Bリーグ/日本国内

Bリーグの選手個人成績・スタッツ-リバウンド、アシスト、スティール、ブロック編<2017年2月20日>

更新日:



Bリーグのスタッツ

得点とシューティング編に続き、リバウンド、アシスト、スティール編です。以前書いたことがありますが、アメリカの名門大学などであまりスコアラーを賞賛しない傾向にあることは周知の事実です。選手間においても、得点よりもリバウンドやアシストの数を自慢しあうことの方が多いようです。シュートが重要なのは言うまでもありませんが、コーチをされている現場の方は納得される話ではないでしょうか。いずれも重要な数字。

リバウンドトップ20


サイズがものを言う数字ですので外国人の名前が並びます。現時点で、ライアン・ロシター(栃木)、ニック・ファジーカス(川崎)、ジョッシュ・ハレルソン(大阪)、ロバート・サクレ(渋谷)にサム・ウィラード(富山)5人の選手が、アベレージでいわゆるダブルダブル。
そんな中、何といっても竹内譲次でしょう!アルバルク東京の中心となる外国人選手が、アウトサイドのディアンテ・ギャレットであるというチーム事情はありますが、日本人ベストリバウンダー。チームメイトにリーグベストのライアン・ロシター、ジェフ・ギブスがいる兄・公輔が5.9rpgで日本人2位(帰化選手は除く)。
ファジーカスには何も言うことがありません(笑)

アシストトップ20


たしかにチームメイトには恵まれていますが、得点力を兼ね備える富樫勇樹は”現在の”日本人ベストガードでしょう。サイズこそ小さいですが、いま必要なガードとしての技術を全て身につけている選手と言えます。アジアレベル、世界レベルでどこまでやれるか、今後に注目です。脇役に徹している、三河の桜木ジェイアール、そして富山の宇都も非凡。宇都はもう少し得点を伸ばしてほしいとは思いますが、比江島や田中大貴以上にPGとしての資質を持つのではないでしょうか。189cmというサイズも魅力。
並里、五十嵐、そして田臥。ギャレットも含め、さすがに有名選手が名を連ねます。

スティールトップ20


渋谷の2人がトップ。アウトサイドプレイヤーが”稼げる”カテゴリーであるとはいえ、3位田中大貴、4位畠山も含め、得点などで上位にこない日本人選手が頑張っています。ビッグマン、ライアン・ロシターの数字も素晴らしい。
北海道の選手が4人トップ20入り。地味ながら、ここは評価されるべき数字でしょう。チーム平均得点とチームディフェンスリバウンド数で下位に沈むレバンガは、実は上位浮上の種を持っています。名古屋は船生、笹山に続き、中東も1.12本と上位にいます。コーチ・ゲアリーのの哲学浸透?
富山の田中は出場時間が短い中でこの数字。

ブロックトップ20


*バチンスキー、マンガーノはともに加入間もない数字です。*右端の"BSR"は被ブロック数。
ほぼサイズのある外国籍選手の独占カテゴリーですが、ここでも竹内譲次の22位が際立ちます。ここに載ってきていませんが兄・公輔も28位。張本天傑、谷口大智、そして太田敦也が日本人として続きます。
大阪・ハレルソンがはスリーポントが目立ちますが、インサイドで有数のディフェンダーであることを証明。この部門、ファジーカスの名前がないことにほっとしました(笑、29位)。

数字はしょせん数字。しかもベーシックスタッツ。
とはいえ、これらをながめていて見えてくることもあります。
やはり数字はわかりやすい。日本代表の選出に、どれだけ反映されているのかは知りたいところです。

得点とシューティング編

ad




ad




-Bリーグ/日本国内
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.