Bリーグ/日本国内

Bリーグ第6節

更新日:



Bリーグは第6節まで終了。

east

東地区は注目の東京@千葉1戦目で前代未聞の退場劇。ただ終わってみればアウェイ
で2勝したアルバルク東京の強さが際立ちました。
同じくアウェイで2勝した栃木とともに、10勝2敗で完全に抜け出したと言えます。
3位以下はダンゴ状態。秋田はいくら栃木が相手とはいえ1勝はしたかった。

central

川崎が単独首位ですが、三遠と1勝1敗。1戦目、ドジャー抜きでのネオフェニックス
の戦いは賞賛ものです。2戦目にして、ようやく川崎にエンジンがかかりましたが、
前節の富山戦といいブレイブサンダースはピリッとしません。
渋谷が横浜にまさかの2連敗で、中地区は川崎、三遠の2強となりそう。
グラウジーズは厳しい。負け癖がついたかのような状況。

west

注目の首位攻防、三河@名古屋は1勝1敗。三河はスウィープして力を見せつけ
たかったはずですが、名古屋が抵抗。やはりドルフィンズの善戦が光ります。
京都@大阪、琉球@滋賀もまた1勝1敗。

2勝することの難しさは全チームに言えますが、ここが優勝を争えるか否かに
かかってくると感じます。

強いチームは2つ勝ちきってしまう。

B2はスウィープ続出。

茨城(vs山形)、広島(vs愛媛)、FE名古屋(vs東京Z)、青森(vs岩手)、
信州(vs奈良)、香川(vs鹿児島)に熊本(vs島根)。9カード中7つが
スウィープ。

東地区、群馬としては2勝したかった。

中地区、西宮は最下位東京EXに1戦目敗退。特に今の時期、負けてよいはずの
ゲームなどないのですが、FE名古屋に一歩後退。

西の注目、島根がホームでまさかの2連敗。熊本がやりました!

2east

2central

2west

ad




ad




-Bリーグ/日本国内
-, , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.