*

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ワシントンDC

成田から、全日空・ユナイテッドなどの直行便あり。DCエリアにはダウンタウンに最も近く、ポトマック川に面したロナルドリーガンや、北東1時間弱にあるポルティモアにも国際空港があるが、一般的には東方数十分の距離にあるダレス空港を使用するケースが多い。

陸路であれば、東海岸の大動脈95号線NORTHで、フィラデルフィアまで3時間弱。さらに北のニューヨークシティまでは5時間かかる。他の大都市では、ピッツバーグへ70号WESTで4時間半ほど。

ワシントン・ウィザーズ

1961年創設のシカゴ・パッカーズが前身。*ブルズは’66年に誕生。

’63年にボルティモアへ移転し、ブレッツと改名した。’73年にはDCにほど近い、メリーランド州ランドオーバーに移り、 キャピタル・ブレッツ、翌’74年にワシントン・ブレッツとなった。そして1997年、暴力的イメージを連想させるとして、ニックネームは再び変わり、ウィザーズに。現在に至っている。

1978年に優勝、ほか3度の準優勝に輝く名門。が、’79年を最後に、30年ほどカンファレンスファイナルにさえ進めていない。

’78年をピークに創設当初に好成績を収めてきた。’67年にアール・モンロー、’68年にウェス・アンセルドという、後のホールオブフェイマーをドラフトで獲得。プレイオフをにぎわせた。その後モンローはニックスへ出すが、ロケッツからエルビン・ヘイズを得た。優勝時のレギュラーシーズンはわずか44勝で奇跡的な快挙。DCのプロスポーツ史上初のチャンピオンシップをもたらした。連覇を狙った’79年もファイナルまで進むが、ソニックスにリベンジされている。

その後は取りつかれたようにロスターが定まらず、成績が下降。プレイオフに出ても1回戦負けが続く、長い低迷。キャリア晩年のマイケル・ジョーダンまでも含んだ多くの選手が在籍したが、好成績は得られなかった。

2005年、なんと23年ぶりにカンファレンスセミファイナルまで進んだが、その後のフランチャイズプレイヤー、ギルバート・アリーナスのスキャンダルは周知のとおり。

2010年ドラフトNO1ピック、ジョン・ウォールに再建の期待がかかる。
Official Site

ホームはベライゾンセンター。1997年完成で、20,672人収容。

ダウンタウンのど真ん中に立地。駅(ギャラリープレイス-チャイナタウン)が直結なので、ここは地下鉄利用がおすすめ。レッド、イエロー、そしてグリーンの3線が乗り入れて便利。宿をレッドライン沿いで、北側のカレッジパーク(メリーランド大学)やロックビル(モントロススクール)あたりに取ると面白い。


大きな地図で見る

ウィザーズの観戦難易度はベライゾンセンターで、80.3%で全体24位と低い。アウェイでも86.1%で25位と低迷。アリーナスの影響か。

ジョージタウン大学ホーヤス

ウィザーズとともにアリーナを共有してきたのが超強豪校、ジョージタウン大学(Georgetown University、ホーヤス)。シーズンの成績や対戦相手校にもよるが、しばしばウィザーズ以上の観客動員をやってのける、全米いや世界的に有名な名門。最も有名なOBはホールオブフェイマーのパトリック・ユーイングか。現役ならそのキャリアを終えようとしているアレン・アイバーソンか。NCAAトーナメント出場26回、優勝1回、準優勝3回という、数字以上の存在感を示してきた。歴史のあるプログラムだが、強豪に育て上げたのはプロビデンスカレッジ出身で、NBAセルティックスではビル・ラッセルのバックアップをつとめたビッグマン、ジョン・トンプソン。1972年から’99年までコーチした。黄金時代はやはりユーイング在籍時。1年生の1982年はNCAA決勝でノースカロライナ大学に敗退。2年生時は早々に敗退したが、3年生時に優勝。最終学年、’85年も決勝に進んだが、ビラノバ大学に歴史的なアップセットを喫した。4年間で3度のNCAAファイナル進出。彼の後に出てきた7フッターの本格派センターは、デビッド・ロビンソン、シャキール・オニールくらいしか浮かばない。他のOBは現役でジェフ・グリーン、ロイ・ヒバートに、ユーイングJr.の2007年ファイルフォートリオ。あとはディケンベ・ムトンボ、アロンゾ・モーニングあたりが有名。現コーチはジョン・トンプソンⅢ。もちろん、息子である。プリンストン大学の出身で、有名なプリンストンオフェンスを持ち込んで成功している。
Official Site

ホームはウィザーズと同じベライゾンセンター。実力、人気とも現在のアメリカではNO1といわれるビッグイースト所属のため、相手によってはチケット入手が非常に難しい。*2013年よりカンファレンス再編により変化あり キャンパスはダウンタウン西方に位置する。学業レベルが高いことで知られる名門校でもある。こちらには2,500人収容の元ホーム、マクダナージムナジウムがあり、現在は主に練習に使用される。1951年完成と歴史ある建物で、(練習は非公開の確率が高いが)訪れる価値は十分。

ジョージワシントン大学コロニアルズ

続いてジョージワシントン大学(George Washington University,GW、コロニアルズ)。こちらはアトランティック10所属の中堅校。トーナメント出場は10回。留学生が多いのが特徴で、ナイジェリア人の7フッター、故インカ・デアの母校。現コーチはカール・ホブス。コネティカット大学で選手、アシスタントコーチとして活躍。レイ・アレンを育て上げたのは彼だと言われており、ホブス主催のキャンプなどにはアレンが顔を出すことも。最近やや低迷気味。*2014年1月現在のHCはマイク・ロナーガン。良いコーチ。
Official Site

ホームはスミスセンターで、収容5,000人。キャンパス内で、ホワイトハウスのすぐ西側にあるという立地。



アメリカン大学イーグルス

そしてアメリカン大学(American University、イーグルス)。トーナメント出場2回。NavyやArmyと同じ、ペイトリオットリーグというカンファンレンスの所属。

バージニア州の項で紹介したジョージメイソン含め、このあたりのカレッジは地下鉄で周る方が効率的。宿を郊外にとって、上手に訪問したい。

路線図

ad




関連記事

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-インディアナ州

州面積が38番目の大きさと、広くはないが紹介すべき町が多い。アメリカで一、二を争うバスケットボール狂

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-アイオワ州

Iowa City(アイオワシティ) アイオワ州都デモインから80号線を東へ2時間ほど。アイオ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-カリフォルニア州

アラスカ、テキサスに次いで、州面積が3番目に広いカリフォルニアは、サンフランシスコベイエリアを中心と

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-コロラド州

スキーリゾートのイメージが強いものの、デンバーを中心にバスケットボールもなかなか。最近のベストプロダ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-イリノイ州

シカゴエリア 成田からJALやユナイテッドの直行便がある。ここも寒い。運転注意。もちろんユナイテッ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ミシシッピ州

ミシシッピも好プレイヤーの名産地。が、高校卒業後に選手を州内につなぎとめておくべきカレッジの奮闘が期

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ミネソタ州

Minneapolis(ミネアポリス) 成田からノースウェストの直行便あり。冬は極寒。ドライブ注意

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-アイダホ州

Boise(ボイジ) 西部にというよりアメリカに多い陸の孤島。ユタ州ソルトレイクシティが 5

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報について

というか、都市別情報になっちゃってますが、一通り。 右側に検索窓がありますので、都市名、地名(

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-オクラホマ州

Oklahoma City(オクラホマシティ)エリア ダラスから3時間、カンザスシティから5時間半

記事を読む

ad




ad




Bリーグ2017-2018-第11節を終えて

B1・第11節までの順位 8日金曜日の夜、NHK

渡邉雄太と八村塁の可能性は?-NBAドラフト2018-1.0

昨年は11月にNBAドラフト関連投稿を書いていましたが、1か月ほど遅れ

1位デューク、2位カンザスが敗戦-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week5>

NCAAバスケットボール最新ランキング *最新ランキング(E

ジョージワシントン、ゴンザガともに連勝!-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week4>

NCAAバスケットボール最新ランキング *ESPN TOP

シクサーズのスタッツチームはNEXT LEVELへ-NBAスタッツの未来

今回も記事要約(かなり意訳)です。 ますます「深く」なる、データ、ス

→もっと見る

PAGE TOP ↑