*

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ミシガン州

引き続き冬は極寒の地。運転注意。

Detroit(デトロイト)エリア

成田からノースウェストの直行便あり。75号線南下後、オハイオ州トレドで80/90号線EAST(有料)に乗り換え、計3時間でクリーブランド。デトロイトは国境の町。カナダに入って計4時間でトロント。西方面、シカゴへも5時間で着く。

デトロイト・ピストンズ

歴史ある球団。前身のフォートウェイン(インディアナ州)ピストンズのNBA加入が1948年。レイカーズなどとともに、現存NBA球団では4番目に古い。デトロイトへの移転は1957年。’55年、’56年と連続で準優勝したものの、長らくセルティックスやレイカーズの陰に隠れた。”バッドボーイズ”で初優勝したのが1989年。51年かかっての初タイトルであった。鬱憤をはらすように、翌’90年も連覇。2004年にも優勝。’05年もファイナル進出と、選手としてもフロントとしても多大な貢献をしたジョー・デュマースの手腕が光る。確実にプレイオフに出てくる強豪球団となったが、現在は世代交代でやや苦労している感がある。創設以来の長いトンネルに光が差したのはやはり’81年ドラフトでのアイザイア・トーマスだろう。翌’82年にはクリーブランドからビル・レインビアー、ソニックスからビニー・ジョンソンをトレードで獲得。’85年はドラフトでデュマース指名とリック・マホーン加入。’86年にジョン・サリーとデニス・ロッドマンをドラフト。’88年にベテランセンタージェイムス・エドワーズ獲得。着々と補強した見本例。’94年に指名したグラント・ヒルを軸にしたチーム作りは流れたが、その後のビラップスらを中心にしたプランは見事に実を結んだ。
Official Site

ホームはここもお馴染み、パレスオブオーバーンヒルズ。1988年完成で、キャパは22,076人とリーグ最大を誇る。

ついこの間まで好成績もあって驚異的な動員数であったが、世代交代期や不況のせいか、激減中。厳しい数字だが、観戦は今のところ容易。
↓NBAでは珍しい郊外立地の一つ。見てのとおり、駐車場も巨大。

デトロイトマーシー大学タイタンズ

デトロイトと言えばピストンズ。この町には有力なカレッジチームは存在しないが、一校だけ紹介。デトロイトマーシー大学(University of Detroit Mercy)タイタンズ。所属カンファレンスはバルポと同じホライズンリーグ。小さい私立校。ESPNのグル、ディック・ヴァイテルが1970年代にコーチしたチームとして有名。’90年代からは、ジェイレン・ローズを高校時代コーチし、抱き合わせでミシガン大学アシスタントに就任していたペリー・ワトソンがコーチ。強力なプログラムを構築した。現役OBにはウィリー・グリーン。古くはホールオブフェイマーで”史上最高の50人”の一人デイブ・デビュッシェア。さらにスペンサー・ヘイウッドやジョン・ロング。そしてテリー・タイラー。地元愛が強く、彼らは一度はピストンズでプレイしている。グリーンも戻ってくるか。
Official Site

ホームはカリハンホールで9,000人近く収容。1952年完成と古い。1988年に、当時ブラッドレー大学の怪物スコアラーだったハーシー・ホーキンスが、対デトロイトマーシー戦で63得点したアリーナ。ダウンタウンすぐ北のキャンパス内にある。

ミシガン大学ウォルバリーンズ

デトロイトから94号線で西へ30分強。アナーバーという町に、州の二大カレッジのひとつ、ミシガン大学(University of Michigan、ウルバリーンズ)がある。元々全米有数の、文武両道マンモス名門大学であったが、’90年代初めの、スターター全員を一年生で固めたファブファイブにより、日本での知名度も急上昇した。そしてその少し前の1989年、グレン・ライスを中心にしたチームはNCAA初優勝を飾っている。’65、’76年には準優勝。それぞれUCLAとインディアナに敗退。*ファブファイブによる’92、’93年の連続準優勝は、後に発覚したNCAAルール違反により抹消されている。フットボールがものすごい強豪であるため、追いつこうと学校は結果を求めたフシがある。有望選手をどんどんリクルートしたが、彼らの中には素行の良くない面も目立った。最終的に、1989年優勝チームやファブファイブを率いたコーチ、スティーブ・フィッシャー(現サンディエゴステイト大学)と、その前のコーチ、ビル・フリーダーは追放された格好だ。各々、素晴らしく鍛えられたチームであっただけに残念。もちろん、選手全員の素行が悪かったと言うわけではない。’89優勝メンバーでディフェンスのスペシャリスト、日本リーグの丸紅でも活躍したマイク・グリフィンなどは非常に真面目な選手であった。
OBはファブ5のクリス・ウェバー、ジュワン・ハワード、ジェイレン・ローズにジミー・キングとレイ・ジャクソン。そして’89メンバーは
ライス、グリフィンのほか、NBAでも活躍したロイ・ボートとテリー・ミルズ。そしてエースガードだったルミール・ロビンソン。NBAでは
ぱっとしなかったが、パワーフォワードの上半身を持ったポイントガードで、運動能力は抜群だった。現役NBAではスターに成長したジャマル・クロフォードが有名。少し前だとモーリス・テイラーとロバート・”トラクター”・トレイラー。古くはロケッツの名将としても有名なルディ・トムジャノビッチや、ティム・マコーミックとロイ・タープリーの2人のビッグマン。タープリーは’86年ドラフトで7位指名された有望選手だったが、ドラッグなどに苦しみ、結局プロでは華々しい結果を残せず。スキャンダルの後、デューク出身のトミー・エイマカー(現ハーバード大学コーチ)などが再建にあたったが、最強のライバルミシガンステイトの大きな飛躍もあって、成績は上がらなかった。現コーチ、ジョン・ビーラインは名将。2013年、スクール20年ぶりのNCAAファイナルまで導き、準優勝。
Official Site

ホームはデトロイトに近いだけあって、「らしい」名前。クライスラーアリーナ。収容13,609人。10万人入る、隣接のフットボールスタジアムに比べると小規模か。キャンパスの南側にスポーツ施設が集められている。チケット入手は最近の活躍もあって難しい。

イースタンミシガン大学イーグルス

デトロイトから94号線でミシガン大学方面へ向かうとすぐ、イプシランティの町に到着。リトルビッグマン、アール・ボイキンスの母校であるイースタンミシガン大学(Eastern Michigan University、イーグルス)の所在地。1990年前後に急速に強くなってきたチームで、’91年のNCAAベスト16が最高成績。’96年トーナメントでは1回戦でデュークをアップセット。2回戦ではレイ・アレンのコネティカットに敗れたが、このチームにいたのがボイキンスであった。OBは他にデトロイト出身の”アイスマン”ジョージ・ガービン(後にカリフォルニアのロングビーチステイトに転校)やグラント・ロングなど。ミッドアメリカンカンファレンス(MAC)という渋い中堅校が属するリーグの加盟校。
Official Site

ホームはコンボケーションセンターで、9,000人近い収容。キャンパス西側に集められたスポーツ施設の一角。

デトロイトエリアの高校バスケットボール

デトロイトのハイスクールも高レベル。地元への忠誠が強く、ミシガンかミシガンスエイトのどちらかに進む傾向が強い。まず有名なのがパーシングハイスクール。ミシガンステイトに進んだケビン・ウィリスとスティーブ・スミス、そしてデトロイトマーシーのスペンサー・ヘイウッドが有名。彼らはスターだが、素晴らしい才能に恵まれながら素行の悪い選手も目立つ。もう1校は最近までデトロイトマーシーのコーチを務めたペリー・ワトソンがコーチしたサウスウェスターン。ワトソンとともにミシガン大学入りしたジェイレン・ローズや、同期でミネソタ大学へいったボジョン・レナード、ボストンカレッジからNBAで活躍したハワード・アイズリー、1990年NCAA優勝のUNLVのメンバー、アンダーソン・ハントらがOB。あとはクリス・ウェバーとデュークへ進んだシェーン・バティエの母校、私立のカントリーデイ。モーリス・テイラーや、ともにミシガンステイトに進んだグレッグ・ケルサーとケン・ジョンソンの母校ヘンリーフォードハイスクール。ほかの学校ではスティーブ・スミスの友人である、シラキュースへ進んだデリック・コールマンや、BJアームストロング(アイオワ大学)、ジョージ・ガービンらがデトロイトの出身。また州全体で見ると、デトロイト北方のフリントやサギナウからスターがよく出ている。グレン・ライスやモーリス・ピーターソン、ジェイソン・リチャードソンらがミシガン州出身である。

そして、彼らデトロイト出身のスターが必ずプレイしたと言われるのがストリートボール。インドアの聖地が存在。それがセントセシリア。
古くはジョージ・ガービン、そしてファブ5などミシガン大学などへ進んだスターの多くがプレイした、全米トップテンに入ると言われるレベルの施設。夜の訪問は避けるべきエリア。
レンティングカーズが選ばれる4つの理由
1.世界のレンタカーブランドを一括検索・比較できます
2.どこよりお得な最安値をご案内します。
3.いつでも無料で変更や取り消しができます。
4.日本払い、現地払いが選べます。

East Lansing(イーストランシング)

ミシガンステイト大学スパルタンズ

デトロイトから96号線で西へ1時間半。州都ランシングの隣町がイーストランシング。ミシガンステイト大学(Michigan State University,MSU、スパルタンズ)のある田舎町。

毎年オフシーズンにたびたびNBAから高額サラリーで誘われる名将トム・イゾーは、いまや全米で5本の指に入る強力プログラムを構築した。戦績はピカイチで、1979年のマジック・ジョンソンらが果たしたNCAA優勝以来、20年ぶりのファイナルフォー進出を’99年に決めると、翌2000年に優勝。’01、’05、’09、そして2010年にもファイナルフォーに進むという驚異的な記録を打ち立てた。最終的にMSUにとどまることを決断したイゾーは、おそらくイーストランシングでコーチ業を全うし、あと1,2回はタイトルを獲得する可能性がある。イゾーが仕え、マジックらを指導した前コーチ、ジャド・ヒースコートも名将で、MSUのNCAA出場は27回と多い。マジック以外にもスター選手を多く輩出しており、最近ではジェイソン・リチャードソンやザック・ランドルフ、シャノン・ブラウンにモー・ピー、チャーリー・ベル。さかのぼってショーン・レスパートとエリック・スノウ、スティーブ・スミス。スコット・スカイルスやジェイとサムのビンセント兄弟もMSUの出身。
Official Site

ホームはブレスリンセンター。最近の好成績もあって、チケット入手は困難。異常な盛り上がりを見せている。15,000人ほど収容。

ミシガン州のNCAAバスケットボール

さて、ミシガン州はほかにもダン・マーリーの母校であるセントラルミシガン大学(マウントプリーザント、イーストランシングから北へさらに1時間半ほど)やクリス・ケイマンの母校、ウェスターンミシガン大学(カラマズー、94号線でデトロイトとシカゴの間にある)といったディビジョンⅠスクールがあるが、これら以上に有名なディビジョンⅢ加盟校があるので紹介する。

一つはホープカレッジ(Hope College、フライングダッチマン)。ニックネームからもわかるとおり、オランダ系移民の多い町ホランド(Holland、デトロイトから96号線で3時間強、シカゴからは2時間ほど。ミシガン湖に近い。)にある小規模私立校。
Official Site

もう一つは同様の小規模私立、カルビンカレッジ(Calvin College、ナイツ)。こちらの所在地はグランドラピッズ。96号線沿いで、デトロイトから2時間半強。ホランドとは3、40分の距離。
Official Site

同じカンファレンスに所属する、この2校のライバル関係は全米的に有名で、それぞれのホームゲームの盛り上がりは熱狂的。カルビンのホーム、バンノードアリーナでやっと5千人入る規模だが、幸運にもチケットが手に入れば絶対見るべき。損はない。

ad




関連記事

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-カリフォルニア州

アラスカ、テキサスに次いで、州面積が3番目に広いカリフォルニアは、サンフランシスコベイエリアを中心と

記事を読む

NBAオールスター2017@ニューオーリンズ観戦(妄想、笑)

目前に迫ってきた2017年のNBAオールスター(NBAジャパンのサイト)。 NBAのスター中のスタ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-アイダホ州

Boise(ボイジ) 西部にというよりアメリカに多い陸の孤島。ユタ州ソルトレイクシティが 5

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報について

というか、都市別情報になっちゃってますが、一通り。 右側に検索窓がありますので、都市名、地名(

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-バージニア州

ラルフ・サンプソンにデビッド・ロビンソン、アロンゾ・モーニングを輩出。かつてLand of gian

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ウェストバージニア州

Morgantown(モーガンタウン) ウェストバージニア大学マウンテニアーズ マウンテインステ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-イリノイ州

シカゴエリア 成田からJALやユナイテッドの直行便がある。ここも寒い。運転注意。もちろんユナイテッ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-メリーランド州

College Park(カレッジパーク) メリーランド大学テラピンズ ワシントンDCの北東にあ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報ノースカロライナ州

一番狂っているのはインディアナか、ケンタッキーか、または・・・という土地。 Charlotte(シ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-アラバマ州

Tuscaloosa(タスカルーサ) アラバマ大学クリムゾンタイド 州最大の都市バーミンガムから

記事を読む

ad




ad




Bリーグ2017-2018-第11節を終えて

B1・第11節までの順位 8日金曜日の夜、NHK

渡邉雄太と八村塁の可能性は?-NBAドラフト2018-1.0

昨年は11月にNBAドラフト関連投稿を書いていましたが、1か月ほど遅れ

1位デューク、2位カンザスが敗戦-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week5>

NCAAバスケットボール最新ランキング *最新ランキング(E

ジョージワシントン、ゴンザガともに連勝!-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week4>

NCAAバスケットボール最新ランキング *ESPN TOP

シクサーズのスタッツチームはNEXT LEVELへ-NBAスタッツの未来

今回も記事要約(かなり意訳)です。 ますます「深く」なる、データ、ス

→もっと見る

PAGE TOP ↑