コーチング/COACHING

バスケットボールトレーニングのヒント、戦略、そして秘密-37こ-③

更新日:

バスケットボールトレーニングのヒント、戦略、そして秘密-37こ

   

③シューティングこそが、バスケットボールにおいて最も重要なスキルである

このことを理解しないといけない。

体育館にいるとき、シュートの能力を向上させるのに多くの時間を割かないといけない。

他の全てのスキルは二の次である。

現代のバスケットボールにおいては、ペリミターのオープンショットをコンスタントに沈めることができなければ、より高いレベルの重要な局面で出場時間を得ることは難しい。

NBAやWNBAにおいてさえも、優れたシューターでない選手がいるのは確かだが、彼らは7フッターのような高身長であるか、なかなか手に入れることのできない身体能力を持っている。

成功したいのなら、シューティングにフォーカスすべきである。

目標は、常にチームのベストシューターであることだ。

   

訳注

その昔。

「ポイントガードはそれほどシューティングに長けていなくてもよい。一番の仕事はゲームメイクであり、アシストだ。」

「リバウンドだ。点を取れなくても、リバウンドで貢献できれば試合に出れる。ロッドマンがいい例だ。」

時代は変わりました。

現代バスケットボールでは、シュートができないと試合に出れません。

バスケットボール = シュート

大昔の、元PGとしては複雑な思いですが、認めざるを得ません。

もはや、ポイントガード、シューティングガード、スモールフォワード、パワーフォワード、センター、1番、2番、3番、4番、5番というポジジョン分けは消滅しつつあります。

ガード、ウィング、ビッグという分類さえも、”ポイントセンター”などと言う言葉にかき消されようとしています。。。

ラベルモートンとダニーグリーンの話をもう一度どうぞ。

2009年のNBAドラフトで2巡目46位指名。Gリーグや欧州との往来も経験したグリーンは、今年3個目のリングを獲得しました。

シューティングによって、です。

   

参考

自分の経験上も含め、シュートの上達と才能はそこまで大きく関係ないですね。とにかく、「自分にとって」正しいフォームで、打ちまくること。

何万本も。

打つだけでなく、成功させること。

参考

   

”自分にとって”正しいフォームで。

   

ダンクはそうそうできませんが、、、

シュートは練習次第。いくらでも上手くなれます。

1本のスリーポイントは、1本の360°ダンクよりも価値があります。当たり前ですけど。

ダンカンロビンソンが世界を驚かせたのも、シューティングがあったから。

ad




ad




-コーチング/COACHING
-, , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.