*

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン⑤5位~1位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング

*ランキングは7月時点。転校生の加入などでアップデートされるはずですので、更新するつもりです。

 

5位 LOUISIVILLE ルイビル大学カージナルズ(ACC)

ルイビルはまずこのニュース。この違反により、ヘッドコーチ、リック・ピティーノは2017-2018シーズン開幕5ゲームの出場停止を科せられました。またNCAAにより、2013年NCAA優勝記録の抹消も検討されている、と。
この程度で済んで良かったと言うべきか。。。

昨季のリーディングスコアラー、ドノバン・ミッチェルは抜けますが、彼に続く数字を残した選手の多くがバック。牽引役は、4年生となるガードのクエンティン・スナイダー(12.4ppg、4.1apg)と、ソン・メイカー同様、南スーダンからオーストラリアを経由してやってきた3年生6-7、デン・アデル(6-7、12.1ppg、4.5rpg)。
NCAAからペナルティを科せられる原因となったリクルートですが、5つ星を2名獲得。ブライアン・ボウエン(6-7)、マリック・ウィリアムス(6-11)ともに注目の選手。
スキャンダルは残念ですが、十分優勝が狙えます。
5つ星のブライアン・ボウエン。ケンタッキーの陰に隠れていますが、ピティーノもけっこう獲ってます↓

 

4位 WHICHITA STATE ウィチタステイト大学ショッカーズ(AMERICAN)

ロン・ベイカーら主力が抜けた昨シーズン前はランク外。が、終わってみればベスト32。31勝5敗。ケンタッキー相手に3点差と善戦しての幕でした。そのチームからほぼ全員が戻る来季はこの順位!同時に、カンファレンスをミズーリバレーからアメリカンアスレティックに「上げて」加入。11.5ppg、5.7rpgのマーキス・マクダフィ(6-8、3年生)がリーディングスコアラーでリバウンダーであり、飛び抜けた選手はいないながらも、10人以上の選手を使いながらの好成績は、さすがに名将グレッグ・マーシャル。
ハイメジャーへの誘いを断り続けるマーシャルは、ウィチタでのNCAA優勝を狙います。
遠征してくる選手が嫌がり、そして褒め称えるホーム、コックアリーナの雰囲気は熱狂的。

 

3位 MICHIGAN STATE ミシガンステイト大学スパルタンズ(BIGTEN)

昨季はやや期待外れのシーズンだったミシガンステイト。オフの驚きのニュースは、NBAドラフト一巡目指名が確実視されていたリーディングスコアラー兼リバウンダー、マイルス・ブリッジス(6-6、2年生、16.9ppg、8.3rpg)のバック。ブリッジスの同期、ニック・ワード(6-8、13.9ppg、6.5rpg)などの主力も戻り、高校オールアメリカのジャレン・ジャクソン(6-11)に加えてゼイビア・ティルマン(6-9)という有望新人が加入。PGはやはりブリッジスの同期であるカシアス・ウィンストン(6-0、6.7ppg、5.2apg)。
上2校との違いは「若い」といくことのみ。文句なしのモンスタータレント、NBA行きが間違いないブリッジスがもう一皮むければ、2000年以来の優勝も狙えます。
ブリッジスは「派手」。プロ間違いなし↓





 

2位 KANSAS カンザス大学ジェイホークス(BIG12)

カンザスも20.9ppg取ったフランク・メイソンはじめ、多くの主力が抜けましたが、デボンテ・グラハム(6-2、13.4ppg)やウクライナ人6-8、スバイアトスラフ・ミカリアック(6-8、9.8ppg)の4年生コンビがバック。ここに、非常に評価が高かったにもかかわらず、昨季は手首の怪我に泣いたナイジェリア人7フッター、ウドカ・アズブーキ(127kg!)、2014年のU17世界選手権で八村塁率いる日本をコテンパンにしたUSAのエース、マリック・ニューマン(6-3、2年生、ミシシッピステイトから転入)に、名門オークヒルアカデミーから6-10のオールアメリカ、ビリー・プレストンが加入。さらに4つ星の新人2人に、公立の名門ウィリアム&メアリからグラデュエートトランスファーのジャック・ウィットマン(6-9)も獲得。
バランスが取れ過ぎです。。。ウィングに昨季のジュッシュ・ジャクソンのような選手はいませんが、補って余りある戦力。
有数のエリートプログラム。

ミカリアックはU20ユーロ選手権でウクライナ代表として暴れています。
 
2017-2018スケジュール
8月はイタリア遠征。新シーズン、まず注目はユナイテッドセンターでのケンタッキー戦。そして12月に入ればマイアミでvsシラキュース(殿堂関連のイベント)、カンザスシティでvsワシントン、ホームでvsアリゾナステイト。続けて、かつてのライバル、ネブラスカとアウェイで戦い、サクラメントのゴールデン1センターでvsスタンフォード。BIG12/SECチャレンジはvsテキサスA&Mとハード。

 

1位 ARIZONA アリゾナ大学ワイルドキャッツ(PAC12)

1位はアリゾナ。アリゾナも昨季は怪我に泣かされましたが、最終的にはベスト16。15.6ppg、7.2rpgで、得点2位、リーディングリバウンダーのフィンランド人、ラウリ・マルカネンとコビ・シモンズなど主力がが抜けましたが、17.2ppgの6-5スウィングマン、アロンゾ・トリア(3年生)がバック。さらに、同じく6-5のラウル・アルキンス(10.9ppg、2年生)とセルビア人7フッター、ドゥザン・リスティック(10.9ppg、4年生)も戻ります。
ここに、スーパーフレッシュマンの7フッター、ディアンドレ・エイトンのみならず、ユタ州のワサッチアカデミーから6-8のエマニュエル・エイコットが加入。経験、タレントとバランスの取れた布陣は文句なしで1位。
地元アリゾナでのファイナルフォーは逃しましたが、2018年(ファイナルフォーサイトはサンアントニオのアラモドーム)は狙います。トリアはもちろんですが、注目はやはりエイトンでしょう。
前に支配的と書きましたが、シューティングも◎。KGみたいな感じですね。

 
2017-2018スケジュール
アリゾナが参加するのはバハマでのバトル4アトランティスというイベント。12月はatUNLV、フェニックスでvsテキサスA&M、ホームでアラバマ、コネティカットと、やはりハードに組んでいます。

 

駆け足で書きましたので、随時書き足すつもりです。
何より、マービン・バグリー。彼の動向がランキングに大きな影響を与えます。
候補の一つ、アリゾナに入れば破壊的な強さ。USCなら面白い。デューク入りは無いかと思いますが、コーチKの勧誘をバグリーがどう感じるか。最初の公式キャンパス訪問、現地20日にデュークとのことです。
相変わらず、こんな画像作っちゃってますね↓
https://twitter.com/BlueDevils/status/886650965629296642

ランキング自体はほぼ同意です。9位USCまでの力がやや抜けている感じですが、11位マイアミ(フロリダ)が侮れないのと、ノースウェスタン、もちろんゴンザガに注目です。
渡邊雄太のジョージワシントンも何とか・・・

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン①26位~21位+
NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン②20位~16位
NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン③15位~11位
NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン④10位~6位

ad

関連記事

ゴンザガ大学バスケットボールを振り返る。

ゴンザガのファンサイトのようになってきておりますが、、、ゴンザガのファンです。 振り返れば19

記事を読む

渡邊雄太~Yuta Watanabe in USA~【次の進路決定!?】

尽誠学園からコネティカット州のプレップスクール(日本の予備校とはちょっとちがうけど)、セントトーマス

記事を読む

アーミー(陸軍)、ネイビー(海軍)、エアフォース(空軍)-ミリタリースクール新着情報-

カワイ・レナード効果(?)で反響の多いサンディエゴステイト大学同様、 多くお問い合わせをいただ

記事を読む

コーチKとデューク大学バスケットボールを振り返る。

現在の、世界一のバスケットボールコーチと言えば誰でしょうか。 コーチKこと、デューク大学ヘッドコー

記事を読む

オクラホマ大学(University of Oklahoma)スーナーズ【カレッジ紹介38】

公立 ロケーション:オクラホマ州ノーマン ニックネーム:スーナーズ(Sooners)*州

記事を読む

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン②20位~16位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ランキングは7月時点。転校生の加入

記事を読む

八村塁のゴンザガと渡邊雄太のジョージワシントン、それぞれの「3月」は?<week18>NCAAカレッジバスケットボールランキング

NCAAカレッジバスケットボール最新ランキング 第18週となりました。最新ランキングです。

記事を読む

アイビーリーグ(Ivy League)【カレッジ紹介43】

2016年NCAAトーナメントはファイナルフォーが出そろいました! ノースカロライナ大学

記事を読む

八村塁とは、いかに”もっている”選手であるか

八村塁 ゴンザガ大学に入学するや、チームは連勝、ランキング1位キープ。日本人男子選手初のNCAAト

記事を読む

ナイキのテキサス大学カラー【Nike Texas PE】

好きなチームです。 デュラント、オルドリッジと、オールスターを輩出しています。マニアックにいく

記事を読む

ad

ad

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン⑤5位~1位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ラン

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン④10位~6位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ラン

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン③15位~11位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ラン

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン②20位~16位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ラン

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン①26位~21位+

恒例の、NCAAカレッジバスケットボール予想。今年は5回に分けて投稿し

→もっと見る

PAGE TOP ↑