Bリーグ/日本国内

Bリーグの選手個人成績・スタッツ-Bリーグの選手個人成績・スタッツ-リバウンド、アシスト、スティール、ブロック編-20172018レギュラーシーズン終了

投稿日:

Bリーグの個人成績、スタッツ。得点とシューティング編に続き、今回はリバウンド、アシスト、スティール、そしてブロックです。

チーム成績・スタッツ編




 

リバウンドトップ40



*既に退団している選手も含めています。出場ゲーム数も考慮しておりません。

2年連続の得点王を逃したファジーカスがリバウンド王獲得。昨季に続いてリーグ1位となったディフェンスリバウンドのトータルでは、2位のディオール・フィッシャーに100本ほどの差をつけての奪取でした。
オフェンスリバウンドは昨季に続いてアイザック・バッツがトップ。
昨季13.3rpgでリーディングリバウンダーのライアン・ロシターは4位でした(10.2rpg)。

日本人トップは6.8rpgで竹内公輔。昨季日本人1位は弟・譲次(8.5rpg)。チーム事情などは絡んできた結果ですが、竹内兄弟のリーグにおける存在感はまだまだ健在。

 

アシストトップ40


宇都が2年連続でアシスト王。昨季に続いて並里と争いました。圧巻です(昨季4.25→7.7apg。カウント方法が変わった?)。

右端は、これもシーズン通して追いかけたアシストとターンオーバーの比率(2apg以上の選手)。
1位は橋本竜馬の4.52、2位が長谷川技の4.28。以下、田中大貴、田臥勇太、西村文男、松島良豪、そして桜井ジェイアールと続きます。

 

スティールトップ40



*これも出場ゲーム数は考慮しておりません。

シーズン途中から北海道に入ったディジョン・トンプソンが1位。
千葉のパーカーは必ずこのカテゴリーで上位にきます(昨季は1.67で3位タイ)。
昨季平均2.0で1位の広瀬健太は1.3で後退。プレイオフを逃した渋谷は、自慢のディフェンスがやや鳴りを潜めた印象。

 

ブロックトップ20+

横浜は今季も低迷したとはいえ、サビートは魅せてくれました。昨季ブロック王、ジョッシュ・ハレルソンは平均1.92でしたから、2.29はやはりすごい数字。
2位ディオール・フィッシャーも「長い」選手でした。

日本人トップは再び竹内公輔。

ad




ad




-Bリーグ/日本国内
-, , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.