*

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ミズーリ州

カンザスシティからキングスが去って25年。もう一方の大都市セントルイスも含めてプロチームに縁がないが、カレッジはそれなりに盛ん。

Kansas City(カンザスシティ)

NCAA縁の地。現在の本部はインディアナポリスにあるが、元々はこのKCにあった。その縁もあり、1988年、記念すべき第50回NCAAファイナルフォーはこの町のケンパアリーナで行われている。NBAはないが、NFLチーフス、MLBロイヤルズを持つ州最大の都市。もちろん国際空港あり。州の西端にある町で、カンザス州のカンザスシティとは双子都市。70号線を30分も走ればカンザス大学のあるロウレンスに着く。東端セントルイスへは同じく70号線で4時間。途中、ミズーリ大学のあるコロンビアへは2時間で着く。

ミズーリ大学カンザスシティ校カンガルース

カレッジはカンザス大学、ミズーリ大学にはさまれて影が薄い。サミットリーグ所属のミズーリ大学カンザスシティ校(University of Missouri Kansas City,UMKC、カンガルーズ)。マブスで’90年代半ばに活躍したトニー・デュマースがいるが、強豪とはいえない。
Official Site

ホームは1936年完成と、大変歴史ある建物ミュニシパルオーディトリアム。9,500人収容。ダウンタウンにあり、南方にあるキャンパスとは少し離れる。このアリーナをはさむように、西にかつてキングスもホームとして使用したケンパーアリーナ、東に新しいスプリントセンターがあり、どちらも17,000人ほど収容する。このスプリントセンター内には全米大学バスケットボールホールオブフェイムが設けられている。

カンザスシティの高校バスケットボール

高校のレベルはなかなかで、ネブラスカ大学のティロン・ルー、そしてミズーリ大学OBのアンソニー・ピーラーとカリーム・ラッシュという、一時期をレイカーズで過ごした面々がKCハイスクールの出身(それぞれ違うハイスクール)。

Columbia(コロンビア)

70号線沿い、西のカンザスシティ、東のセントルイスのちょうど真ん中の大学町。それぞれに2時間で着く。

ミズーリ大学タイガース

ミズーリ州ナンバーワンカレッジはここにあるミズーリ大学(University of Missouri,MU,Mizzou)タイガース。カンザスシティ出身のアンソニー・ピーラーとカリーム・ラッシュ以外では、リトアニア代表フォワード、リナス・クレイザが有名なOB。さらに古くはラリー・ドリューや白人の7フッター、スティーブ・スティパノビッチなど。NCAAトーナメント出場が26回の強豪だが、ファイナルフォー経験がゼロとしても知られる。最高成績は1944年、’76、’94、’02、’09のベスト8。32年間にわたってコーチしたノーム・ステュワートはOBとしても有名。成績で圧倒されているが、同じカンファレンスに属するカンザス大学とのライバリーが全米的に有名。またカンファレンスは異なるが、イリノイ大学とも毎年対戦が組まれ、州境の町セントルイスで行われることから”ボーダーウォー”とよばれる。
Official Site

ホームはキャンパス内のミズーアリーナ。収容は15,000人。2004年完成と新しい。この投資に応えるためにも、そろそろファイナルフォーがほしい。

St.Louis(セントルイス)

セントルイスも日本からの直行便は無し。シカゴやミネアポリス経由が現実的。カンザスシティへは70号線西行きで4時間。64号線東行きでケンタッキー州ルイビルへは4時間半。シカゴへは5時間かかる。

セントルイス大学ビリケンズ

大都市だが、カンザスシティ同様、現存するNBA球団はなく、NCAAディビジョンⅠスクールが1校。セントルイス大学(St.Louis University,SLU)ビリケンズである。アトランティック10カンファレンス所属の私立校。1年間のみの在籍だが、ラリー・ヒューズの母校として知られる。NCAA出場が6回と少ないが、セルティックスで活躍したホールオブフェイマー、エド・マコーリーもOB。また、自身もNBAへ進み、選手生活の後GMなどを務めたボブ・フェリーも有名(息子ダニーもデュークからNBAへ進み、ボブと同じ道を歩んでいる。)。

SLUの現コーチは、1998年にユタ大学をNCAA決勝にまで導いた名将リック・マジェラス。
Official Site

ホームはチャイフェツアリーナで収容1万人強。ミシシッピ川やゲートウェイアーチから西へ進んだダウンタウンエリア。

ハイスクールはなかなかレベルが高く、最近ではフロリダ大学からNBAへ進んだデビッド・リーがいる。

ad




関連記事

八村選手が目指すゴンザガ大学。

高校バスケ界のスター、八村選手。 ご存知の通り、ゴンザガ大学への進学希望を表明しました。

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-カリフォルニア州

アラスカ、テキサスに次いで、州面積が3番目に広いカリフォルニアは、サンフランシスコベイエリアを中心と

記事を読む

NBA、NCAA-アメリカ現地観戦旅行の基本

*旅の基本ですが、一般的な海外旅行に共通する事柄、例えばパスポートの取得方法などについてはここでは省

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-アイオワ州

Iowa City(アイオワシティ) アイオワ州都デモインから80号線を東へ2時間ほど。アイオ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報について

というか、都市別情報になっちゃってますが、一通り。 右側に検索窓がありますので、都市名、地名(

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-サウスカロライナ州

NBA球団なし。「ノースのほうの」カロライナに比べて地味だが、ジョージア州と同様、ACCとSEC所属

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ネブラスカ州

Omaha(オマハ) 州最大の都市。NCAA野球、カレッジワールドシリーズが有名。ミズーリ川沿

記事を読む

NCAAカレッジバスケットボールトーナメント2016

NCAAカレッジバスケットボールトーナメント 今年もこの時がやってきました。 出場68校はセレク

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ワシントン州

シアトルからソニックスが、ヤキマからサンキングス(マイナー)が消えて、寂しくなった。 ただ、依然バ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ニューハンプシャー州

ここも・・・冬の運転注意! Hanover(ハノーバー) ここはアイビーの最北端、ダート

記事を読む

ad




ad




八村塁とタヒロウ、渡邊雄太、そしてNBA~2017-2018おすすめの現地観戦

シーズン到来!ぜひ現地観戦へ!! U19ワールドカップにアジアカ

タヒロウ・ディアベイト(帝京長岡高校出身)とポートランド大学

全米注目?タヒロウ・ディアベイト 複数のアメリカ人コーチとテキストメ

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B2

→B1の新外国人選手 B1に続き、今回はB2。注

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B1

↓2016-2017-Bリーグ初年度の外国人について

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン⑤5位~1位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ここ

→もっと見る

PAGE TOP ↑