コーチング/COACHING

パッシングドリル-4on3

更新日:

パッシングとしておりますが、ディフェンスの練習にも有効です。

ところで、、、ゲーム前のウォーミングアップ、メニューをたくさん用意してますか?

ゲンを担ぐ意味で、毎回同じ内容にするのも一考ですが、ここでもやはり様々な種類を用意、実践するほうが望ましいでしょう。

「変化に対する対応力」を鍛えましょう。

バスケットボールに限りませんが、何が起こるかわからないのですから。

いわゆる四角パス、4コーナーパス、スクエアパスはもう飽き飽きではないでしょうか。

ディフェンスの練習にもなりますのでオススメです↓

このマット・ボーラントさんはNCAAディビジョン1、イリノイ大学の女子コーチを務められていた方です。

ビデオでは行っていない点について。

・「コミュニケーション」しましょう。声を出しましょう。パスを出す側は相手の名前を呼ぶ。もらう側も呼ぶ。

・パスをもらう側はターゲットハンドももっと出す。

・時間を置いて、”ワンドリブル有り”もやってみる。

・”ワンタッチ”でパスが出せなければピボッドをもっと使う。

・ディフェンスももっと声を出す。ボールマンには「ボール!ボール!」とコール。残り2人は「右!」「左!」とコール。

声を出すことは決してむだではありません。特にゲーム前はモチベーションアップにもなります。

もちろん通常の練習にも使えますが、アップ用にオススメします。

ad




ad




-コーチング/COACHING
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.