*

テーブス海選手、ノースカロライナ大学ウィルミントン校(UNCW)へ!!

テーブス海選手が進学先を決定!

Class of 2018(2018年大学入学者)の日本人選手、テーブス海選手が、NCAAディビジョン1のノースカロライナ大学ウィルミントン校へ進学することが発表されました。

https://twitter.com/kaitoews10/status/912454641874620419

ここまでバックネル大学、ブラウン大学、ウォフォード大学、そしてデラウェア大学などからオファーをうけていたテーブス選手。最終的に、2017年7月にオファーを受けたUNCWへの入学を表明しました。

ノースカロライナ大学ウィルミントン校シーホークス

UNCWオフィシャルサイト
世界的に有名なノースカロライナ大学(UNC、チャンペルヒル、本校)と同じ、”University of North Carolinaシステム”の1校。(*他にノースカロライナ大学シャーロット校、グリーンスボロ校、アッシュビル校、ノースカロライナステイト大学、アパラチアンステイト大学などがある)
シーホークスというニックネームが示す通り、ノースカロライナ州南東部の大西洋岸の町にキャンパス。

カンファレンスはCAA(コロニアルアスレティックアソシエーション)に所属。CAAも例外ではない、カンファレンス再編には巻き込まれたものの、かつてはVCUなども所属した名門リーグです。

NCAAトーナメントには2000年に初出場。計6回の出場で、最高成績は2002年のベスト32。2016年、2017年は連続出場。これを果たしたケビン・キーツらコーチ陣はノースカロライナステイトにヘッドハンティング。2017年春にコーチ陣が総入れ替えとなっていました。*キーツの前のコーチはバズ・ピーターソン。マイケル・ジョーダンのUNC時代の同期でルームメイト。現在はシャーロット・ホーネッツのスタッフ。

ホームアリーナはトラスクコロシアム。収容は5000人強なので、規模で言えばジョージワシントン、ゴンザガと変わらない、典型的な中堅校レベル。

 

(日本にも縁のある?)最高の新コーチ陣

前にも書きましたが、ウィルミントンのコーチ陣は”UNC色”が強い。3人のアシスタントコーチは全員UNC出身で、ヘッドコーチ、CB・マグラスはカンザス大学出身ですが、2017年春までUNCでアシスタントコーチを務めていました。
 

CB”コリンブライアン”・マグラス(ヘッドコーチ)

殿堂入りコーチ、ノースカロライナ大学のロイ・ウィリアムズのアシスタントコーチとして、チームの2005年、2009年、そして今年2017年のNCAA優勝に大きく貢献(ファイナルフォーは7回!)。同じくウィリアムズの下、2002年、2003年のカンザス大学のファイナルフォー進出にも貢献。
41歳と若い。インディアナポリス出身。カンザス州の高校から1994年にカンザス大学へ(ロイ・ウィリアムズとは17歳の時からの付き合いとなるそうです)。奨学金なしのウォークオン候補でしたが、入学前にスカラシップ獲得。ラエフ・ラフレンツらと同期で、ジャック・ボーン(現NBAブルックリン・ネッツAC)のバックアップガード。ことごとくアップセットをくらい、ファイナルフォー進出は一度も果たせなかったものの、特に1997年のチームは非常に強いチームでした(優勝した、マイク・ビビーやジェイソン・テリーらのアリゾナ大学に地区準決勝で敗退)。在籍した4年間で、カンザスはホームゲーム無敗(58勝)!チームメイトにはボーンのほか、ジェロッド・ハース(現スタンフォード大学HC)、スコット・ポラード、そして1学年下のポール・ピアース。
カンザス大学でアシスタントコーチを務めた後、2003年にロイ・ウィリアムズともどもUNCに異動。トップリクルーター、そしてベンチコーチとしてその名を知られていました。
カンザス大学シニアデーでのスピーチ。ピアースの顔も見えます↓

今年4月にUNCWへ↓

 

ダグ・エスリーク(アシスタントコーチ)

ウィンストンセーラム出身。2005年にUNCを卒業した34歳(若い!)。マグラスが最初に採用を決めたアシスタント。チャペルヒル在学中からジュニアバーシティ(2軍)コーチをしていたのでマグラスやロイ・ウィリアムズとは旧知。ノースカロライナ大学グリーンスボロからガードナーウェッブ、そして直近7年間はジョージア州のマーサー大学でアシスタント。
2014年NCAAトーナメントで、ジャバリ・パーカーらを擁した3位シード、デュークを大アップセット。アシスタントながら存在感大きく、将来の名将の予感↓

 

ジャッキー・マニュエル(アシスタントコーチ)

フロリダ出身でマニュエルも34歳と若い。2005年NCAA優勝のUNCでスターター。旧bjリーグの宮崎シャイニングサンズ含めたプロキャリアあり。エスリーク同様、グリーンスボロなどを経て、昨季は(これも元bjリーガー)マット・ロティックの下、インディアナ州のヴァルパライゾでアシスタント。
現役時代はディフェンシブスペシャリスト。レイ・フェルトンやショーン・メイ、そしてジャワッド・ウィリアムズ(現アルバルク東京)らとともにスターター。他にマービン・ウィリアムズやレイショーン・テリーもいました。2005年決勝↓

 

ジョー・ウォルフ(アシスタントコーチ)

NBAファンにはもっともお馴染みでしょう。ウォルフもUNC出身の元NBAプレイヤー。ウィスコンシン出身で、コーチ陣最高齢の52歳。1983年から1987年までノースカロライナ大学でプレイ。1年生時にマイケル・ジョーダンとチームメイト。2年生の1984年末に、当時UNCアシスタントだったロイ・ウィリアムズともども来日して公式戦→関連投稿
1987年NBAドラフト一巡目13位でクリッパーズに指名され、約10年強のNBA選手キャリア。その後はNBAはじめとしたプロ、NCAAでコーチ業。2017年春まではブルックリン・ネッツのアシスタント。
UNC在学中は常に優勝候補でしたが、ウォルフもことごとくアップセットをくらいました。1987年はファイナルフォー一歩手前でデリック・コールマンらのシラキュースに敗退。24番がウォルフ↓

 

テーブス海選手のリクルートとコミット

テーブス海選手のUNCW入り。完璧な決断だったと思います。
個人的に。
オファーを受けた学校の中でなら、ウィルミントンと、早々にオファーを出したペンシルバニア州のバックネル大学がいいのでは?と思っていました。JR・ホールデンという帰化してロシア代表にもなった選手を輩出しているバックネルは、NCAAトーナメント出場7回の、堅実でスマートなスタイルの私立校。学業だけならUNCWよりも環境は整っており、バランスの取れた将来を見据えることができると思ったからです。

*実際のところは違うようです。バックネルのオファーは早すぎた?→ナンバーwebの記事

対して、今春コーチ陣が入れ替わったUNCWは、7月のサウスカロライナ州でのアディダスのShowcaseを経てオファー。上に書いた通り、華々しい経歴のコーチ陣が、熱烈にテーブス選手を勧誘していたのは、SNSなどを通して伝わってきました。UNCWを含めた複数校のキャンパス訪問を実施後、テーブス選手が先週末(9月22日~)にウィルミントンを「非公式で」再度訪問。ここでウィルミントンは2017-2018シーズンのバスケットボールチーム、ティップオフパーティを開催。ゲストに、HCマグラスと懇意の、殿堂入りコーチ、ロイ・ウィリアムズ(UNCヘッドコーチ)をスピーカーとして招いていました。

おそらくマグラスを介してウィリアムズとも話し込んだでしょう。週が明けて、今日の進路決定アナウンス。熱心な勧誘を受ける中で、テーブス選手の心は早いうちからUNCWに傾いていたと思います。

ノースカロライナ(チャペルヒル)はテーブス選手と同じ高校、ノースフィールドマウントハーモン校の1学年上、アンドリュー・プラテックというガードをリクルート(今季大学1年生)。このリクルーティングには昨季マグラスが絡んでいたでしょうから、元々知らない間柄ではなかったと想像できます。加えて、ロイ・ウィリアムズとUNCは、テーブス選手の同級生である6-10、全米トップレベルのネイト・ラスゼウスキを強烈にリクルート中。ラスベガスのShowcaseにはウィリアムズも見に来ていましたから、テーブス選手はこの殿堂入りコーチとも、少なくとも顔なじみではあったでしょう。

それなりに長かった決断までの時間。サウスカロライナやラスベガスのイベントにはノートルダムやデュークなどの他ハイメジャー校のコーチ陣も詰めかけました。興味(Interest)レベルであれば、バトラーやノースウェスタン、そしてUNC OBであるキング・ライスがHCのモンマスもテーブス選手をチェックしていたようです。「記念に」(笑)、これらハイメジャーからのオファーも欲しかったところですが、たとえそうであってもテーブス選手はUNCウィルミントンを選んだでしょう。

出場時間の考慮はもちろんあったでしょうが、バスケットボールをプレイするには最高の環境です。上にあげたコーチ陣は、(戦術レベルなどは言うまでもなく)NCAAトップレベル。”関係が関係だけに”、ノースカロライナ大学チャペルヒル(UNC)とは来季あたりから公式戦をスケジューリングされるでしょうし、それこそスクリメージは今季からがんがん行うはずです。*UNCはACC校(ノースカロライナステイト、ウェイクフォレスト、そしてデューク)以外の州内校とは公式戦を行わない慣習がありましたが、多くのOBがコーチに就くこともあって、その慣習は撤廃されています。
もちろんUNCWはアカデミックレベルが低い学校ではありません。学業との両立は大変でしょうが、この点も充実した大学生活と将来を見据えては重要なポイントでしょう。

そして、、、UNCWはアディダス校!これも大きな要因だったかもしれません(笑)。
*写真はブリーチャーリポートより。左15番が今季3年生の6-7、スター候補のデボンテ・カコック↓

テーブス海選手。果たして何回NCAAトーナメントに出場できるか、そしてトーナメントでどこまでいけるか。楽しみです!

関連投稿1
関連投稿2

ad




関連記事

ゴンザガが3年連続で16強!NCAAトーナメント2017セカンドラウンド-WEST

ブラケット セカンドラウンド結果 8位ノースウェスタン 73-79 1位ゴンザガ @ソ

記事を読む

タヒロウ・ディアベイト(帝京長岡高校出身)とポートランド大学

全米注目?タヒロウ・ディアベイト 複数のアメリカ人コーチとテキストメッセージのやり取りをしています

記事を読む

マーカス・キーン、クリス・クレモンズ-NCAA得点ランキング

突然ですが、2016-2017シーズンのNCAAバスケットボール。現在ディビジョン1のリーディングス

記事を読む

ビラノバが1位シード。連覇の可能性は?2017NCAAトーナメント観戦ガイド⑤EASTリージョナル

EASTリージョナル ブラケット(組み合わせ) *ESPN 開催地/アリーナ ニ

記事を読む

日本の、日本代表のバスケットボールを振り返る-②日本代表の主な戦績と選手

→日本の、日本代表のバスケットボールを振り返る-①日本バスケットボールの歴史 バスケッ

記事を読む

日本の中のバスケットボール、日本の中のNBA。

日本の中で、(NBAを含めた)バスケはどう変わってきたのか。 最近雑誌を整理していたので、かる

記事を読む

アメリカの高校(ハイスクール)・プレップスクールのバスケットボール-南部、南東部

*随時更新します。 対象エリア:ワシントンDC、デラウェア州、メリーランド州、バージニア州、ウ

記事を読む

ディアーロン・フォックス-2017NBAドラフト指名候補選手

ディアーロン・フォックス 6-3(191cm) 85kg ガード ケンタッキー大学1年生 比較対

記事を読む

no image

アメリカの高校(ハイスクール)、プレップスクールのバスケットボール-中西部

*随時更新します。 対象エリア:オハイオ州、ミシガン州、インディアナ州、イリノイ州、ウィスコン

記事を読む

ラウリ・マルカネン-2017NBAドラフト指名候補選手

ラウリ・マルカネン 7-0(213cm) 104kg フォワード アリゾナ大学1年生 比較対象:

記事を読む

ad




ad




Bリーグ2017-2018-第11節を終えて

B1・第11節までの順位 8日金曜日の夜、NHK

渡邉雄太と八村塁の可能性は?-NBAドラフト2018-1.0

昨年は11月にNBAドラフト関連投稿を書いていましたが、1か月ほど遅れ

1位デューク、2位カンザスが敗戦-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week5>

NCAAバスケットボール最新ランキング *最新ランキング(E

ジョージワシントン、ゴンザガともに連勝!-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week4>

NCAAバスケットボール最新ランキング *ESPN TOP

シクサーズのスタッツチームはNEXT LEVELへ-NBAスタッツの未来

今回も記事要約(かなり意訳)です。 ますます「深く」なる、データ、ス

→もっと見る

PAGE TOP ↑