Bリーグ/日本国内

日本の高校バスケットボール-中国・四国

更新日:

 

*随時更新するつもりです。

鳥取県

進学校でもある県立鳥取東が頭抜けた存在。鳥取勢は1948年の第1回大会から3年連続で4強入りしているが、近年低迷。

島根県

2度のインターハイ優勝を誇る古豪、松江工業を筆頭に、松江北、松江東と公立の活躍が目立つが、最近は私立出雲北陵も強い。

岡山県

長年岡山理大付が牽引してきたが、21世紀に入って岡山工、玉野光南、岡山学芸館、そして県立倉敷青陵あたりが台頭。しかし全国レベルでの目立った活躍は無い。

広島県

第3回選抜大会(ウィンターカップの前身)優勝の、県立広島商業が牽引してきた。続くのが同じく県立の広島皆実。ここ数年は如水館と、野球でも有名な学校が台頭。
広島の市立美鈴が丘は影が薄くなった。広島商業は1987年にもベスト4入り。

山口県

ここ数年はやや群雄割拠の状況も、豊浦と山口高校の両県立校がしのぎを削ってきた。豊浦から中川和之というスターが出ているが、県勢の全国上位進出はなし。

徳島県

城東と海部、両県立校が牽引してきた。海部は全身の徳島海南高校時代、1967年インターハイで全国制覇。が、それ以外に全国レベルでの県勢活躍は無し。

香川県

野球どころ、四国のバスケットボールは明らかに後れをとっていた。が、日本人として3人目となる、アメリカカレッジバスケットボールNCAAディビジョンⅠでのプレイが確定している渡邊雄太を擁し、尽誠学園が2011年、2012年とウィンターカップで連続準優勝。今後も期待できる。コーチの色摩氏は洛南高校出身。

元々は1978年選抜で4強入りの実績を持つ高松商業の独断場であったが、高松工芸や善通寺一も一時代を築いた。

愛媛県

レベルは高くない(女子は強い)。インターハイ、選抜(ウィンターカップ)とも県勢の優勝はおろか、4強も無し。しかし松山城南高校が、山崎昭史、青野文彦という、後に全日本入りするビッグマンを輩出。学校としての実績では、同じ松山市内にある私立、新田高校が圧倒的。京産大から日立に進んだ菅裕一の母校。

高知県

香川と状況が似ている、ずっと牽引してきたのは高知工業。そして近年、全国レベルでも上位進出をうかがうのが野球でもお馴染みの私立、明徳義塾。

 

ad




ad




-Bリーグ/日本国内
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.