンのノースイースタン大学時代の教え子、故レジールイスも忘れられません。

レジェンド!

   

   

そして何より、セントジョセフに着任してわずか2年での成績が、42勝15敗。1年目が16勝12敗、2年目は26勝3敗。2季目の2019-2020シーズンに至っては、カンファレンスゲームを11勝0敗の完全優勝で、NCAAトーナメント(D3)出場。

わずか3年前、バスケットボールチームを持っていなかった学校をリーグ優勝に導いた!

私も簡単に名将、名将と騒いでいるかもしれませんが、カルフーンはあまりにも特別なコーチです。

「彼に指導を受けられるのなら、ディビジョン3でもかまわない。」

そういう選手がごろごろいます。

なぜ、カルフーンほどの人物がD3でコーチをするのでしょうか。

ESPNも追いかけてます!

   

カルフーンの右腕、アソシエイトヘッドコーチのグレンミラーさんらも”重要人物”ですが、とてもここでは書ききれません。

よって、”重要人物”を1人だけ。

今回の木村選手のリクルーティングに大きく関わった日本人

上の、USJバスケットボールオフィシャルサイトには"Student Managers"と示されている、Haruya Ito(伊藤治矢)さん。*実際にはコーチのような働き方をされています。

冒頭で「時代が進んだ」と書いたのは、NCAAにおいて、”日本人コーチによる、日本人選手のリクルート”が行われたからです。*女子D1では、森田コーチと池松選手のロバートモリス大学の存在があります。

伊藤コーチと言えば、NBA Gリーグ、テキサスレジェンズの伊藤拓摩コーチの名もあがりますが、USJの伊藤コーチもまた、名を成すのは時間の問題でしょう。

ツイッターを覗いていても、X's O'sなどの戦術における知見は群を抜きますし、何よりもカルフーンの弟子になろうと「潜り込んだ」、そのバイタリティ!!世間的な「成功」というものが何を指すのか私にはよくわかりませんが、USJの伊藤コーチは既に成功者と言えます。

伊藤コーチによると、木村選手とともにリリースされたクリスカミール(6-6)もD1タレントとのこと。

ジムカルフーンの下、伊藤コーチと木村選手の日本人コンビによる活躍。セントジョセフ大学(USJ)バスケットボールプログラム、創設わずか3季目にしての、2021年NCAAディビジョン3タイトル獲得という快挙は現実的です。そのうえでの、木村選手のD1スクールへの転校も十分ありうるでしょう。

楽しみです!

*NCAAディビジョン3歴代優勝校

2002年優勝のオッターバイン(オハイオ州)は、Bリーグ・宇都宮ブレックスのジェフギブス選手の母校。ギブスはこの優勝チームのエースでした。彼の現在のプレイを見ても、ディビジョン3(特にトップレベル)が馬鹿にできないカテゴリーであることがわかります。

1996年チャンピオンのローワン(ニュージャージー州)は、B2・アースフレンズ東京Zヘッドコーチ、東頭俊典さんの母校。

1991年、1995年、1998年に1999年と、4度ウィスコンシン大学プラットビルをチャンピオンに導いているボーライアンは、後のウィスコンシン大学(マディソン本校)ヘッドコーチ。名将。

そして、よく目にするCalvin(カルバン)とHope(ホープ)。ミシガン州にある両校のライバルリーはディビジョンを超越した存在。興味のある方はぜひ→ザ・ライバルリー

ディビジョン3のバスケットボールこそが、本物のNCAAカレッジバスケットボールと言えるのかもしれません。*D3のアスレティック奨学金について

ad




ad




-NCAA(大学), ハイスクール/プレップ(高校)
-, , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.