日本代表/FIBA

FIBAワールドカップ-Go for 2023

投稿日:

FIBAが2023年ワールドカップの日程を発表

個人的に、オリンピックより楽しみなイベントです。

フィリピン、インドネシア、そして日本による共催、2023年FIBAワールドカップのスケジュールが先日発表されました。

日本協会によるリリース

詳細はまだですが、期間は8月25日(金)~9月10日(日)

沖縄アリーナ!

私はBリーグにすれば全くお呼びではない層(笑)ですので、どんなに快適で大きくとも、新しいアリーナにはほぼ興味を示さないタチの人間ですが、2020年秋完成予定とされる、沖縄アリーナにはぜひ行ってみたいと思っています。

決勝トーナメント以降はフィリピン(マニラ)での開催ですが、2023年ワールドカップのグループラウンド会場です。

かっこいいですね。

2022年にはBリーグオールスターを開催予定

アジア!の時代到来?

(「日本にとっての」興行は失敗に終わったと言えますが)2006年日本、2019年中国に続き、アジアでの開催になったのはすごい。本当にすごい。

日本が共催に持ち込んだのも本当にすごい。

マーケットが成熟しきった(?)欧米の次にFIBAが注力したいのは、アジアであることがよくわかります。*最後のフロンティアがアフリカ

この”波”を逃したくないのは日本だけではありません。

フィリピン

"2023"の中心に座るフィリピン。

2019ワールドカップは日本同様1勝もできずに終わったフィリピンですが、バスケットボールの熱量は世界でも有数。

バスケットボールが「国技」

フィリピンにルーツを持つジェイレングリーンに続き、期待の7フッター、カイソットもGリーグ入り

可能性溢れるフィリピンは、地元開催のワールドカップで決勝トーナメント進出を最低条件と課しているでしょう。

ベトナム

インドネシアは別の機会にして、、、

このオフの大きなニュースはベトナムから。

ベトナム人の母を持つ、カリフォルニア出身のクリスチャンジュザンが、ハーバードを卒業し、ベトナムリーグVBAのドラフトで全体1位指名(チームはサイゴンヒート)。

6-2のガード

さらに「問題」なのは弟。高校がLAエリアの名門”ハーバード”-ウェストレイク出身であるジョニージュザンは、元々4つ星のエリート選手で、多くの学校から勧誘を受けながら、昨年ケンタッキー入り。数字以上のインパクトを残しました。

兄について語る。ジョニーは6-6のSG。

UKファンの期待は大きかったはずですが、1年生を終えた時点で故郷に近いUCLAへの転校を発表。

ビラノバやアリゾナ、テキサステックなどからも誘われましたが、、、

このような「パンデミック」の状況では、家族の近くにいるのが一番と説明。

FIBAランキングでは145位と、アジアでも下位に甘んじるベトナムですが、もしも彼らが何らかの形で国内バスケットボールに絡んでくるとしたら・・・無視できない存在です。

日本

そして日本バスケットボール。2006年の自国開催ワールドカップによる人気向上の機会を、内紛で棒に振った形の日本にとって、渡邊雄太や八村塁は救世主としか言いようがありません。

上記のベトナム系アメリカ人選手、ジョニージュザンこそ初のアジア系NBAドラフト1巡目指名選手?と言われていました(2017年10月時点。八村塁がゴンザガ大学で2年生を迎えたところ。)から、これを一気にぶち抜いてしまった八村、そして渡邊の存在なしに、日本バスケットボールの未来は語れないでしょう。

Bリーグの盛り上がりもありますし、後に続く選手に期待です。

20 under 20 *フィリピン人記者さんによる、今後のアジアを担う選手の記事です。→パート2

後記

ベトナムのバスケットボールはインドネシア並みに注目に値するのではないでしょうか。ドラフトを開催するなど、かつてのbjリーグを彷彿とさせるVBAリーグは、アセアンリーグ(ABL)ともども、それなりの可能性を秘めていそう。

1年前。

そしてベトナムと言えば、わずかながら栃木(当時)にも在籍したコーチ、ジェイソンラベドー。

間違いなく素晴らしいコーチとされていたラベドーの、若くしての他界は残念でなりません。

ABLによるトリビュート

ad




ad




-日本代表/FIBA
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.