NBA NCAA、高校/プレップ

TJ・リーフ-2017NBAドラフト指名候補選手

投稿日:

TJ・リーフ

6-10(208cm) 102kg フォワード UCLA1年生
比較対象:トム・ググリオッタ、アダム・キーフ、トレ・ライルス、カイル・ウィルジャ(のベターバージョン)
現時点でのスタッツ:16.3ppg、8.4rpg、2.5apg、1.2blockpergame、FG%630、FT%679、3P%462

同期入学のスターガード、ロンゾ・ボールが目立つUCLAですが、同じ1年生、TJ・リーフの活躍抜きに、今季のチームの躍進は語れません。得点、リバウンドともに堂々のチーム2位。サンディエゴ郊外の、お父さんがコーチをつとめるフットヒルズクリスチャン校の出身。

特徴・プレイスタイル

運動能力に欠けるけれども、白人ビッグマンらしく、基本に忠実であり、バスケットボールIQが高いという評価。ボールハンドリングもよく、シュートもうまい。アテンプトが少ないとはいえ、5割近いスリーポイントの確率を誇ります。ディフェンス、リバウンドも及第点。今季ほとんどのゲームで二桁得点をあげ、ダブルダブルも11回。
運動能力、走力で劣る分、よりタフなNBAでは厳しいとの指摘もあります。6-10ありますが、やや細い。
ロンゾ・ボールはじめ、7フッターのトーマス・ウェルシュらチームメイトに恵まれている面はありますね。

NBAドラフト指名順位予想

自身はもちろん、チームもNCAAトーナメントでよい成績を残せなければもう一年UCLAに残る可能性もありますが、基本、今年のドラフトエントリーと見て間違いないでしょう。スリーポイントが打てるようになりそうなので、そこまで評価も落ちない見込み。10位~15位までの指名が濃厚です。

ad




ad




-NBA, NCAA、高校/プレップ
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.