NCAA、高校/プレップ

榎本新作とイースタンニューメキシコ大学グレイハウンズ【カレッジ紹介46】

更新日:

榎本新作(アイザイア・マーフィー)は"NCAAディビジョン2"イースタンニューメキシコ大学へ

正直、意外な進学先(編入先)でした。
193センチで、体重84㎏はやや細身ですが、昨年のU19ワールドカップで大活躍。ピマコミュニカレッジ2年生時に15.9ppg、4.1rpgで、チームをNJCAA(短大版NCAA)ディビジョン2の全米選手権で準優勝に導いた彼は、十分ディビジョン1でやっていける実力を持つ選手です。

憶測ではありますが、、、バスケットボール以外の理由で、ディビジョン1校には進まなかったのではないでしょうか。




 

イースタンニューメキシコ大学(Eastern New Mexico)概要

公立校

ロケーション:ニューメキシコ州ポーテイルズ

文字通り、州の東部。テキサスとの州境に近く、ニューメキシコ州最大の都市アルバカーキから車で約3時間半ほどの町のようです。

ニックネーム:グレイハウンズ(Greyhounds)

チームカラー・スクールカラー:グリーン、シルバー

カンファレンス:ローンスターカンファレンス

バスケットボールアリーナグレイハウンドアリーナ(約4,800人収容)

フットボールスタジアムグレイハウンドスタジアム(約4,000人収容)

オフィシャルサプライヤー:ナイキ




 

イースタンニューメキシコ大学(Eastern New Mexico)のバスケットボール

バスケットボールチームの実績らしい実績はありません。
NCAAディビジョン2のトーナメントにさえ、わずか2回のみ(1993、2004年)の出場。
同校出身のNBA選手もゼロ。

非常に優れたコーチを輩出しており、1人はダナ・オルトマン。カンザスステイト→クレイトン→オレゴンと移った人物で、K-Stateからクレイトンはステップダウンでしたが、クレイトンではカイル・コーバーらを擁して躍進。再びハイメジャー・オレゴンに雇われ、2017年ファイナルフォーに導くなど、見事に復活した、ある意味珍しいキャリアの名将。

 
もう1人はマーク・フォックス。ネバダ大学でニック・ファジーカスをコーチした人物で、ネバダでの功績が認められ、SECのハイメジャー、ジョージア大学へ。残念ながらここでは結果を出せず、現在は”浪人中”ですが、ハイメジャーのHC職にはそうそう上り詰めることができないものです。十分な成功者。*フォックスは先日リリースされたアメリカ代表のチームスカウトに名を連ねました。アシスタントにジョン・トンプソン3世も→今回のアメリカ代表

 
両コーチとも、榎本と同じく、短大からENMUに編入しました。

「物足りなさ」は否めないものの、ディビジョン1との対戦がないわけではありません。アップセットを楽しみに、そして榎本がプレイする2季、トーナメントでの躍進を楽しみにしたいと思います。
昨季はディアンドレ・エイトンのアリゾナと対戦(エキシビジョンではなく公式戦)。ギャランティゲームでしたが、こういうカードは楽しみ↓

 
公式サイト
*投稿時点で、2018-2019スケジュールは未発表です

繰り返しますが、榎本のバスケットボール選手としての実力が十分であることが既に証明済み。卒業後、本人が望めばおそらくBリーグでのプロ選手、日本代表候補にも間違いなく選ばれるでしょう。その日も楽しみに待ちたいと思います。




 

NCAAディビジョン2のバスケットボール

NCAAディビジョン2について簡単に。
学校数は302(→参照)。
カンファレンスは計24あり、チャンピオンが自動的に(オートマティック)NCAA(全米)トーナメントに出場できるのはD1と同じ。残り40校が選考される(アットラージ)のも同じで、計64校によりトーナメントが争われます。
8つのリージョン(Atlantic、Central、East、Midwest、South、Southeast、South Central、West)に初めから分けられるのが特徴で(NJCAAと同様、移動距離が長くならないように配慮)、これを勝ち抜いたエリートエイトが、D1のファイナルフォー同様に、1つの都市で"Finals"を戦います。2017、2018年はサウスダコタ州スーフォールズの”サンフォードペンタゴン(Gリーグ、スカイフォースのホーム)”で開催されましたが、2019年から2022年までは、インディアナ州エバンスビルのフォードセンターで行われることが決定しています。→NCAA公式サイト

*24あるカンファレンスのうち、イースタンニューメキシコが所属するローンスターカンファレンスは、これも文字通り、テキサス州の学校を中心に構成されるリーグ。

*D2出身のNBAプレイヤーは非常に少ないのが実情。過去、スコッティ・ピッペン(セントラルアーカンソー)、チャールズ・オークリーとベン・ウォレス(バージニアユニオン)あたりが有名どころ。




 

日本人選手について

”概して”、競技レベルがD1よりも劣るD2でプレイした日本人選手はけっこういます。
先駆的な存在は、小林高校出身で、三遠ネオフェニックスの前身であるオーエスジーでもプレイした、北郷謙二郎でしょうか。カリフォルニアステイト大学ロサンゼルス校(Cal State LA)に在籍。昨季のロスターをながめてみると、土地柄もあって、日系人ガードや中国人ビッグがいますね。ベイリー・キクチ選手(5-10)あたりは、Bリーグクラブが目をつけているでしょうか。

 
そして、そのキクチの転校前の学校、ブリガムヤング大学ハワイ校(BYUH)でプレイしたのが田臥勇太。
しかし、BYUHは予算の都合もあって、2017年に全スポーツチームの活動を休止。キクチの転校の要因にもなったようです。
NCAAといえども、全ての学校がスポーツで利益を大きく増やしているわけではないのですね。一方で、田臥が在学中に対戦もした、カリフォルニア大学デイビス校(UC Davis)はいまやディビジョン1スクールで、2017年には早くもNCAAトーナメント出場。学校の経営も様々です。

ほか、NCAAディビジョン2でプレイした日本人選手は秋田ノーザンハピネッツの谷口大智、横浜ビーコルセアーズの田渡凌あたりが有名でしょうか。谷口はデニス・ロッドマンと同じ、GAC(グレートアメリカンカンファレンス)所属のサウスイーストオクラホマステイト、田渡はBYUHも所属していた、パシフィックウェストのドミニカン大学でプレイしました。

現役では、藤枝明誠高校からセントトーマスモアを経て、サザンニューハンプシャー(Northeast10カンファレンス)でプレイする角野亮伍と、田渡の後輩となる、ドミニカン大学の内田雅楽
また、クラークアトランタ大学(SIAC、サザンインターカレッジアスレティック所属)のマーク・バートンも日本縁の選手です。

彼らと、榎本選手の対戦はあるでしょうか。

参考→NCAAディビジョン2歴代優勝校

以前のツイートです

ad




ad




-NCAA、高校/プレップ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.