NCAA、高校/プレップ

Emoni Bates「は」ミシガンステイト大学進学へ!

更新日:

Emoni Batesがミシガンステイト進学を表明

発音、どのように聴こえますか?

   

レブロンジェームス以来。

ケビンデュラントの再来。

未来のNBAオールスター。

”学年の関係なく”、アメリカナンバーワンの高校生選手と言われているEmoni Batesが、ミシガンステイト大学進学を発表しました。

同時に、これまで在籍したミシガン州イプシランティの公立校リンカーンを離れ、父親がヘッドコーチ就任予定のイプシプレップアカデミーを設立と。

呆れるほどのムーブメント。

   

2022NBAドラフト1位指名?

2004年1月28日生まれのベイツは16歳

元々の”学年(Class、大学進学の年)”は2022年

ところが、「チームベイツ」は学年を繰り上げ、2021年にMSU入学→2022年のNBAドラフトエントリーを計画しているようなのです。

例年通りのスケジュールであれば、ドラフトが行われる2022年6月の時点でベイツは18歳。→どうなるんでしょうね

個人的には、このレベルの選手はすぐにもNBAで良いと思います。また、ジェイレングリーンと同じように、Gリーグに進む道も選べたようですが、

「ミシガンステイトが好き」

(たとえ1年だけだとしても)NCAAカレッジバスケットボールファンとしては、このセリフを言われては喜ぶしかありません(笑)。

参考記事1

参考記事2 *こちらの記事によると↓

新しい”イプシランティプレップアカデミー”は少なくとも8人の有力選手を集め、リトルシーザーズアリーナ(NBAデトロイトピストンズ)やブレズリンセンター(ミシガンステイト大学)、そして地元コンボケーションセンター(イースタンミシガン大学)などでゲームを行う。そして、対戦相手にはオークヒル(現地11月13日)、シェラキャニオン(同11月21日予定)、IMG(!)(同来年2月8日)、モントバード(同2月11日)、ラルミエール(同2月25日)

・・・田中力選手との対戦ですね。 

     

面倒くさいこと(笑)

と、ここまで、ファーストネームのカタカナ表記をしませんでした。

よくわからないからです。

エモニ?

イモニ?

エマニ?

イマニ?

僕は外国語を「正確に」カタカナで表記するのは不可能と考えているので、

聴こえるように

表記してかまわないと思うのですが。。。

誰か、決めてください(笑)

(決定権を持つ人って存在するのでしょうか?)

こちらを参考にさせていただきました。

が、”聴こえたとおりの表記 + アルファベット”の両方記載は面倒くさいのでしません。すみません。

   

ちなみに。Michigan State Universityは、ミシガンステイト大学とします。

ミシガン州立大学とはしません。これは譲れません(笑)。

ad




ad




-NCAA、高校/プレップ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.