*

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ニューヨーク州

New York City(ニューヨークシティ)エリア

アメリカ東、南部で日本から直行便が出ているのはアトランタ、ワシントンDC、そして便が最も多いのがこのニューヨーク。いずれも成田からJFK空港へJAL、ANAのほか、アメリカンとユナイテッド。そしてニュージャージーのニューアーク空港へコンチネンタル航空が飛ばしている。

95号線、SOTHでフィラデルフィアへ2時間、NORTHでボストンへ4時間。

ニューヨーク・ニックス

1946年、NBAの前身、BAA(The Basketball Association of America)に参加したオリジナルの11チームの1つ。現存するのは他にセルティックスとウォーリアーズのみで、最も歴史がある球団といえる。5シーズン目の1951年に初めてファイナルに進出。ここではロチェスター・ロイヤルズに敗れ、翌’52年と’53年も決勝まで進むも、連続でレイカーズ(ミネアポリス)の前に沈んだ。セルティックスやウォーリアーズに先を越される中、チャンピオンシップをようやく手にしたのは1970年。レイカーズを下しての優勝であった。この時のメンバー、ウィリス・リード(19)やウォルト・フレイジャー(10)、ビル・ブラッドリー(24)らの#は永久欠番となっている。このあたりで黄金時代を築き、ジェリー・ルーカスやアール・モンローを得て、’73年にも再びレイカーズを退けて優勝した。’74年、カンファレンスファイナルまで進んだチームはセルティックスに敗退。ここでリードは引退した。以降、やや低迷したNBAきっての人気球団は、1985年にビル・ラッセルの再来といわれたパトリック・ユーイングをドラフトで指名。再びプレイオフを賑すこととなるが、’94年、’99年、それぞれロケッツ、スパーズにファイナルで敗れ、3度目のタイトル獲得には至っていない。新世紀に入ってからはプレイオフ出場がわずか2度という、寂しい状態が続いている。
Official Site

ホームは説明不要の聖地、マジソンスクエアガーデン。収容は2万人近い。マンッタンのど真ん中、現在の位置に移ったのは1968年から。

2009-2010年シーズンのアリーナ稼働率は98.7%(リーグ8位)。成績とは裏腹のこの数字はさすが人気球団。アウェイでも90%(同11位)と高い。

様々な鉄道が乗り入れるペンステーションが直結するガーデンへは車はおすすめしない。ここは公共交通機関で。郊外の、駅に近い場所に宿をとって、ゲームだけ鉄道というのもあり。マンハッタンの宿代は高い!
鉄道

ブルックリン・ネッツ

2012年、ニュージャージーからブルックリンへ移転。

1976年、ABAから移ってきたニューヨーク・ネッツが前身。*ロングアイランドを本拠としていたので、ブルックリンへはある意味里帰りとなる。翌’77年、ニュージャージーへやってきた。どうしても、どうしても、お隣の名門、ニックスの影に隠れてしまう。NBAでの成績は芳しくなく、プレイオフに出ても1回戦負けばかり。屈辱の歴史が続く中、2002年、2003年の連続でのファイナル進出は偉大な記録。それぞれレイカーズ、スパーズに敗れたものの、新世紀はニックス以上の成績をあげている。ABA時代にはドクターJ、そして初期にはダリル・ドーキンスやバック・ウィリアムス、オーティス・バードソングといった印象的な選手が在籍した。’90年代はじめはデリック・コールマンやケニー・アンダーソンをドラフトで指名するが、これは失敗。また、当時のユーゴスラビア出身のドラゼン・ペトロビッチという伝説的なスコアラーをトレードで得るも、ドイツでの交通事故死という不幸にも見舞われている。2000年にロッド・ソーンがフロント入りすると、コーチにバイロン・スコットを起用。ドラフトではケニョン・マーティンを獲得。翌2001年にスターガード、ジェイソン・キッドも加入。前記のファイナル進出までこぎつけた。その後ビンス・カーターも入ったが、チームは再び低迷。’09-10シーズンはわずか12勝という燦々たる成績だった。光明は見えない。が、デロン・ウィリアムウス、ジョー・ジョンソンに加え、ポール・ピアースとケビン・ガーネットが移籍。一気に優勝を狙えるチームとなった。
Official Site

セントジョーンズ大学レッドストーム

NYCのカレッジチームというと、まずセントジョーンズ大学(St.John’sUniversity,SJU)レッドストームがあげられるだろう。 ホールオブフェイマー、ルー・カーネセッカのコーチ引退後は弱体化が甚だしいが、NCAAトーナメント出場27回を数えるビッグイーストの名門。1952年の準優勝、そしてクリス・マリンやウォルター・ベリー、マーク・ジャクソン、ビル・ウェニントンといった選手を揃えて進出した、1985年のファイナルフォーが有名(ユーイングのジョージタウンにセミファイナルで敗退)。マリンが最も有名なOBだが、ニックスなどで活躍したポイントガードのディック、ミルウォーキーのマーケット大学をNCAA優勝に導くなどの名将、アルのマクガイア兄弟は、揃って殿堂入りを果たしている卒業生。1952年のチームをコーチしたフランク・マクガイアは兄弟とは関係がないが、二人をコーチ。やはりOBで、SJUの後にノースカロライナ大学を1957年NCAA初優勝に導いている(アシスタントにディーン・スミス)。近年のNBAではマリック・シーリーというフォワードがOBだが、1999年に事故死。その前には引退後に「色々もめた」強力リバウンダー、ジェイソン・ウィリアムス。現役選手ではロン・アーテスト(現メタ・ワールド・ピース)。2010年オフに元UCLAヘッドコーチでESPNコメンテイターのスティーブ・ラビンがコーチに就任。再建が期待されるが・・・。
Official Site

ホームは”基本的には”カーネセッカアリーナ。ロケーションはキャンパスがあるクイーンズで、JFK空港の北側。

1961年完成と雰囲気が素晴らしいが、収容が6,000人と小規模。より観客者数が見込める場合はMSGを使用。

コロンビア大学ライオンズ

一方、マンハッタンにあるディビジョンⅠスクールは、我らがKJ松井の母校でアイビーリーグのコロンビア大学(Columbia University、ライオンズ)。在籍した4シーズン、KJ悲願のNCAAトーナメント出場はならなかった。過去の出場は3回。1968年のベスト16が最高成績である。ペン、プリンストンの2強がやはり突出している。古豪ではあり、ヘンリー・ディナートというホールオブフェイマーがいる。6-1のフォワードで、NBA以前のプロリーグで活躍した。
Official Site

ホームはレビエンジム。収容3,400人ほどと小さい。残念ながら?観戦は難しくない。。。

West Point(ウェストポイント)

アーミー(陸軍士官学校)ブラックナイツ

ニューヨークシティエリアには他にもディビジョンⅠスクールがあるが、ここをあげておきたい。マンハッタンから30分ほど北上したところにある陸軍士官学校(Army、ブラックナイツ) 。エアフォース(コロラド州コロラドスプリングス)、ネイビー(メリーランド州アナポリス)の項で紹介したとおり、’80年代に3校揃って来日しての公式戦をおこなっている。3校のうちアーミーだけがNCAAトーナメントに出ていないが、「存在感」は十分。OBにコーチKこと、マイク・シャシェフスキーがいる。そして”コーチKをアーミーでコーチした”のがボビー・ナイト。師弟関係はあまりにも有名。シャシェフスキーもアーミーでのコーチ経験後、デュークへ移った。
Official Site

ホームはクリストルアリーナ。収容5千人ほどで、同じペイトリオットリーグに属するネイビーとのゲームは観戦難易度高し。

ニューヨークの高校バスケットボール

アメリカで最も人口の多い町、ニューヨーク。当然NY出身のスター選手は多い。数え切れない。
高校も多種多様だが、ナイキのバスケットボールシューズにもエクスクルシブカラーが存在するライスやクリスト・ザ・キング、そしてセントレイモンズあたりは有名
(しかしNBAではなかなか成功できないジンクスも)。あとはカリーム・アブドル・ジャバーを筆頭に、レン・エルモアやマリオ・エリーを出したパワーメモリアル。ステファンをはじめとしたマーブリー兄弟やその従兄弟のセバスチャン・テルファー、ランス・スティーブンソンらを出したコニーアイランドのリンカーン(ここもプロキャリアが弱い)。クイーンズではSJUのあるジャマイカのアーチビショップ・モロイが、ケニー・アンダーソンとケニー・スミスの両PGを輩出している。
レンティングカーズが選ばれる4つの理由
1.世界のレンタカーブランドを一括検索・比較できます
2.どこよりお得な最安値をご案内します。
3.いつでも無料で変更や取り消しができます。
4.日本払い、現地払いが選べます。

Syracuse(シラキュース)

ニューヨーク「州」にあるが、東南端のいわゆるニューヨークシティエリアからは84号WESTと81号NORTHを乗り継いで5時間弱かかってしまう。90号WEST、バッファロー経由でクリーブランドまでは6時間。

シラキュース大学オレンジ

人口20万弱の大学町。私立シラキュース大学(Syracuse University,Cuse、オレンジ)の所在地。 2003年、フレッシュマンにしてCuseをNCAA初優勝に導いたカーメロ・アンソニーの母校として、日本でも知られる。1979年のビッグイースト発足当時からのメンバー(現在はACCへ)で、トーナメント出場36回は全米ベスト10に入るほどの名門。1987年にデリック・コールマンやロニー・サイカリー、’96年にはジョン・ウォレスなどを軸に決勝まで進んでいるがいずれも敗れ、万年強豪校のままであると思われたが、2003年は名物コーチ、ジム・ベイハイムの十八番、2-3ゾーンが恐ろしいほど機能。カーメロのほか、ハキム・ウォリックという運動能力抜群のプレイヤーも揃い、第3シードからチャンピオンシップを獲得した。
やはり古豪で、デトロイトなどで活躍したガード、デイブ・ビングというホールオブフェイマーがOBにいる。現役ではミネソタのジョニー・フリンとウェスリー・ジョンソン。少し前ならビリー・オウエンスあたりが有名か。日本でも活躍したスウィングマン、スティーブン・トンプソンはコールマンの同期で、’87年準優勝チームのメンバー。NFLのスターQB、ドノバン・マクナブもOBで、バスケットボールチームにも在籍した。ほか、マイケル・ジョーダンをはじめとしたスター選手のエージェントとして暗躍?したデビッド・フォークも。
Official Site

Cuseのホームは必見。フットボールチームと 共用だが、キャパシティが全米一のキャリアドームである。バスケットボールゲームなら約3万人を飲み込むこのお化け施設は、到底大学のものとは思えない。しかも人気チームゆえに、毎ゲームそれなりに満員に近くなるのも驚異的。*基本、座席にこだわらなければ、よほどでないとチケット入手は可能。

 

Ithaca(イサカ)

コーネル大学ビッグレッド

シラキュースから81号線を南下。コートランドという町で下りて南西へ進み、計1時間半ほど。フリーウェイも走っていない田舎町にアイビーリーグの一員、コーネル大学(Cornell University、ビッグレッド)のあるイサカに着く。

2010年、NCAAベスト16に進む快進撃により、一躍名をはせた学校。が、トーナメント出場回数はわずか5回で、やはりペン、プリンストンの2強に遅れをとってきた。
Official Site

ホームはニューマンアリーナで、収容は約4,500人。(なかなかないが)2010年のように強くなってしまうとチケット入手が難しい。やはり美しいキャンパス。

Albany(オルバニー)

ニューヨーク州都。シラキュースから90号線EASTで2時間半。そのまま90号で東へ進むとボストン(途中のスプリングフィールドへは1時間半)、87号南下でニューヨークシティ。それぞれ3時間弱で着く。87号を北上すると、カナダのモントリオールまで4時間という立地。

NCAAのディビジョンⅠプログラムが2つ。

シエナ大学セインツ

まずは町の北隣、ニュートンビルにあるシエナ大学(Siena College)セインツ。MAACというカンファレンスに属し、NCAAトーナメント出場は6回。
Official Site

ホームは1990年完成のタイムズユニオンセンター。キャンパスではなく、
オルバニーダウンタウンにある、15,500人収容の立派なアリーナ。

オルバニー大学グレートデンズ

もう一校はアメリカイーストカンファレンス所属のオルバニー大学(StateUniversity New York,Albany)グレートデンズ。トーナメント出場は2006、2007、そして2013年の3回のみ。
Official Site
ホームはSEFCUアリーナで収容4,500人ほど。

Buffalo(バッファロー)エリア

人口30万人ほどで、州北西端、カナダ国境にあるナイアガラの滝への玄関口。当然ニューヨークシティは遠いが(7時間半)、エリー湖に沿った90号線WESTでオハイオ州クリーブランドへ3時間ちょっと。ペンシルバニア州ピッツバーグへはエリー経由で南下3時間半。そして目の前のカナダ国境を越えて、トロントへ2時間弱で行ける。

NFLビルズが有名だが、現在NBA球団はなし。

カニーシェス大学ゴールデングリフィンズ

NCAAディビジョンⅠは、小規模私立、カニーシェス大学(Canisius College、ゴールデングリフィンズ)。NCAAトーナメントに4度出場している、MAAC(Metro Atlantic Athletic Conference)のメンバー。土地柄もあって、バスケットボール以上と言っていい人気スポーツはアイスホッケー。’80年代にNBAにも在籍した7フッターのカナダ人、マイク・スマークの母校。Official Site
ホームはダウンタウンに近い、北東キャンパス内、クースラーセンター。収容2千人強の小さいアリーナ。

バッファロー大学ブルズ

続いてはブルズ(バッファロー大学、State University of New York,Buffalo)。ビルズと違って知名度は低く、NCAAトーナメント出場経験なし。中堅ながら渋いカンファレンス、MACにニューヨーク州から唯一参加している。今後も出場は難しそうだ。
Official Site

ホームはオルムニアリーナ。収容は8,000人を超える。キャンパスはダウンタウンから離れた北東郊外。

ナイアガラ大学パープルイーグルス

バッファローから北へ数十分進んだところにある”新婚旅行地”、ナイアガラフォールズにもディビジョンⅠ。ナイアガラ大学(Niagara University,NU、パープルイーグルス)である。 カニーシェスと同じく小さい私立校で、MAAC所属。NCAAトーナメントに3度出場している。1970年にベスト16進出。この立役者が5-9のPGでホールオブフェイマー、後にロケッツでも大活躍するカルビン・マーフィー。
Official Site

ホームはギャラハーセンターで収容2,400人とやはり小さい。が、MAACのゲームも雰囲気が良い。ラプターズのゲームとナイアガラ観光が一緒にできて、狙い目。

ad




関連記事

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ミネソタ州

Minneapolis(ミネアポリス) 成田からノースウェストの直行便あり。冬は極寒。ドライブ注意

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-カナダ・オンタリオ州(トロント)

言うまでもなく・・・冬の運転注意! Ontario オンタリオ州 Toronto(トロント)

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ルイジアナ州

New Orleans(ニューオーリンズ) ハリケーンで壊滅的な被害を受けるも復興中。町の西方にル

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ケンタッキー州

バスケットボール狂の地。 Lexington(レキシントン) ケンタッキー大学ワイルドキャッツ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ネブラスカ州

Omaha(オマハ) 州最大の都市。NCAA野球、カレッジワールドシリーズが有名。ミズーリ川沿

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-フロリダ州

マイアミ、オーランドも含めて、日本からの直行便が飛んでいる都市は無い。フットボール&ベースボール王国

記事を読む

NBAオールスター2017@ニューオーリンズ観戦(妄想、笑)

目前に迫ってきた2017年のNBAオールスター(NBAジャパンのサイト)。 NBAのスター中のスタ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ジョージア州

Atlanta(アトランタ) 南部の首都と言われる都市。デルタ航空のハブで、成田からの直行便あり。

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-テネシー州

Memphis(メンフィス) テネシー州最大の都市。グリズリーズのホームアリーナでわかるとおり、フ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ミズーリ州

カンザスシティからキングスが去って25年。もう一方の大都市セントルイスも含めてプロチームに縁がないが

記事を読む

ad




ad




Bリーグ2017-2018-第11節を終えて

B1・第11節までの順位 8日金曜日の夜、NHK

渡邉雄太と八村塁の可能性は?-NBAドラフト2018-1.0

昨年は11月にNBAドラフト関連投稿を書いていましたが、1か月ほど遅れ

1位デューク、2位カンザスが敗戦-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week5>

NCAAバスケットボール最新ランキング *最新ランキング(E

ジョージワシントン、ゴンザガともに連勝!-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week4>

NCAAバスケットボール最新ランキング *ESPN TOP

シクサーズのスタッツチームはNEXT LEVELへ-NBAスタッツの未来

今回も記事要約(かなり意訳)です。 ますます「深く」なる、データ、ス

→もっと見る

PAGE TOP ↑