Bリーグ/日本国内

日本の高校バスケットボール-東海・北信越

更新日:

 

*随時更新するつもりです。

長野県

東海大三が最強。松商学園あたりがつづく。全国レベルでの上位進出実績は少ないが、2010年インターハイで東海大三がベスト4。

新潟県

アルビレックスの地元だけあって、バスケどころ。公立が幅を利かせる。県立三条高校がインターハイ制覇4回の古豪。1963年、’64年と連覇も達成。その後圧倒した強さを誇るのは新潟商業。1999年にインターハイ優勝。OBは何と言っても吉井四郎。1964年の東京オリンピック、日本代表監督。1980、’90年代は新潟工業。1988年、最後の「春の」選抜でベスト4。

富山県

富山第一、富山商、高岡工芸、高岡商あたりで代表を分け合う。全国大会での上位進出は長らくなし。

石川県

富山県同様、なかなか全国上位に食い込めないでいる。野球も強い私立、金沢高校が牽引。
他に特筆すべきは県内有数の進学校、県立七尾高校。1986年にインターハイ準優勝を達成。また、羽咋高校から現NBL東芝ヘッドコーチで元日本代表、北卓也が出ている。進境著しいのは北陸学院。

福井県

福井は北陸意外考えられない。超強豪校。インターハイ3度、選抜(ウィンターカップ)は意外にも1回、しかも2010年にようやく初制覇。数字以上の存在感を見せている。佐古、五十嵐、庄司、西村、そして石崎・・・多くの全日本選手を輩出。元日本代表コーチでbj浜松・東三河のHC、東野智弥もOB。

岐阜県

最近でこそ私立の美濃加茂や岐阜総合学園が台頭しているが、ここは何と言っても県立岐阜農林。度々全国でも上位に顔を出すが、優勝がない。悲願の全国制覇、成るか。

静岡県

サッカーに負けない、バスケどころ。かつては興誠(現浜松学院)が牽引。以降、藤枝明誠、飛龍(旧沼津学園)、沼津中央と私立が強い。興誠から日体大に進んだ元日本代表、後藤正規は現在地元高校にてコーチ。

愛知県

選抜2度の優勝を誇る名門、愛工大名電は21世紀に入って出場さえ無し。代わって中部大学第一や愛産大工あたりが台頭。バスケどころながら、最近全国での活躍無しと寂しい。

三重県

県立四日市工業が絶対的存在。地元、愛知学泉大に進んだ桜井良太という、スターを輩出。しかしインターハイ、選抜(ウィンターカップ)とも県勢の上位進出はなし。

 

ad




ad




-Bリーグ/日本国内
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.