NCAA(大学)

須藤タイレル拓選手がNCAA・D1ノーザンイリノイ大学にコミット!

更新日:

須藤タイレル拓選手、ノーザンイリノイ大学への進学を表明です!

   

15人目の、日本人NCAAディビジョン1バスケットボール選手。

>日本人D1選手一覧

   

須藤タイレル拓選手、ノーザンイリノイ大学へコミット

   

2021年12月11日ノーザンイリノイ大学がオファー
2022年2月26日コロラドステイト大学がオファー
※※※※※※
〃 3月2日須藤選手がノーザンイリノイ大学にコミット

   

※※※須藤タイレル拓選手がコロラドステイトからオファーを受け、ノーザンイリノイにコミットするまで、悩んだ様子もうかがえました。

   

ノーザンイリノイ大学(Northern Illinois University,NIU)概要

タイプ公立
ロケーションイリノイ州デカルブ

   

   

ニックネームハスキーズ
チームカラー・スクールカラー赤、黒
カンファレンスミッドアメリカンカンファレンス(MAC)
バスケットボールアリーナコンボケーションセンター(10,000人収容)
フットボールスタジアムハスキースタジアム(23,595人収容)
オフィシャルサプライヤーアディダス(2022年3月時点)

   

インパクトのあるコート

   

ノーザンイリノイ大学のバスケットボール

>公式サイト

   

NCAAディビジョン1全体でのポジションは、ミッドメジャー下位。

NCAAトーナメント出場は3回だけで、そのトーナメントでの勝利はありません。

しかし、所属するMAC(ミッドアメリカンカンファレンス)は名門。

ビッグテンと重なるエリア、ミシガン州、オハイオ州、インディアナ州、そしてイリノイ州あたりの中堅校が集まるこのカンファレンスは、たびたびハイメジャーを脅かすことがあります。

リーグのレベルが高いがゆえに、ノーザンイリノイはなかなかNCAAトーナメント出場を果たせない。

メンバーの1つ、ロンハーパーやジュリアンマブンガらを輩出した公立の雄・マイアミ大学(オハイオ州)あたりは特に有名です。

   

ノーザンイリノイ大学出身のNBA選手

ほぼいません。

転出組で有名なのがケニーバトル。州ナンバーワン校・イリノイ大学に移り、1989年に、ニックアンダーソンやスティーブンバード、ケンドールギルらとファイナルフォーに進出しています。

近年では、エジプト出身のアブデルネイダーが、アイオワステイトへの転校を経てNBA入り。

   

NIUヘッドコーチ、ラショーンブルーノ

44歳と若いブルーノは、今季2021-2022シーズンにノーザンイリノイ大学でヘッドコーチデビューを果たしたばかり。>Bio

シカゴのディポール大学で選手として活躍しており、2000年に、"Q"ことクエンティンリチャードソン、ボビーシモンズ、そしてスティーブンハンターらとともに、NCAAトーナメントへ出場しています。

出身はニュージャージーで、地元の伝説的なハイスクール、セントアンソニーへ進んでいます。

この高校の殿堂入りコーチ、ボブハーリーの息子で、やはり同高校からデュークへ進んだのがボビーハーリー。彼がヘッドコーチを務めるハイメジャー、アリゾナステイトで、2015年からアシスタントをしていたのがブルーノです。

その前4季は、フロリダ大学でビリードノバンのアシスタントを務めたということですから、それなりの経歴の持ち主であるとは言えます。

   

ヘッドコーチデビューの今季は9勝21敗。

まぁこんなところ、合格点と言えるのではないでしょうか。

   

須藤選手が、ブルーノのこれまでの経歴、そして若さや可能性などに惹かれた面はあると思います。

   

ノーザンイリノイ大学バスケットボールの未来と須藤タイレル拓選手

正直に書きます。

もったいない。

著名リクルーティングアナリストが、「残り少ないPGの中で、最大のスリーパーの1人だった」とまで評した須藤タイレル拓選手は、間違いなくハイメジャーの器。

   

ただこれは、逆に言えば、来季2022-2023のフレッシュマンシーズンから、圧倒的な活躍が期待できるということでもあります。

>ノーザンイリノイのチャート

   

須藤選手が、1年生時から暴れまわり、ノーザンイリノイをおおよそ30年ぶりにNCAAトーナメントに導く姿が今から楽しみです!

   

>>前回投稿

ad




ad




-NCAA(大学)
-, ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.