NCAA、高校/プレップ

NCAAバスケットボール2018-2019シーズン開幕!

投稿日:

プレシーズンランキングと2018-2019シーズン展望

プレシーズンのAP通信ランキング*毎週月曜日(現地時間)更新↓

*チーム名の横、カッコ内の数字は1位票。ゴンザガの1つは少ない(怒)

APやESPN/USA TODAYは353校フルランキングを出さないのでこちらも再度↓

すでにシーズンは開幕しております。都度更新される、お馴染みのケンポンランキングはこちら

注目の開幕戦、デューク対ケンタッキーは118-84でデュークが圧勝。ケンタッキーはAPランクでも10位前後に転落するでしょう。
その他上位は変わらず、ミシガンステイトをやぶったカンザスが1位キープ。2位デューク、3位ゴンザガ、4位バージニアと続きそう(投稿時点)。
アップセットも”当然”頻発しており、13位ウェストバージニアがバッファローにOTの末敗戦。WVがホーム開幕戦を落としたのは1989年以来、29年ぶりとか。
同じく現地9日。25位ワシントン@11位オーバーンは88-66でオーバーンが予想外ともいえる大勝。デュークやゴンザガも参加する、今月のビッグイベント、マウイインビテーショナルで秘かにタイトルを狙います。

まずはカンザスがいつまで「もつか」注目。それなりの難敵相手が続きますが、現地12月16日にホームに迎えるビラノバ戦は特に注目。

今季も”ローラーコースター”な展開は必至です。

 

NCAAバスケットボールにおける日本人選手、日本縁の選手

八村塁・ゴンザガ大学

文句なしです。完璧な成長。「3年生に戻ってきた」のは間違いなく英断でしょう。
盟友キリエン・ティリが怪我で出遅れることとなった今、日本代表としてオーストラリアやイランをやぶった時と同じように、リーダーシップを執ろうとする決意が見て取れます。


 

4年生PGジョッシュ・パーキンス、スーパースコアラーのザック・ノーベルら、バランスが取れすぎている「プログラム史上最強」チームですが、今季のゴンザガは間違いなく八村塁のもの(良い意味です)。

日本人が・・・信じられない。

いつもどおり、ハードなノンカンファレンススケジュールですが、、、まずはマウイインビテーショナル。決勝まで進んでデュークと戦うことになれば、全世界の注目を集めそう。2019NBAドラフトで1-2-3指名の噂さえある1年生トリオ、RJ・バーレット、ザイオン・ウィリアムソン、そしてキャメロン・レディッシュらと対等以上に戦えるか。

 

シェーファーアヴィ幸樹・ジョージアテック

対照的に、やや苦戦気味なのがシェーファー。チームは開幕戦快勝もDNP。
日本人選手所属校の中で唯一のハイメジャー、GTで存在感を示すのは簡単ではありませんが、6-8で106kgというサイズは貴重。彼のリバウンドは必ず重宝されるはず。

ランク校がひしめく、ACCカンファレンスの戦いは言うまでもなくハードですが、ノンカンファレンスのヤマは次戦いきなりやってきます。日本時間11月15日、アウェイでvsテネシー。これにもし勝てば・・・

テックの新ユニフォームはアディダス

 

渡辺飛勇(ヒューホグランド)とタヒロウディアバテ・ポートランド大学

ホーム開幕戦、NAIA校のマルトノマ相手に大苦戦。2戦目、渡辺飛勇の凱旋となったレインボウクラシック、vsハワイは64-82であっさり敗退。タヒロウ含めた強力リクルーティングの成果を試すシーズンであるはずですが、いまいち覇気みたいなものが感じられません。同カンファレンスにゴンザガなどが存在する以上、NCAAトーナメント出場が厳しい状況であることは間違いありませんが、今季は期待できるはず。

ポートランドもユニフォーム新調

 

テーブス海・ノースカロライナ大学ウィルミントン校

大きなサプライズ。

エキシビジョンでのvsランク校(AP22位)・クレムゾンで見事な活躍を見せたテーブスは1年生にして開幕戦スターター!これはおそらく日本人選手初の快挙。完全に過小評価であったことを証明しており、今後が楽しみ。ウィルミントンの地元記者が絶賛しています。

日本代表としてジョーンズカップを戦ったり、”ハリケーンフローレンス”の影響で、チーム練習の時間が限られてしまいながら、そのハリケーンのチャリティゲームとして急遽組まれた、近所のクレムゾン戦でこの活躍↓


 

これに好印象を持ったUNCWヘッドコーチ、CB・マグラスがスタート起用。公式戦2つは落としたものの、テーブスはどうやらスターター定着のようです。

これも正直、信じられない(笑)。

関連記事

頼もしい言葉↓


 

ややハードに組んだスケジュール。チームが連敗スタートなのがツライところ。ノンカンファレンス最大の敵は、日本時間12月7日に激突するノースカロライナ(アウェイ)。

 

弓波英人・ジョージアサザン大学

シェーファー同様にウォークオンである弓波もプレイングタイム獲得は簡単ではありませんが、チームが強い。開幕戦、vsカーバーカレッジ相手に大勝したゲームで終盤出場。いきなり得点。

感動しました→ノースカロライナ州の出身高校によるツイート

NCAAトーナメント出場が期待されるジョージアサザンはノンカンファレンススケジュールがかなりハード。ハイライトは日本時間11月30日、アウェイでのアリゾナ戦です。ただし、今季はランキングから漏れているアリゾナ(投稿時点でケンポン68位)撃破は可能性十分。

 

NCAAバスケットボールの視聴について

相変わらず、注目カードほど日本でのライブ中継視聴が期待できないNCAAバスケットボール。

有料ではありますが、今季は特にESPNプレイヤーに加入しての視聴をおすすめします。*加入は自己責任で

こちらのSTADIUMにも期待はしているのですが。。。

渡邊雄太が奮闘中の、NBAがものすごい世界であることは重々承知しておりますが・・・日本のマスメディアにはNCAAディビジョン1でプレイすることも、どれほどすごいことかを伝えてほしい。「名門」だとか「強豪」だとかの表現だけでは物足りなく感じます。
願わくはゲーム中継も!
お願いです。

ad




ad




-NCAA、高校/プレップ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.