NBA

渡邊雄太の可能性は?-NBAドラフト2018-1.5

更新日:

NBAドラフト2018モックドラフト-アップデート

あらためて、NBAドラフトに向けた日程↓




*NBAドラフトネットがファイナルフォーなどのパフォーマンス込みで、つい先日アップデート。
*→ドラフトルーム、→フープスハイプ
NBAのレギュラーシーズン終了を受け、ロッタリー、指名順位の予想、オッズも活発になってきました。→tankathon

NCAA優勝の、ビラノバの面々が一巡目に入ってきました。渡邊雄太選手のプレップでのチームメイト、エリック・パスカルも含め、4月23日がアーリーエントリーの締切。まだまだ動きがありそうです。




 

NEXTカイル・クズマ候補

メルビン・フレイジャー(テュレーン大学3年生、6-6、90.7kg)

ドラフトネットは二巡目にさえいれていませんが、相当な運動能力。今季15.9ppg、5.6rpg、2.9apg。ターンオーバーが多いのが気になるところ。
*ニューオーリンズの名門、テュレーンのヘッドコーチはNBAでもお馴染み、マイク・ダンリービー。




 

渡邊雄太の可能性は?

カレッジ最終戦で痛めた足の怪我が癒えないまでも、ポーツマスにはいるようです。→本人ツイート

ポーツマスインビテーショナルは8人で構成されるチームが8つ。がんがんゲームを行い、プレイングタイムは20分、30分が当たり前なので相当ハード。不参加は正しい判断と言えるかもしれません。

もしも渡邊選手がポーツマスインビテーショナル(PIT)に出れていれば・・・
マッチアップが楽しみだった選手がゴンザガの4年生、ジョナサン・ウィリアムズ3世。
同じ左利きというだけ?ではありますが、実はJWⅢもアウトサイドでプレイできる選手ではないでしょうか。プルゼメク・カナウスキやザック・コリンズなど、インサイドが充実していた昨季のゴンザガでは試投こそ40本でしたが成功率4割のスリーポイント。ミズーリ大学での2年生シーズンでは64本のアテンプトがありました。今季、インサイドが手薄となったゴンザガでは8/35で成功率229。ややチーム事情に振り回された感は否めず、気の毒に感じてしまいますが、ポストアップからのフックショットなど、黙々とインサイドに徹した彼にはリスペクトしかありません。
昨年、そしてシーズン中は二巡目に載せていましたが、ドラフトネットはウィリアムズの名前を消してしまっています。
ポーツマスはじめとした、NBAドラフトまでのイベントで3ポイントなどをアピールし、何とかサバイバルしてほしい。

こちら、正しい評価だと思います。

静かなリーダー、ジョナサン・ウィリアムズは、アンドリュー・ウィギンズやジャバリ・パーカー、ジュリアス・ランドルにジョエル・エンビードらと同期の、Class of 2013(ESPN)の選手(55位評価)。*78位にジョーダン・ベル、92位にジョッシュ・ハート。本当にわからないものです。。。




渡邊雄太vsジョナサン・ウィリアムズ3世vsキリエン・ティリvs八村塁<比較!誰が一番スゴイ?>

さて、独断によるネタ(?)です(笑)
渡邊選手vsゴンザガの3人。


*今季のスタッツはESPNから。一番下"Durability"は「耐久性(スタミナ)」。ティリも八村に続いてゴンザガ残留を表明済み。

いかがでしょうか?
八村選手に厳しめかもしれませんが、もしも”ポテンシャル”という項目があれば、最高得点は彼かもしれません。

渡邊雄太、ジョナサン・ウィリアムズとも、二巡目指名の可能性が全くないわけではないでしょう。おそらく現在はギリギリの評価。シューティングの向上は必須ですね。

まずはPIT、そして各選手のアーリーエントリーの表明・撤回を待ちたいと思います。
PITの観戦はこちら→netcastsports

ad




ad




-NBA
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.