コーチング/COACHING

ボブ・ハーリー「殿堂入りコーチがモップをかける」

更新日:

<追記>

絶句しました。。。

----------------------------------------

この夏、地元シカゴのプロアマでプレイする、ジャバリ・パーカーが自らモップをかけたのが少し話題になりました。

この数日前、USA TODAYが同じように”モップ”についてつぶやきました。

68-year-old Bob Hurley Sr. is still sweeping the high school gym during JV games

モップをかけることをルーティンにしているのはボブ・ハーリー。

高校バスケットボールコーチとしてはわずか3人しかいない、バスケットボール名誉の殿堂(Basketball Hall of Fame)に入っている伝説的な名将です。68歳。殿堂入りは2010年
億を稼げる、NCAAディビジョンⅠ校からの誘いをずっと断り続けてきました。

ニュージャージー州のセントアンソニーで1972年から指導。通算1100勝(!)をあげ、多くのNCAAディビジョンⅠ、NBA選手を育ててきました。最近ではUCLAからNBAサンアントニオ・スパーズに進んだカイル・アンダーソンがいます。またハーリーの2人の息子、兄のボビーはデューク大学で1991、1992年にNCAA連覇。現在はアリゾナステイト大学でヘッドコーチをつとめ、弟のダニーは地元の強豪シートンホール大学に進み、現在はこれも強豪ロードアイランド大学のヘッドコーチです。

そんな名コーチが、自らコートにモップをかけることを日課としていますよ、などという内容↓

Some thoughts on conducting basketball practice from Coach Bob Hurley

"I love practice. If it were up to me, we’d not play any games, we’d just practice.”-Coach Bob Hurley

Maximize your facility
1. Whatever you have, maximize it. Take pride in it. Make it clean.
2. Sweeps floor before every practice and at halftime of JV game. “This shouldn’t be the custodian’s job. The coach should take pride in doing this.”
3. Practices after school during the week and in the mornings on the weekend (either 9:00 am-11:00 am or 8:00 am-10:00 am)
*JVはJunior Varsityの略。主に下級生で編成されるチーム。全米ランキングなど上がってくるのはVarsity(バーシティ)チーム。より多くの選手が”ゲーム”に参加できるよう、アメリカでは同一校に複数のチームが存在します。

以下、参考まで。ですが、めちゃくちゃ参考になると思います(笑)。

Priorities
1. Team play
2. Keep individual skills up
3. Prepare for opponent

Early season practices
*文字通り、シーズン初めの練習について。アメリカにおける9~11月が該当します。

1. Know exactly how many opportunities you have to work with your team before the first game. We have 16 practices and 3 scrimmages before our first official game.

2. First day of practice:
4 hours with a 15 minute food break (bananas) at the 2 hour mark. This practice is followed by another 4 hour session the next morning (a Saturday) and a free clinic Sunday morning for area coaches.

3. Post your practice plan:

4. It doesn’t have to fancy or even typed out, but it has to be on paper.

5. Players should have an idea of what practice will be about. They won’t study it, but give them an idea at least.

6. Be careful not to overcoach on the day before a big game. Your players will catch on and they will know something up (2 bad things can happen: they’ll tense up or, later on, will relax during the next “day before” practice when you’re not as tense)

7. Bad coaching: spending too much time on one thing

8. “I love teaching, but how long can you maintain their attention?”

9. Late in the year if you’re in a drill that’s scheduled for 4 minutes, but you’re sharp and after 2 minutes you realize your guys get it, call it after 2 and move on. “Don’t be a slave to your practice plan.”

コメント、アイディアなどございましたらtwitterでぜひ! @tommy_ussports

このジャージーシティの学校は絶対訪ねてみたいと思っています。それこそモップをかけさせていただきたいと思うジムです(笑)。

NYCマンハッタン、ハドソン川の対岸です↓

ad




ad




-コーチング/COACHING
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.