NCAA、高校/プレップ

アメリカの高校(ハイスクール・プレップ)バスケットボール

更新日:



<後日追記>
別サイトは閉鎖致しました。内容はこちら(ASIA&JAPAN)へ移しております。

---ここまで

カテゴリーにはありませんが、情報の一部としてアメリカの高校(プレップ含む)バスケットボールも追いかけたいと思います。*今後はスラムダンク奨学金のサウスケントや、渡邊雄太選手が進んだセントトーマスモアのみならず、アメリカの高校に日本人選手が増えていくのではないかと感じます。

別サイトに、州ごとにまとめていくつもりです。
↓ ↓ ↓
××××××

調べていて思うのは、高校やプレップであっても入るのは難しいということですね。

つくづく、スラムダンク奨学金と言う制度のすごさ、渡邊雄太選手の才能の高さに感心します。

概ね日本と同じく、私立が強く、才能のある選手を全米から集めます。一方で公立の強豪校は、その立地地域が特殊な場合が多く、それは例えば運動能力の高い黒人選手が集まるようになっていたりします。

いずれの場合も、少なくともバスケットボールにおける才能が突出していないと入学は難しい。もちろん、時間をかけてバーシティ(代表)チームに入ることも不可能ではありませんけども。(マイケル・ジョーダンが高校時代にこのスクール代表チームに選ばれなかったことがあるのは有名ですね)

そして、僕が前のブログでやたら騒いでいた中国人選手
↓ ↓ ↓
Chris Tang

オークヒルアカデミーに編入後、何かあったようです。アジア系ということでチームや学校になじめなかったか・・・やはりレベルが段違いであったか・・・

なんと、、、

アフリカ大陸の北西沖、カナリア諸島のバスケットボールスクールに移っていました!
↓ ↓ ↓
CBAスクール

そしてこの秋(つまり渡邊雄太選手と同期)、ロサンゼルス東方にあるディビジョンⅠ、カリフォルニア大学リバーサイド校に進むようです。
↓ ↓ ↓
UCリバーサイド

CBAという学校の存在にも驚きましたが、いろいろ難しいんだなと考えさせられました。
間違いなく素晴らしい選手だと思うので、今後も追いかけていきたいと思います。



ad




ad




-NCAA、高校/プレップ
-, , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.