日本代表/FIBA

日本代表、歴史的1勝!vsオーストラリア代表-FIBAワールドカップ2019アジア予選ウィンドウ3

更新日:

オーストラリアを撃破!

前回の投稿が全く意味のないものになってしまいました。ただし、良い意味で。

正直な話、オーストラリアには勝てないと思ってしまってました。

いろいろ失礼いたしました。

(おそらく初めての)バスケットボール男子日本代表、オーストラリアに勝利です!!!

マシュー・デラベドバとソン・メイカーのNBAコンビ、そしてリーディングスコアラーであったベテラン、ダニエル・キッカートはじめ、明らかにオーストラリアのコンディションはベストとは程遠いものでしたが、それにしても。
*フィリピン戦で大乱闘のきっかけとなったエルボーをお見舞いしたキッカートは、日本戦敗北のフラストレーションを抱えていたのではないでしょうか。
 
ニック・ファジーカスと八村塁がここまで日本代表を変えてしまうとは。

そして、スコアリングの負担が大きく軽減された比江島慎がここまでPGとして機能するとは。

渡邊雄太も含めたこの4人は、間違いなく日本代表の”ビッグ4”。

もちろん、竹内譲次、馬場雄大、そして篠山竜青の活躍も見事でした。

参考記事①
参考記事②

 

FIBAランキング更新

ウィンドウ3の結果を反映したFIBAランキング。ですが、相変わらず8年分(!)考慮と、FIFA同様あてにならないランキング。
全大陸で最大と言えるアップセットをやってのけた日本は、”1つ下げて”49位。。。
最新ランキング

 

ワールドカップ2次予選

日本が所属した、1次予選グループBの最終結果*3位日本までが2次予選進出↓

2次予選のグループ↓
*1次予選の成績を持ち越し、同グループ国とはゲームなし。
*3位までが2019ワールドカップ進出。4位ならグループE4位とワイルドカード争い。ただしWC開催国中国は除く。

2次予選の日本戦日程↓

 
グループ5位からスタートする日本が勝ち抜くことが難しいのは言うまでもありません。
カザフスタンあたりはFIBAランキングで格下であり、知名度もありませんが、国内トップチームであるBCアスタナがハイレベルな国際リーグであるVTBに参加するなどレベルは高い。油断はできません。とはいえ、カタール同様、ファジーカスがいれば何とかなってしまうのでは?とも思えます。
やはり、最大の敵はイランでしょう!
また展望を書いてみたいと思いますが、もう少しオーストラリア戦勝利の余韻に浸っていたいと思います。

それほどに歴史的な、大きな勝利でした。

 
<追記>
以前の投稿で、バスケットボールの代表戦をサッカーワールドカップなみに盛り上げることは難しいと書きました。今も難しいと思っていることに変わりはありませんが、今回のウィンドウ3、そしてサッカーのロシアワールドカップなどを見ていると、羨ましいと思う感情は間違いなくあります。
現状の”パワーバランス”はNBA>>FIBAですが、本来は逆となるのが正しい形でしょう。アメリカがバスケットボールの中心であることは変わらないとしても、より”外向き”に、そしてFIBAはとにかく”上手に”やってほしい。それだけです。
*FIBAという組織には、個人的によく思えない過去があるのです(笑)

→FIBA事務総長でIOCメンバーでもある、パトリック・バウマン氏の記事
→前NBAコミッショナー、デイビッド・スターン氏の記事

ad




ad




-日本代表/FIBA
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.