*

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ペンシルバニア州

Philadelphia(フィラデルフィア)エリア

東海岸ではニューヨークに次ぐ大都市だが、日本からの直行便はなし。
ボストンと同じく大学が多い、文教の町。州東南端に位置し、ニュージャージー、デラウェアとの州境にある。95号線で、南はワシントンDCへ3時間、北はニューヨークへ2時間。州第2の都市、西方のピッツバーグは遠く、76号WEST(有料のペンシルバニアターンパイク)で5時間半かかる。

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

1949年、ABLから加入したシラキュース・ナショナルズが前身。ウォーリアーズが西海岸に移った翌年の1963年、フィラデルフィアにやってきて、セブンティシクサーズが誕生。最初のシーズンにいきなりファイナルまで進んだほか、3度の優勝、6度の準優勝を誇る名門球団。
当初からなんと22年連続でプレイオフに出場し、レイカーズ、ニックス、そしてセルティックスあたりと激しく争ってきた。初優勝は1955年で、当時のエースはビッグマン、ドルフ・シェイズ。*息子ダニーも地元シラキュース大学卒業後、NBAで活躍した。
2度目の優勝は1967年。散々ボストンに苦杯をなめてきたが、ウィルト・チェンバレンやのちにコーチとしても活躍するビリー・カニンガムらによって、ファイナルでは因縁の相手、サンフランシスコ・ウォーリアーズを4勝2敗で退けた。その後は再び優勝から遠ざかるが、1983年、カニンガムがコーチとして、モーゼス・マローン、ボビー・ジョーンズ、モーリス・チークス、アンドリュー・トウニー、そして”レジェンド”ジュリアス・アービングらを率い、レイカーズをファイナルでスイープ。3度目の優勝を達成した。その後は1984年にチャールズ・バークリーというフランチャイズプレイヤーを獲得。何とかプレイオフに踏みとどまるが、バークリーがフェニックスに
移籍した後は、球団史上最悪の7年連続ポストシーズンなし。ジョージタウン大学よりアレン・アイバーソンを得、2001年にNBAファイナルまで進出するも、以降、やや低迷のまま現在に至っている。
Official Site

ホームはウェルズファーゴセンター。1996年完成。収容2万人を超える大規模施設。

チームの成績を反映し、観戦難易度は70%でNBA全体で29位に沈む
アウェイでは88%で同18位と健闘

ダウンタウンの南のはずれ、空港に近く、デラウェア川付近。MLBフィリーズ、NFLイーグルスのホームスタジアムなどとともにスポーツ施設が集まるエリアで、広大な駐車場を擁するのが有難い。隣接するかつてのホーム、名物施設のザ・スペクトラムも是非訪れるべき。

 

ペンシルバニア大学クエーカーズ

玄人の?バスケットボールファンにとって、フィラデルフィアは聖地。シクサーズがやはりリーグ有数の伝統球団であることも一因だが、何と言ってもカレッジバスケットボール。フィラデルフィアビッグ5と呼ばれる名門校が存在する。

まずはアイビーリーグの一角、ペンシルバニア大学(University ofPennsylvania,Penn、クエーカーズ)。ニックネームからもわかるとおり、私立だが市民の誇りとなる大学。学業が優秀なのは言うまでもないが、バスケットボールも名門。長らく、アイビー内ではプリンストン大学と2強を形成してきた。ペンが23回、プリンストンが24回のNCAAトーナメント進出を果たしている。1971年にベスト8、そして’79年にファイナルフォーに進出。’79年はセミファイナルでマジック・ジョンソン率いるミシガンステイトに敗れている。この2度の快挙は奇跡。OBではマット・マロニーが日本でも有名か。身体能力のない彼が、ヒューストン・ロケッツでチームメイトだった”former sixer”バークリーに可愛がられたのは偶然か。現ヘッドコーチはそのマロニーとともに、現役時代にバックコートコンビを組んだジェローム・アレン。
Official Site

ダウンタウンにキャンパスのあるペンのホーム、ザ・パレストラは、人によってはマジソンスクエアガーデン以上の聖地。その造りもあって、バスケットボールカテドラル(聖堂)と呼ばれている。1927年完成で、収容は1万人までOK。駐車場が大変だが、ここは、ここだけは、たとえシクサーズがコービーやレブロンを迎えるというゲームを見逃しても、訪れてほしい。

ビッグ5はカンファレンスが全て同じではないが毎年ゲームが行われる。それぞれ自前のアリーナを持つが、ビッグ5の対戦は主にパレストラで行われる。

 

ビラノバ大学ワイルドキャッツ

続いてフィリー北西郊外にある私立校、ビラノバ大学(Villanova University,NOVA、ワイルドキャッツ)。トーナメント出場32回で、1985年にはNCAAチャンピオンに輝いた、成績ではビッグ5ナンバーワンの強豪校。ビッグイーストに所属し、同カンファレンスのジョージタウン大学との決勝となった’85年ファイナルは、史上最大の番狂わせと言われる伝説的ゲーム。*NOVAのフィールドゴール%が78.57!。
OBではまずポウル・エイリジン。地元フィラデルフィア・ウォーリアーズ(現ゴールデンステイト)で暴れまわったホールオブフェイマー。
現役NBAでスターはいないが、ティム・トーマスは息の長い選手。ほかにトロントで地味に活躍したアルビン・ウィリアムスや、福岡ユニバとNBAジャパンゲームで来日したケリー・キトルスなど。現コーチ、ジェイ・ライトは名将。強豪プログラムとして認知されている。
Official Site

ウィザーズとジョージタウンの関係に似ており、シクサーズのウェルズファーゴセンターをホームとして使用。キャンパス内にもアリーナを持っており、優勝した翌年にザ・パビリオンを建設。6,500人とキャパシティが少ないのは、パレストラを使用することも多いから。強豪校相手で、より多くのチケット収入が見込まれる場合、ウェルズファーフォセンターが使われる。

テンプル大学オウルズ

3つ目はテンプル大学(Temple University、オウルズ)。ビッグ5唯一のマンモス州立大学で、日本にもキャンパスがあることで有名。
アトランティック10に所属し、総合的な成績ではNOVAに次ぐ強豪。NCAAトーナメント出場は31回。古豪で、1956年と’58年にファイナルフォーに進出。エイトにも5回出ているが、 もう一歩壁を破れないでいる印象。ジョン・チェイニーという、黒人の名物コーチが長らく率いたが、引退後はビッグ5のペンからフラン・ダンフィーを招き、引継ぎをスムースにおこなった。OBで有名なのは1993年エリート8のメンバー、エディ・ジョーンズ。そしてそのチームメイト、アーロン・マッキー。ほかにアルゼンチン代表PGとして活躍したペペ・サンチェスなど。
Official Site

ホームは1997年完成のリアコーラスセンター。10,000人ほどの収容。バスケットボールが看板スポーツであることがわかる。ダウンタウンの北側にキャンパス。

セントジョセフ大学ホークス

4校目はセントジョセフ大学(St.Joseph’s University,St.Joe.、ホークス)。ダウンタウン西郊外にキャンパスを持つ私立校。テンプルと同じアトランティック10所属で、NCAAトーナメント出場18回の強豪。やはり伝統校で、1961年のファイナルフォーが最高成績。最近ではジャミア・ネルソンとデロンテ・ウェストのバックコートを軸にベスト8まで残った2004年のチームが記憶に新しい。ジャック・ラムジーなど多くの名将が率いたプログラムだが、’95年に就任した現コーチ、フィル・マーテリもかなりの名コーチ。
Official Site
ホームはヘイガンアリーナ。最近改装し、キャパを増やしたのだが収容4,200人。成績が良いので、応援の熱狂度に拍車がかかっており、チケット入手は(相手にも夜が)困難な状況。 6,000は欲しかった。。。

ラサール大学エクスプロアーズ

ビッグ5最後はラサール大学(La Salle University、エクスプロアーズ)。やはりアトランティック10所属の古豪で、1954年のNCAA優勝校。翌’55年も準優勝。低迷していたが、2013年の躍進は記憶に新しい。優勝の立役者はホームアリーナの名前にもなっているホールオブフェイマー、トム・ゴーラ。卒業後はやはり地元ウォーリアーズで活躍した。現役NBAではラシュアル・バトラー。最後の黄金期?メンバーではライオネル・シモンズやダグ・オーバートン。そしてコービー・ブライアントの父ジョーもOB。コービーも”一応”進学先リストの中に入れていた。。。
Official Site
ホーム、トムゴーラアリーナは4,000人収容。キャンパスは北郊外にあり。

フィラデルフィアの高校バスケットボール

フィリーももちろんスター名産地。
最近有名なのはセントジョーの近くにあるエピスコパルアカデミー。ペンの現コーチ、ジェローム・アレンのほか、UNCの2009年優勝メンバー、ウェイン・エリントンと、同期でデュークに進んだジェラルド・ヘンダーソンを輩出。そしてラシュアル・バトラーとシートンホール大学に進んだ故エディ・グリフィンの母校、ローマンカトリック。さらにアーロン・マッキーとラシード・ウォレスを生んだサイモングラッツ。古いところではコービー父ジョーとアール・モンローの母校、ジョンバートラム。ウィルト・チェンバレンの母校、オーバーブルックはマリック・ローズの母校でもある。
レンティングカーズが選ばれる4つの理由
1.世界のレンタカーブランドを一括検索・比較できます
2.どこよりお得な最安値をご案内します。
3.いつでも無料で変更や取り消しができます。
4.日本払い、現地払いが選べます。


Pittsburgh(ピッツバーグ)

東西に細長い州の西部にあり、東端フィラデルフィアとは遠く離れた第2の都市。オハイオとの州境が近く、76号と80号西行きでクリーブランドまで2時間半で着く。オハイオ州都コロンバスへは70号で3時間ほど。また、79号線で南下すると、ウェストバージニア大学のあるモーガンタウンへ1時間半で着く。MLBパイレーツ、NFLスティーラーズの本拠地だが、NBAは無し。

ピッツバーグ大学パンサーズ

ビッグイースト所属の強豪、ピッツバーグ 大学(University of Pittsburgh,Pitt、パンサーズ)がバスケットボールの中心。こちらも創部100年を超えた古豪。ビッグイーストには1980年代初めに加入している。*2013-14よりACC
NCAAトーナメント出場は24回。2000年代に入り、より強化された印象。が、ファイナルフォー進出の壁は厚く、初出場の1941年以来進めていない。’90年代はやや低迷期であったが、前UCLAコーチのベン・ハウランドが見事な再建。弟子のジェイミー・ディクソンがうまく引き継ぎ、素晴らしいプログラムを維持している。NBAでの現役OBでは、巨漢デュアン・ブレアが注目されるが、プロとして成功できる選手がやや少ない。1986年のスペイン世界選手権の優勝メンバーで、クリッパーズやニックスなどで活躍したビッグマン、チャールズ・スミスもOB。ほか、地元ペンシルバニア州の出身で、現在アリゾナ大学で指揮をとる若き名将、ショーン・ミラーもPGとして活躍した。ビッグイーストの新人王も獲得した好ガードであった。
BIG EAST時代含め、地理的に、ウェストバージニア大学とライバル関係にある。
Official Site

ホームはピーターセンイベンツセンター。2002年完成と新しく、収容は12,500人。最近強いので、ACCなどの強豪校が相手だとチケット入手が難しい。ダウンタウン東方のキャンパス内にあり。

デュケーン大学デュークス

もう一校はデュケーン大学(Duquesne University、デュークス)。アトランティック10所属の古豪私立だが、1977年を最後にNCAAトーナメントに進めていない。最近ではジャーニーマンのガード、マイク・ジェイムスがNBAでも活躍した。
Official Site
ホームはパランボセンター。ダウンタウンのすぐ東にあるキャンパス内。6,200人収容と小規模だが、問題なく観戦できる。Pittの人気とは対照的。

State College(ステイトカレッジ)

ペンステイト(ペンシルバニアステイト大学)ニッタニーライオンズ

州のほぼ中央に位置する田舎の大学町。人口は5万人にも満たない。大都市とのアクセスが非常に悪く、フィラデルフィア、ピッツバーグから4,5時間かかる。

この田舎町に、マンモス大学、ペンシルバニアステイト大学(Pennsylvania State University,Penn State,PSU、ニッタニーライオンズ)がある。ビッグテン所属で、全米優勝も果たしているフットボールがあまりにも有名。スタジアムはなんと10万人を超える収容。比較してバスケットボールは旗色悪いが、NCAAトーナメント出場は9回。1954年にはファイナルフォーへ進出している。*ペンシルバニア州のカレッジは古豪が目立つ。
OBにはジョン・アメチやカルビン・ブース。そして日本でも大活躍したトム・ホーバスなど。ビッグテンには1990年に「11校目」として
加入。フープではさすがに苦戦。
Official Site
ホームは1995年完成のブライスジョーダンセンター。15,000人ほど収容。相手にもよるが、そこまで観戦難易度は高くない。とにかくキャンパスまで辿り着くまでが不便。

Erie(エリー)

文字通り、五大湖の一つエリー湖畔にある、州北西端に位置する町。人口は10万人ほど。79号線南下、2時間弱でピッツバーグ。エリー湖沿いの90号、西行きでオハイオ州クリーブランド、東行きでニューヨーク州バッファローへそれぞれ1時間半ほどで着く。

ここにあるのはキャブスとラプターズの下部組織、エリー・ベイホークス。
オフィシャルサイト

ホーム、テュリオアリーナは5,500人ほどの収容。

ad




関連記事

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ウェストバージニア州

Morgantown(モーガンタウン) ウェストバージニア大学マウンテニアーズ マウンテインステ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ミネソタ州

Minneapolis(ミネアポリス) 成田からノースウェストの直行便あり。冬は極寒。ドライブ注意

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ネバダ州

訪れるべきは、ラスベガスとリノ。この2つだけ。 Las Vegas(ラスベガス) JALの直行便

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-デラウェア州

<編集中>

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報について【WatchLive】

今のところ、アメリカでのバスケットボール観戦に関する情報を載せています。随時アップデートするつもりで

記事を読む

八村選手が目指すゴンザガ大学。

高校バスケ界のスター、八村選手。 ご存知の通り、ゴンザガ大学への進学希望を表明しました。

記事を読む

NCAAカレッジバスケットボールトーナメント2016

NCAAカレッジバスケットボールトーナメント 今年もこの時がやってきました。 出場68校はセレク

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-オレゴン州

NIKEのお膝元。バスケットボールは盛んと言える。 Portland(ポートランド)エリア シア

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-カンザス州

Lawrence(ロウレンス) カンザス大学ジェイホークス カンザスシティから70号線で西へ30

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報ノースカロライナ州

一番狂っているのはインディアナか、ケンタッキーか、または・・・という土地。 Charlotte(シ

記事を読む

ad




ad




タヒロウ・ディアベイト(帝京長岡高校出身)とポートランド大学

全米注目?タヒロウ・ディアベイト 複数のアメリカ人コーチとテキストメ

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B2

→B1の新外国人選手 B1に続き、今回はB2。注

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B1

↓2016-2017-Bリーグ初年度の外国人について

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン⑤5位~1位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ここ

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン④10位~6位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ここ

→もっと見る

PAGE TOP ↑