*

カオス!-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week9,10>

都合により更新が遅れました。2週分を振り返ります。
 

NCAAバスケットボール最新ランキング

*最新ランキング(ESPN)

NCAAバスケットボールの代名詞は”カオス”です。毎年のことです。しかし、それにしても、です。
ここまで混沌としたシーズンもなかなかありません。

今季初の1位にたどりついたミシガンステイトがわずか1週で陥落。@オハイオステイト、ホームでのミシガン戦を落とし、あっという間に9位へ後退。
再び1位に戻ったのがビラノバ。@バトラーでの敗戦後、ホームでのゼイビア戦などを含めて3連勝。ただし今週のアウェイ2戦、@ジョージタウンと@コネティカットはどちらも油断できません。キープできるか。
3位にパデュー!@ミシガン、@ミネソタと難しいゲームを連勝。今季の強さは本物。悲願のファイナルフォー進出なるか。
そして4位にオクラホマ。@ウェストバージニアこそ落としたものの、直近ではテキサスクリスチャン(TCU)をオーバータイムの末に下して今季スウィープ。このゲームで43点、11リバウンド、7アシストを記録した1年生ガード、トレイ・ヤングが止まりません。NBAドラフトネットも、現時点のモックで2位評価としました。比較対象、ステフ・カリーの存在があるだけに、ヤングからは目が離せません。
5位にいつの間にかデュークが上昇。@マイアミ(フロリダ)戦で、ゲイリー・トレントJrが30点。
1位が目前だったウェストバージニアは@テキサステック、vsカンザスを連敗。本当に難しい。

ほか、注目は16勝1敗で17位まで上がってきたオーバーン。例のFBIによる検挙でチャック・パーソンの辞任などがありましたが、やり手コーチのブルース・パールが見事な再建。
そしてオハイオステイト!サッド・マッタを解任し、今季は様子見とも思われたこのチーム。PK80ではゴンザガにも完敗したものの、ビッグテンをパデューと並んでの6戦全勝(通算15勝4敗)。マッタ同様、バトラーでHCをつとめた新コーチ、クリス・ホルトマンも注目の人物。

ケンポンランキング。1位ビラノバ、2位パデュー。以下、バージニア、デューク、テキサステックと続きます。もはやこのランキングこそ正確、かも。




 

Game of weekは省きます。好ゲームが多すぎてとても選べません(笑)。

 

NBAドラフト2018に向けた注目選手

チャンドラー・ハッチソン(ボイジステイト4年生、6-7、89.3kg、G)

今回は少し”ひねり”ました。ドラフトネットでは二巡目57位指名との評価。ミッドメジャーの4年生Go To Guy。抜群のスコアリング能力で、ゴンザガをやぶったサンディエゴステイト相手に44得点。平均19.8ppg、8.4rpg、3.4apgはいずれもチーム1位。
未知数ですが、、、今後評価が上がってくると予想します。現在2位につけるマウンテンウェストカンファレンスでチームを優勝に導くことが必須。

 

日本人、日本所縁の選手所属校の動向

ジョージワシントン大学と渡邊雄太

苦しい。@デュケイン、vsロードアイランドは仕方なしとしても、デビッドソン、さらに今季低調のリッチモンドにも敗れて4連敗。通算8勝10敗。アトランティック10を1勝4敗は、4校並んでの最下位。。。ケンポンでは今季最低の209位にまで沈んでいます。
今週のvsジョージメイソン、@バージニアコモンウェルス(VCU)も難しいゲームですが、勝てない相手では決してありません。まだまだこれから!

過去4シーズンの、アトランティック10のNCAAトーナメント出場状況↓

渡邊雄太はデビッドソン戦で12点5リバウンド、リッチモンド戦で10-6。得点が伸び悩んでいます。FGアテンプトが昨季より3本多い平均12.6ですが、デビッドソンの同級生でやはりプロ候補、ペイトン・オルドリッジあたりはアテンプトが平均16.4あります。これくらいは渡邊に打たせてもよいのではないでしょうか。ディフェンスでの貢献は誰もが認めるところだけに、得点でチームを勝利に導きたい。

 

ゴンザガ大学と八村塁

ゴンザガは@サンディエゴステイト敗戦のあと6連勝。やや苦戦すると思われた@サンフランシスコも75-65で乗り切りました。毎年の”棚ボタ感”は否めませんが、APで15位、ケンポンでは7位に上昇。
今週は日本時間19日。ついに、ホームでのセントメリーズ(SMC)戦です!ともにWCCカンファレンス6戦全勝。まずはホームで負けられません。注目のこのゲームは、ESPNによる中継。21日の@サンタクララは問題ないでしょう。

タヒロウのポートランド戦で20点取るなど、7試合連続で二桁得点を記録している八村塁は、SMC戦で真価を問われます。この重要なゲームでチームの勝利に貢献できるか。注目です。
また、SMC戦は別の意味でも重要。例年どおり、セントメリーズは多くのオーストラリア人選手を抱えるからです。2018年6月のFIBAワールドカップアジア予選において、八村が日本代表でプレイするならば、SMCの中心選手、ジョック・ランデール(6-11、C)とエメット・ナール(6-1、G)もまたオーストラリア代表としてプレイする可能性あり。
叩きのめしてほしいところ。

*しかしオーストラリアの層は厚い。NCAAディビジョン1において、まだわずか数人しかプレイできていない日本人選手に対し、近年は当たり前のように数十人送り込んでいるのがオーストラリア。ランデールやナールさえ、フル代表入りすることは全く保証されていません。NBAも注目の、トップ選手は以下の通り↓

・デン・アデル(ルイビル大学3年生、6-7、F)

ソン・メイカー同様のスーダン生まれ。ゴタゴタがあったものの健闘しているルイビルのリーディングスコアラー(15.8ppg)。

・ハリー・フローリング(マーケット大学2年生、6-11、C)

ダラスのSMUから転校。ランデール以上、との評価もあり。オーストラリアスポーツ研究所(AIS)出身。

・ゼイビア・クックス(ウィンスロップ大学4年生、6-8、G)

知名度こそ低いものの、昨季ウィンスロップをNCAAトーナメントに導いた、6-8のガード。今季はチームのリーディングスコアラー兼リバウンダー。

他にもジョージワシントン戦で渋い活躍をしたマイアミ(フロリダ)大学の2年生6-3、デヤン・バジルセビッチや、そのマイアミをやぶったデュークのジャック・ホワイト(6-7、2年生F)も出場時間こそ少ないですが有望。
彼らNCAAトップ選手と、日本を一蹴した国内NBL選手がひしめくオーストラリアは世界有数の強豪国。
*先ほどハリー・フローリングの弟サム(6-11)が、マーケットと同じビッグイーストに所属する強豪クレイトン大学へ入学が決定。とにかく層が厚い。。。

あらためて、八村にはSMC戦での活躍を期待。




 

ジョージアテックとシェーファーアヴィ幸樹

エースのジョッシュ・オコギーが復帰して好調。マイアミ(フロリダ)を撃破して、イェール、ノートルダム、そして@ピッツバーグと4連勝。今週は日本時間19日にvsバージニア、同21日に@ノースカロライナと、ACCならではのハードスケジュールですが、連勝すればランキング入りさえ見えてきます。現在3勝1敗でカンファレンス3位タイ。通算10勝7敗。ケンポンランキングでは102位。

シェーファーアヴィ幸樹のPTは少ないものの、自身の目の前で繰り広げられているゲームは日本人が体験し難いレベル。1秒でもコートに出れれば貴重な経験であることは言うまでもありません。UNCのディーンEスミスセンターでのゲームは、日本人初となるのではないでしょうか。

 

ポートランド大学とタヒロウディアバテ

@ゴンザガを含め、WCCカンファレンス6戦全敗。若いチームのため仕方ありません。まず1勝です。今週はアウェイが2つで、サンディエゴとロヨラメリーマウントが相手。

注目の@ゴンザガ戦。タヒロウは2点5リバウンドに終わったものの、31分の出場時間を得ました。ここまで5.1ppg、3.3rpgはまずまずの数字です。

そして日本協会が発掘中の(?)日本人選手、ヒュー・ホグランド(渡辺飛勇)。レッドシャツとはいえ、NCAAシーズン中にナショナルチームに参加するのはきわめて異例ではないでしょうか。楽しみです!

 

ピマコミュニティカレッジ(NJCAA)と榎本新作(アイザイアマーフィー)

フェニックスカレッジに敗れたものの、通算15勝2敗。NJCAA(D2)ランキングは3位(!)から少々落とすかもしれませんが、素晴らしい戦績。

中心選手の一人、榎本新作への、NCAAディビジョン1からのオファーがとにかく待ち遠しい!

 

ad




関連記事

ビラノバ大学(Villanova University,NOVA)ワイルドキャッツ【カレッジ紹介31】

ビラノバ大学(Villanova University)の概要 私立校 ロケーション:ペ

記事を読む

ゴンザガとジョージワシントン、+NCAAトーナメント出場校アップデート

渡邊雄太選手がカンファンレンスオールディフェンシブチーム選出!! 各カンファレンスがレギュラーシー

記事を読む

八村塁選手が2018年NBAドラフトで一巡目8位指名??!!

*いったんは名前が消えましたが、、、2017年7月、戻ってきました!! →八村塁がNBAドラフト2

記事を読む

ケンタッキー大学(University of Kentucky,UK)ワイルドキャッツ【カレッジ紹介⑰】

ケンタッキー大学(University of Kentucky)の概要 公立校 ロケーシ

記事を読む

渡邊雄太とジョージワシントン大学コロニアルズ2017-2018

渡邊雄太、最後のシーズン! 早かった。あっという間に4年生です。 2017-2018。渡邊雄太選

記事を読む

カンザスとオレゴンがエリートエイト。NCAAトーナメント2017-MIDWEST

ブラケット リージョナルセミファイナル結果 4位パデュー 66-98 1位カンザス カ

記事を読む

ジョージワシントン@テンプル、ワシントン@ゴンザガ

ジョージワシントンとゴンザガ。現地12月7日はともに強豪校との対戦となりました。 ジョージワシ

記事を読む

ノースウェスタン大学(Northwestern University)ワイルドキャッツ【カレッジ紹介26】

ノースウェスタン大学(Northwestern University)の概要   私立

記事を読む

渡邊雄太選手のジョージワシントン、リッチモンドに敗退。

渡邊雄太選手のジョージワシントン大学、リッチモンドに敗退 2017年アトランティック10カンファレ

記事を読む

NCAAトーナメント2017出場校予想①-ACC、ビッグ12、パック12、ビッグテン、SEC、ビッグイースト、アメリカン

NCAAディビジョン1バスケットボールのカンファレンス 2017年のNCAAトーナメントが間近に迫

記事を読む

ad




ad




ジョージワシントンが復調!ゴンザガは6位!-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week15>

NCAAバスケットボール最新ランキング *最新ランキング(ESP

Bリーグ2017-2018-第20節を終えて

都合により、随分間が空いてしまいました。 B1・第11節までの順位

ゴンザガが今季初のトップ10入り!-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week14>

NCAAバスケットボール最新ランキング *最新ランキング(E

バージニア大学キャバリアーズのバスケットボール

バージニア大学キャバリアーズ https://twitter.c

ゴンザガがBYUにリベンジ!ジョージワシントンは・・・-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week13>

NCAAバスケットボール最新ランキング *最新ランキング(ESP

→もっと見る

PAGE TOP ↑