*

NBA2017-2018シーズン-活躍するルーキーは誰か-

野球の「マネーボール」を大きなきっかけに、スポーツにおけるデータ分析というものはもはや欠かせなくなりました。

今回はある数学教授兼バスケットボールアナリスト(!、→日本でもこういう方が誕生しつつありますね)が独自に作り出した公式により、2017-2018シーズンのNBAにおいて活躍するルーキーは誰か、という予想を紹介します。
 

2017-2018NBAルーキーの活躍予想

NBA入りする前のNCAAキャリアスタッツから計算されるものだそうなので、カレッジ出身選手以外は残念ながら除外されています。
とにかくこれは難解。公式の詳細は省きます。とはいえ、はじき出された答えは当然難しくも何ともありません。右端、点数の高い選手の期待値が大きくなります↓



ご覧のとおり、1位はマリック・モンク(シャーロット・ホーネッツ、11位指名)。ジェイソン・テイタム、マーケル・フルツ、そしてロンゾ・ボールのトップスリー指名が続きます。

NCAAではとんでもないスコアリング能力を見せつけたものの、サマーリーグは怪我でプレイできなかったモンク。NBAではどうでしょうか??

そしてポートランド・トレイルブレイザーズが26位で指名したケイレブ・スワニガン。6-8と、パワーフォワードにしてはアンダーサイズと評価されるスワニガンもこちらの”数式”では高評価。

さらに、こちらもセンターとしてはサイズ不足と言われる、ユタ・ジャズの46位指名、トーマス・ブライアント(トレードでレイカーズへ)。

さらにさらに、ドラフト外でヒューストン・ロケッツが獲得したキャメロン・オリバー。*ニック・ファジーカスやジャベル・マギーらと同じ、ネダバ大学出身。6-8のフォワード

ちょっと注目しておこうと思います!
 

過去分も含めたNBAルーキー予想、と結果

さて、この数学教授の過去分も含めた予想はどうだったのでしょうか?
*黄色ハイライトは今年、2017年のルーキー。オレンジが、ドラフト指名順位の割に大きく活躍した選手。



この結果かすごいのかすごくないのか。ドレイモンド・グリーンなどの活躍は認めざるをえませんが、ちょっと微妙な感じもしますね。。。先日のユーロバスケットで大活躍したラウリ・マルカネンの評価がいまいち???

以上、原文はこちら
 

進化を続けるアナリストたち

それにしてもテクノロジーの進化、データ分析はどこまでバスケットボールのゲームを変えてしまうのでしょうか。
先日は、シェーファーアヴィ幸樹選手が進学したジョージアテックのアシスタントコーチ、エリック・レベノさんがこんなツイートをしていました。

シューティングの解析だそうですが、このホワイトボード、一体何を書いてあるのか。もうついていけません。。。

ad




関連記事

ロンゾ・ボール-2017NBAドラフト指名候補選手

ロンゾ・ボール 6-6(198cm) 86kg ガード UCLA1年生 比較対象:ジェイソン・キ

記事を読む

NBAドラフトアップデート-6月6日

<追記>6月9日アップデート 日々変わりそうです。。。 NBAドラフト201

記事を読む

NBAドラフト2016アップデート

NBAプレイオフの進行と並行しているのがNBAドラフトに向けての 選手の「品定め」。 今回は

記事を読む

NBAドラフト2017アップデート-5月25日

NBAドラフト2017アップデート-6月6日 更新遅れましたが、2017NBAドラフト指名順位

記事を読む

NBAプレイオフ”ファイナルズ”2016とアリゾナ大学。

NBAファイナルズ。 2016年もいよいよ大詰めですね。 昨年と同じ、クリーブランド・キ

記事を読む

ハリー・ジャイルス-2017NBAドラフト指名候補選手

ハリー・ジャイルス 6-10(208cm) 109kg フォワード デューク大学1年生 比較対象

記事を読む

ウィリー・コーリー=スタイン-NBAドラフト2015個人的一押し

NBAドラフト2015が近いづいてきましたね。 別の機会に全体を見たいのですが、とりあえず、個

記事を読む

NBAドラフト2017アップデート

NBAドラフト2017アップデート-6月6日 NBAドラフト2017アップデート-5月25日

記事を読む

2017NBAドラフトとNCAAトーナメント-アーリーエントリー状況

NBAドラフト2017ロッタリーのオッズ*nba.comより NCAAトーナメントも残

記事を読む

ジャスティン・パットン-2017NBAドラフト指名候補選手

ジャスティン・パットン 7-0(213cm) 104kg センター クレイトン大学1年生 比較対

記事を読む

ad




ad




Bリーグ2017-2018-第3節を終えて

(今季はBリーグ関連投稿、週1回をできるだけ心がけます) &nb

Bリーグ2017-2018-第2節を終えて

NBAよりも一足早く開幕したBリーグ。 *オーストラリアNBLはアメ

NCAAディビジョン1の日本人選手~2017-2018シーズン-

2020年の東京オリンピックのみならず、今後、日本のバスケットボールを

リック・ピティーノ解任へ-NCAAリクルート問題-

NCAAリクルート関連で激震 「激震」ではありますが、その内容につい

テーブス海選手、ノースカロライナ大学ウィルミントン校(UNCW)へ!!

テーブス海選手が進学先を決定! Class of 2018(2018

→もっと見る

PAGE TOP ↑