NBA

NBA2017-2018シーズン-活躍するルーキーは誰か-

更新日:

野球の「マネーボール」を大きなきっかけに、スポーツにおけるデータ分析というものはもはや欠かせなくなりました。

今回はある数学教授兼バスケットボールアナリスト(!、→日本でもこういう方が誕生しつつありますね)が独自に作り出した公式により、2017-2018シーズンのNBAにおいて活躍するルーキーは誰か、という予想を紹介します。
 

2017-2018NBAルーキーの活躍予想

NBA入りする前のNCAAキャリアスタッツから計算されるものだそうなので、カレッジ出身選手以外は残念ながら除外されています。
とにかくこれは難解。公式の詳細は省きます。とはいえ、はじき出された答えは当然難しくも何ともありません。右端、点数の高い選手の期待値が大きくなります↓



ご覧のとおり、1位はマリック・モンク(シャーロット・ホーネッツ、11位指名)。ジェイソン・テイタム、マーケル・フルツ、そしてロンゾ・ボールのトップスリー指名が続きます。

NCAAではとんでもないスコアリング能力を見せつけたものの、サマーリーグは怪我でプレイできなかったモンク。NBAではどうでしょうか??

そしてポートランド・トレイルブレイザーズが26位で指名したケイレブ・スワニガン。6-8と、パワーフォワードにしてはアンダーサイズと評価されるスワニガンもこちらの”数式”では高評価。

さらに、こちらもセンターとしてはサイズ不足と言われる、ユタ・ジャズの46位指名、トーマス・ブライアント(トレードでレイカーズへ)。

さらにさらに、ドラフト外でヒューストン・ロケッツが獲得したキャメロン・オリバー。*ニック・ファジーカスやジャベル・マギーらと同じ、ネダバ大学出身。6-8のフォワード

ちょっと注目しておこうと思います!
 

過去分も含めたNBAルーキー予想、と結果

さて、この数学教授の過去分も含めた予想はどうだったのでしょうか?
*黄色ハイライトは今年、2017年のルーキー。オレンジが、ドラフト指名順位の割に大きく活躍した選手。



この結果かすごいのかすごくないのか。ドレイモンド・グリーンなどの活躍は認めざるをえませんが、ちょっと微妙な感じもしますね。。。先日のユーロバスケットで大活躍したラウリ・マルカネンの評価がいまいち???

以上、原文はこちら
 

進化を続けるアナリストたち

それにしてもテクノロジーの進化、データ分析はどこまでバスケットボールのゲームを変えてしまうのでしょうか。
先日は、シェーファーアヴィ幸樹選手が進学したジョージアテックのアシスタントコーチ、エリック・レベノさんがこんなツイートをしていました。

シューティングの解析だそうですが、このホワイトボード、一体何を書いてあるのか。もうついていけません。。。

ad




ad




-NBA
-, , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.