Bリーグ/日本国内 日本代表/FIBA

で、日本バスケはどうすれば・・・<エンデバープロジェクト>

更新日:

 

これも変わっていない考えです↓

前に書いた通り、およそ30年前の月バス増刊号に載ったインタビューの中で、

韓国代表の元コーチ、方烈氏は「日本はアメリカナイズされており、悪く言えばものまね」とコメントしました。

これは中国やフィリピンもそうですね。

バスケット(ゴール)に一番近いところからショット(シュート)を打つのが一番確率がよい。

だから・・・というのが根本的な考え方。

中国は、高さだけならアメリカと対等以上になれます。

人口が13億と、アメリカの4倍ほどいるからか、2メートル30センチ・・・とかもたまに出てきます。*日本の人口は1億2千万ほど。

だから、スタイルはアメリカナイズでもいい、というのが基本的な考え方でしょう。

中国の目指すところは、日本におけるサッカー同様、世界の頂点。

そんな中国に対し、同じようにアメリカナイズされたバスケットボールで対抗すれば・・・

結果は見えています。これまでの結果が物語っています。

ではどうすれば・・・。

40分間フルコートで戦う

これ以外に答えがあるでしょうか。

エンデバープロジェクト

7ページに、

「ジャパン オリジナル バスケットボール」

日本人の特性である走力、敏捷性、スピードを最大限生かした平面的、

ハイペースかつ合理的なバスケットボール

とあります。

たしかに、、、

2011年アジア選手権では”そういう”一面は見て取れました。

が、2012年アジアカップでは桜木を入れて。。。

準優勝という結果は大きかったのですが(アジア選手権出場権獲得へ大きな前進)、

スタイルに一貫性は見られません。

2013年アジア選手権は惨敗の9位。

今夏のワールドカップ出場ははるか彼方。。。

「わかっているけど出来ねーんだよ!」

って感じでしょうね。

でもファンとしては、

「30年以上もオリンピックに出れねーんだったら大胆なことやってみろよ!」

と言いたくもなるんですよね。。。

色々あるんでしょうけど。

ad




ad




-Bリーグ/日本国内, 日本代表/FIBA
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.