*

Bリーグの選手個人成績・スタッツ-Bリーグの選手個人成績・スタッツ-リバウンド、アシスト、スティール、ブロック編-レギュラーシーズン終了



Bリーグの個人成績、スタッツ。得点とシューティング編に続き、今回はリバウンド、アシスト、スティール、そしてブロックです。

チーム成績・スタッツ編

リバウンドトップ20


*規定出場試合数などを考慮していませんので、公式とランキングが異なります。
1位は栃木のライアン・ロシター。川崎・ファジーカス、大阪のジョシュ・ハレルソン、三河のアイザック・バッツと続きます。オフェンスリバウンドの総数だけを見れば1位はバッツ。2位ロシターを50本ほど上回ります。栃木はオフェンスリバウンド数がリーグナンバーワン。ジェフ・ギブスと竹内公輔もトップ20に入ってきます。一方ディフェンスリバウンド1位はファジーカス。これも2位ロシターを70本ほど上回ります。ファジーカスはたしかに大きい選手ですが、ディフェンスリバウンドを取ってアウトレットパスを出すのはもちろん、自分でドリブルを突いて押してくる。ファジーカスに”あれ”をやられるのは、相手にとっては脅威でしかありません。
ともあれ、オフェンス、ディフェンスともよく跳びこんだロシターの受賞は見事。
三河は金丸、比江島らが落としたシュートに巨漢・バッツが飛び込んでくるのがまた、相手にとって悪夢です。。。体重133kgの彼とはなかなか日本人では競えない。
が、その日本人・竹内譲次がOR11位、DR10位、トータル8.45rpgで堂々の15位。ギャレットはもちろん、ジェフ・エアーズ、そしてトロイ・ギレンウォーターをも差し置いて、東京のリーディングリバウンダーは彼でした。プレイオフ出場チームの中では決してリバウンド数が多くない東京の命運を握るのは、あるいは譲次かもしれません。

アシストトップ20


*これもあくまで1試合平均です。
宇都の受賞は面白い。2月の時点では富樫、桜木に次ぐ3位でしたが逆転(得点は9.5ppgで、帰化選手を除いた日本人選手の中で22位)。190センチの彼は完全にアシストに味をしめた印象です。日本代表のPGにと期待してしまいますが、体重が80kgと細い。NBAにも同じようなサイズの選手がわずかながら存在しますが(例えばサンアントニオスパーズのルーキー、ディジョンテ・マーリー。マーリーは身長196センチながら体重わずか80kgほど)、彼らはハンドリングとクイックネス、跳躍力などでそれを補う。身長190ほどの本格的なPGの出現は日本で期待されるところですが、、、目指してほしいと思います。
2位は滋賀の並里。シーズン途中加入の彼は、公式では名前が載ってきていませんが、やはりタダモノではありません。以下、完全に黒子に徹している大ベテラン、桜木など、納得の名前が並びます。
そして、もう一つ大事にしたい数字がアシストとターンオーバーの比率。個人成績では、良いガードの証としてよく用いられるものですが、この1位は3.69で栃木・田臥。見事です(過小評価してました、すみません。)。栃木はチームとしての同比率がリーグ1位。支えているのは田臥。何だかんだ言いながら、あのサイズ、あの年齢でこの結果。黙るしかありません。2位は三遠・鈴木で3.37。この2人が目立ちます。
注目の富樫はこの数字が1.80。自ら得点を取りに行く彼のスタイルだと仕方ない面もありますが、ターンオーバーの合計数がリーグで5番目に多い(ガードでは最も多い132個)という結果は大きな課題と言えます。北海道の面々も、これだけ上位に顔を出しながら、特に桜井と多嶋はターンオーバーが多い。もったいない。

スティールトップ20


1位は渋谷の広瀬。平均失点がリーグで2番目に少ないディフェンシブなチーム・渋谷を、3位ベンドラメ、12位アイラ・ブラウンとともに支えます。京都のマーカス・ダブが2位。そして、オフェンシブな千葉にあって4位に入ったマイケル・パーカーの数字は見逃せません。彼の活躍はプレイオフでもカギを握りそう。

ブロックトップ20


*バチンスキーは2球団通しで1.28。順位は変わりません。
さすがに外国籍選手の名前が連なります。スリーポイントが目立った大阪・ハレルソンですが、ディフェンスでも奮闘。際立った大きさではありませんが、攻守でチームを支えました。プレイオフ出場チームがゼロに終わった関西球団を牽引する存在になってほしい。2位のマイケル・パーカーはここでも見事ランクイン。彼こそ、決して大きくはない選手。ここだけの話(笑)、”扱いにくい”選手との噂がありますが、千葉の躍進はパーカー抜きに語れません。オールジャパンに続く2冠達成に貢献できるか。
帰化選手も除いた日本人選手1位は、ここでも竹内譲次(21位)。得点でも9.1ppgと奮闘している彼は、兄・公輔ともども、まだまだ日本代表に欠かせぬ存在。東京五輪で活躍できるよう、自身を磨いてほしいと思います。

得点とシューティング編

ad




関連記事

日本の高校バスケットボール-東海・北信越

*随時更新するつもりです。 長野県 東海大三が最強。松商学園あたりがつづく。全国レベルでの上位進

記事を読む

日本の高校バスケットボール-九州・沖縄

*随時更新するつもりです。 福岡県 2014年夏。インターハイを制したのは福岡大大濠。福岡のみな

記事を読む

アジア選手権2015、マイケル・ジョーダンの来日。

今日もTwitterベースで(さぼります。。。)。 10月1日(水)より準々決勝。 日本

記事を読む

Bリーグのチーム成績・スタッツ-20162017レギュラーシーズン終了–プレーオフ展望も-

Bリーグ2016-2017、レギュラーシーズンが終了しました。息つく間もなくプレーオ

記事を読む

日本の、日本代表のバスケットボールを振り返る-①日本バスケットボールの歴史

日本の、日本代表のバスケットボールについて、その環境や選手はどのように変わってきたのでしょうか。

記事を読む

日本人NBA選手への道2

前回書いた、「現状における」日本人NBA選手への道。 遅くとも中学卒業までに渡米。 高校

記事を読む

Bリーグの選手個人成績・スタッツ-リバウンド、アシスト、スティール、ブロック編<2017年2月20日>

Bリーグのスタッツ 得点とシューティング編に続き、リバウンド、アシスト、スティール

記事を読む

Bリーグ2017-2018-第5節・第6節を終えて+NBA

B1・第6節までの順位 大きな変動はなし。 A東京と三河が抜け出しています。

記事を読む

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B1

↓2016-2017-Bリーグ初年度の外国人について 2016-2017東地区の外

記事を読む

榎本新作(アイザイア・マーフィー)と、日米バスケットボール

*U19ワールドカップの展望(6月30日更新) 日本代表も出場する注目の世界大会、FIBA U

記事を読む

ad




ad




Bリーグ2017-2018-第11節を終えて

B1・第11節までの順位 8日金曜日の夜、NHK

渡邉雄太と八村塁の可能性は?-NBAドラフト2018-1.0

昨年は11月にNBAドラフト関連投稿を書いていましたが、1か月ほど遅れ

1位デューク、2位カンザスが敗戦-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week5>

NCAAバスケットボール最新ランキング *最新ランキング(E

ジョージワシントン、ゴンザガともに連勝!-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week4>

NCAAバスケットボール最新ランキング *ESPN TOP

シクサーズのスタッツチームはNEXT LEVELへ-NBAスタッツの未来

今回も記事要約(かなり意訳)です。 ますます「深く」なる、データ、ス

→もっと見る

PAGE TOP ↑