NBA NCAA、高校/プレップ 日本代表/FIBA

八村塁がNBAドラフト2018予想一巡目に再び掲載!!~U19 FIBAワールドカップで活躍

更新日:

 

八村塁が再びNBAドラフト指名候補に!!!

エジプトで行われているFIBA U19ワールドカップでの大活躍により、ゴンザガ大学の八村塁選手の名前が再び2018年NBAドラフト予想サイトに掲載されました!



NBAドラフトネット

八村選手を挟んで、上下にとんでもない名前が載っています(笑)*ゴンザガのチームメイト、キリエン・ティリは22位まで、やや後退。
この有力モックドラフトは八村選手に甘く(?)評価するようになっているのですが、、、今回の評価はひいき目なし!おそらくドラフトエクスプレスドラフトルームでも同様の評価となるでしょう。
→ドラフトエクスプレスとドラフトルームには掲載されませんでした。「NCAAでは実績がなさすぎる」ということなのでしょうか。。。

*後日、USA TODAYが買収した有力メディア、HOOPSHYPEに掲載。スモールフォワード部門で3位(全体14位)!比較対象はモーリス・ハークレス。本人はこういった予想は「どうでもいい」と一笑に付しますが(どのプロスペクトもそう言います。笑)、ファンとしては気になるところ。

あれからちょうど1年。見事な見事なカムバックです。この大舞台でこの活躍。やはり「八村塁は持っている」としか言いようがありません(笑)。

U19ワールドカップで大爆発!!!

宿敵・韓国戦でもド派手な活躍を見せました!

ひっきりなしにアップされる八村の動画は、いくら見ても飽きることがありません。

もちろん、まだまだわかりません。U19日本代表とゴンザガではチーム事情も異なります。ゴンザガではベンチからの6番目と予想する声も多いですし、学業など、いまだ不慣れな点も多いでしょう。

しかし、それにしても、、、

日本人選手が
アーリーエントリーで
NBAドラフト一巡目指名候補選手に
なるとは。。。

しかも、一年前とはまるで違う、より現実的な評価と言っていいでしょう。



U19ワールドカップはいよいよ大詰め

日本、大躍進!!

さて、このイベントも残すところあと1日。
開催国エジプトをも撃破した日本は、最終日で9位決定戦。vsプエルトリコです。
これもまた、大快挙!
八村の力に依るところは大きいものの、今回のU19日本代表のチームは間違いなく史上最高。個人的には西田優大のスリーポイント、重富周希の落ち着きぶり、そしてシーファーアヴィ幸樹のリバウンド、榎本新作(アイザイア・マーフィー)の果敢なドライブに惹かれました。
彼ら5人が同時にコートに立って戦う場面をもっともっと見たかった、とは思います。いずれにせよ、昨年のU18アジアの時とは別次元のチームになっていました。

榎本はBリーグレベルでなら十分通用する選手でしょう。すぐにでもNCAAディビジョン1でプレイするべき。

 

アメリカ敗退!決勝はカナダvsイタリア!!

ベストではないとはいえ、優勝候補でここまで全勝していた、ジョン・カリパリ率いるアメリカが準決勝でカナダに敗退。ベストメンバーを揃えられず、自身がコーチするケンタッキー大学のリクルーティングが有利になるようなチーム構成をしたカリパリは、非難を避けられないでしょう。
そして何より、八村以上に今大会で注目を一身に集めているスーパースター。17歳になったばかり、カナダのRJ・バーレットは噂されているとおり、1年繰り上げての来秋2018年のNCAA校進学、2019年NBAドラフト1位指名が”現段階では”濃厚です。

カナダの優勝はかたい。日本と同じグループCから、スペインも含めた3チームが4強進出。こうなると日本はイタリア戦での惜敗が悔やまれますが、あれも出来過ぎ。と言うより両国悪すぎ(笑)。

世界大会での9位or10位というのはおそらく、、、史上初の大快挙!!!

参考→バスケットボール日本代表の戦績

ad




ad




-NBA, NCAA、高校/プレップ, 日本代表/FIBA
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.