*

タヒロウ・ディアベイト(帝京長岡高校出身)とポートランド大学

全米注目?タヒロウ・ディアベイト

複数のアメリカ人コーチとテキストメッセージのやり取りをしています。彼らの関心はNBAドラフト候補と言っていい、ジョージワシントン大学の渡邊雄太とU19ワールドカップで大暴れしたゴンザガ大学の八村塁、そして帝京長岡高校でプレイした、ポートランド大学1年生のタヒロウ・ディアベイトにあります。
4年生となる渡邊、ゴンザガの八村への興味はわかりますが、、、タヒロウへの注目度が、こちらがびっくりするほど高い。「彼は日本で生まれ育ったのか?」「シングルゲームで101点取ったのは本当か?」「テリー・ポーターに見初められたのか?」・・・
なぜ知っているのか、こちらが逆に質問することもしばしばです(笑)。

タヒロウへの注目度は高い。彼もまた、NBA候補。今季、ブレイクする可能性がありますね。

 

ポートランド大学のリクルート

昨季WCCカンファレンス最下位に終わったポートランド大学は、リクルーティングに精を出しました。結果、HoopScoopという老舗のリクルーティング関連メディアによると、ポートランド大学のリクルートは全米10位!*コンテンツのほとんどが有料であるHoopScoopはマニアックかつプロフェッショナル。多くのNCAAリクルーターも、その情報を重宝していると言われます。
通常、ハイメジャー校が上位を占めるこのランキングで10位と言うのは大変な高評価。Top40の学校で、ハイメジャー以外は5つ星ミッチェル・ロビンソンの騒動で話題のウェスタンケンタッキーとポートランド大学のみというのです。そしてその中心にいるのがタヒロウ。*記事にある通り、ハイメジャー・ピッツバーグ大学からの転校生、クリスハーン・クラーク(PG、今季レッドシャツ)は含まずの評価です。

↓左の数字がプレイヤーランキング。1位-5位の選手が10点、6位-10位の選手が9点・・・というカウントです。

↓タヒロウはチーム1位の6点!全米で41位-70位の選手であると評価されています!*一番上のクラークは含みません。

大きなメディアはUSAトゥデイの記事にあるとおり、ポートランド大学をランク外としていますし、タヒロウをTop100に入るとしているランキングもありませんが、これはもちろん日本の高校でプレイしたタヒロウの情報がないから。
それでも、先日発売されたATHLONのイヤーブックには、帝京長岡時代に101点取った(新潟県予選)という記載があります↓




タヒロウ・ディアベイトの評価は?

一部リクルーティングメディアでは評価の高いタヒロウ。実際のところはどうでしょうか?
現状は・・・苦戦しているようにも見えます。

公開練習(スクリメージ)を終えて、ポートランド地元紙のコメント↓

The Pilots’ most highly rated recruit, 6-9, 210-pound freshman Tahirou Diabate of Japan, is an interesting player — a left-hander with a poor outside shot but good overall skills in other areas (think the Blazers’ Ed Davis). Diabate was only 6 for 20 from the field but contributed 14 points, 14 rebounds and three blocks for the Purple squad.

どうもシューティングに苦労しているようですね。ただ、この点は心配ないでしょう。ポートランドだけに、比較対象にエド・デイビスの名前が出ているのは面白い。

ポートランド大学は8月にイギリスツアー。細かなスタッツ、ビデオなどは公開されていませんが、タヒロウは4番でスタート起用されているようです。フィールドゴール1/12と、、、やはりシューティングに苦労してますね。。。↓

*スタートはマルコムとフランクリン、HCテリー・ポーターの2人の息子がバックコート。タヒロウと、ドイツ人7フッター、フィリップ・ハートウィッチ。加えて、6-7のスウィングマン、ジョッシュ・マクスウィッガンですが、イギリス人の彼は、今回凱旋の意味合いもあり、まだ先発固定という訳ではないでしょう。いずれにせよ、若い布陣。

6-9で95㎏。1年生としては渡邊雄太よりも一回り大きいですが、細身のタヒロウは早々に3番にシフトする必要があるでしょう。彼のサイズならば、スリーポイントももはや必須とも言えます。
現状は渡邊雄太に大きく及ばないと言わざるを得ませんが、「可能性」は十分。何度も触れていますが、地元ポートランドでのPK80インビテーショナル、初戦、vsノースカロライナが楽しみです!

ad




関連記事

2017NCAAトーナメントスタート!ファーストフォー

ファーストフォー 更新が遅れました。オハイオ州デイトンで始まったファーストフォー。結果のみを簡単に

記事を読む

NCAAトーナメント2017ファーストラウンド-WEST

64チームによるファーストラウンドが一斉にスタートしました。 一日16ゲーム×2日。とても追いきれ

記事を読む

2017NCAAトーナメント概要

2016-2017シーズンのNCAAカレッジバスケットボールシーズンもいよいよ大詰め。 レギュラー

記事を読む

マグジー・ボーグスと小さいバスケットボール選手。

タイロン”マグジー”ボーグス 彼は小さいバスケットボール選手の希望の星 https:

記事を読む

NCAAカレッジバスケットボールもまもなく開幕!

渡邊雄太とのジョージワシントン、八村塁のゴンザガの公式戦スタートとなる、現地11月11日(土)は他の

記事を読む

渡邊雄太選手のジョージワシントン、リッチモンドに敗退。

渡邊雄太選手のジョージワシントン大学、リッチモンドに敗退 2017年アトランティック10カンファレ

記事を読む

ベン・シモンズ-NBAドラフト2016候補-

ベン・シモンズ 前回書いた通り、NBAドラフト2016の一位指名、有力候補です。 6-1

記事を読む

2016NBAドラフト候補ドマンタス・サボニスとお父さんアルビダス・サボニス

2016年のNBAドラフト。 2015年にも記事を書きましたが、さすがに様相が変わってきました

記事を読む

渡邊雄太(ジョージワシントン)、八村塁(ゴンザガ)、NCAAカレッジバスケットボール公式戦スタート!

渡邊雄太選手のジョージワシントン大学 八村塁選手のゴンザガ大学 両選手、両校ふくめ、NC

記事を読む

デューク大学(Duke University)ブルーデビルズ【カレッジ紹介25】

デューク大学(Duke University)概要 私立校 ロケーション:ノースカロライナ州

記事を読む

ad




ad




Bリーグ2017-2018-第3節を終えて

(今季はBリーグ関連投稿、週1回をできるだけ心がけます) &nb

Bリーグ2017-2018-第2節を終えて

NBAよりも一足早く開幕したBリーグ。 *オーストラリアNBLはアメ

NCAAディビジョン1の日本人選手~2017-2018シーズン-

2020年の東京オリンピックのみならず、今後、日本のバスケットボールを

リック・ピティーノ解任へ-NCAAリクルート問題-

NCAAリクルート関連で激震 「激震」ではありますが、その内容につい

テーブス海選手、ノースカロライナ大学ウィルミントン校(UNCW)へ!!

テーブス海選手が進学先を決定! Class of 2018(2018

→もっと見る

PAGE TOP ↑