NCAA、高校/プレップ

ゴンザガとジョージワシントン<week10>-NCAAバスケットボールランキング

更新日:

NCAAカレッジバスケットボールランキング、最新版がリリースされました。
最新ランキング

注目のゴンザガはAPで5位のまま変わらず。コーチ投票のUSA TODAYでも一歩後退して5位。UCLAがてこずると予想されたカリフォルニア大学戦に快勝したため、4位に再浮上しました。

ゴンザガが敵地でのサンフランシスコ大学戦で95-80と大勝。
36点取ったチームリーダー、PGのNWGことナイジェル・ウィリアムス=ゴスはWCCカンファレンスの週間MVPに輝きました。

https://twitter.com/ZagMBB/status/817500842446073856

続いて、元NBA選手テリー・ポーターが率い、来季から帝京長岡のディアヴェイト・タヒロウが加入するポートランド大学ともアウェイで対戦予定でしたが、こちらは悪天候により順延。
ポートランド出身のNWGにとっては残念でした。

ゴンザガの次は、ホームに戻って現地1月12日にLAのロヨラメリーマウント大学戦。強化が進むLMUはここまで8勝7敗。ゴンザガの敵ではないですが、どうもZagsは相手に合わせがち。弱い相手にスタートからもたつくことが多いので、さっさと大差をつけての”八村タイム”を望みます。
とはいえ、少しでも手ごわいと感じられる相手には開始から全開でのぞむことも特徴。現地1月14日には、ついにWCCの宿敵セントメリーズカレッジ(SMC、APランキング21位)との対戦を迎えます。

ここまできたら全勝でシーズンを終えたい(!)ゴンザガは絶対に負けられない相手。全米注目の一戦です。

もはや感覚がおかしく(?)なっちゃってますが、この歴史的シーズンに日本人選手がいます。八村の、レッドシャツ回避は正解だったと言っていいでしょう。3月。NCAAトーナメント出場は決定的。どの地区に、どのシードでふられるかだけが気になるところです。




一方、渡邊雄太のジョージワシントン。
アトランティック10(A10)カンファレンス初戦を落として迎えたホームでのデビッドソンカレッジ戦。73-69と見事勝利したこのゲームで渡邊が攻守に大活躍。

特にディフェンスで、またも相手エースでプロ注目のスコアリングガード、180センチそこそこのジャック・ギブスをディフェンス。

続いてのホーム、リッチモンド大学戦でも渡邊は活躍しましたが、、、

これは痛い敗戦。これでジョージワシントンは9勝7敗。カンファレンスで3位以内を目指したいGWはもう負けられません。次戦はアウェイでバージニアコモンウェルス(VCU)。カンファレンス3勝0敗、通算13勝3敗でランキング入りが目前の難敵ですが、勝てば大きい。もちろん渡邊雄太の活躍は勝利に不可欠となります。

さてディフェンディングチャンピオン、ビラノバも遂に1敗。ただしアウェイでのバトラー大学戦は勝つことが非常に難しいとされており、この負けによりあまり評価は落としませんでした。→3位
これで無敗はゴンザガとベイラー大学。ベイラーは学校史上初のランキング1位を獲得しました。ただしBIG12というメジャーカンファレンスに属するベイラーも今後が厳しい。現地1月11日、アウェイで対戦するウェストバージニアはランキングを10位まで上げてきました。ここもベイラーの負けを予想。内容によってはゴンザガがランクを上げることになります。

このへんも面白いところですが、全ては3月、です。

ad




ad




-NCAA、高校/プレップ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.