*

バスケットボールのチーム作り2

公開日: : 最終更新日:2017/03/31 コーチング/COACHING , , , , ,

<下記の動画について、追記します>

ESPNでも取り上げられた、バンダービルト大学ヘッドコーチ、ケビン・ストーリングスが、自チーム選手に激怒した場面。この選手は試合終了後、負けたテネシー大学の
選手を讃えるどころか、握手もせず、目の前で拍手をしていました。ストーリングスはこれにブチ切れたわけです。その発した言葉に対し、批判も集まり、ストーリングスは後に謝罪もしたのですが、個人的にこの怒りは理解できます。自分がコーチならば、言葉はともかく、同じように叱りたいです。
↓ ↓ ↓

「バスケットボールのチーム作り」の投稿についての参考書はこれです。
↓ ↓ ↓

”序に代えて”より

バスケットボール以前の話であり、皆(少なくとも頭では)理解していることと思います。が、書きます。

この「原点」に戻ってくれば、”指導はぶれない”。そう思います。

「(チームの)生徒を”わが子”も同然に扱え。事実、いろいろな場合に
生徒は”わが子”も同然のときがあるものだ。」

生徒たちにほんとうに勝利の喜びを味わわせるということは単に「勝つこと」だけではないのだ。卒業してチームを去っていってからもなおバスケットボールを”媒介”として学び、培ったものが残り、生かせるように生徒たちを指導してこそ、勝利の”真価”をほんとうに味わわせたことになるのだ。

つまり、バスケットボールのゲームで勝ったからといって、それで終わりじゃない。まだ、真の勝者とは言いきれない。人生における戦いに生徒たちを勝たせてこそ、名実ともにほんとうの勝利になるわけだ。

だからこそ、そう簡単には相手に勝ちを譲れないのがバスケットーボールのゲームなのだと思う。

NBAだろうと日本のミニバスだろうと、その選手の精神力が試される場面がいくらでもあります。そのような場面で力を発揮できるかどうか。

バスケットボールが上手いだけでは×。

いつもこのことを頭に入れておきたいと思います。

ad




関連記事

フリースロードリル-ザ・競争

フリースロードリルです。 フリースローは大事です。 特にサイズで劣る場合、これほど大事な

記事を読む

ピート・キャリルのプリンストンオフェンスと現代NBA-時代の先を走った伝説のコーチ

プリンストンオフェンスのことは日本でもご存知の方が多いのではないでしょうか。学業が優秀な私立校が集ま

記事を読む

バスケットボールのチーム作り1

コーチをすることになりそうです。 ミニバスと中学生。 日本語でもコーチング、戦術など、量

記事を読む

パッシングドリル-4on3

パッシングとしておりますが、ディフェンスの練習にも有効です。 ところで、、、ゲーム前のウォーミ

記事を読む

ステファン・カリー~シューティングドリル

今回はチームの練習ではありません。個人ドリルです。2人いればできます。 ダンクコンテスト出てく

記事を読む

ディフェンスドリル-スリーコーンリアクション

ディフェンスのごくごく基本的なドリルです。 つまり超重要です。絶対できていないとダメなことです

記事を読む

バスケットボールのシュートはゴール下とスリーポイントだけでよい?

NBAのゴールデンステイトウォリアーズやヒューストンロケッツのスタイルと成功を見るまでもなく、近年の

記事を読む

バスケットボールのチーム作り4

では今回も「参考書」にそって。 この本を購入する必要はもちろんありません。体系的に書か

記事を読む

バスケットボールの試合で勝つために④

バスケットボールの試合で勝つために① バスケットボールの試合で勝つために② バスケットボールの試

記事を読む

ビッグマン-オラジュワンに教えを請うドワイト・ハワード

https://twitter.com/tommy_ussports/status/77112933

記事を読む

ad




ad




タヒロウ・ディアベイト(帝京長岡高校出身)とポートランド大学

全米注目?タヒロウ・ディアベイト 複数のアメリカ人コーチとテキストメ

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B2

→B1の新外国人選手 B1に続き、今回はB2。注

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B1

↓2016-2017-Bリーグ初年度の外国人について

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン⑤5位~1位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ここ

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン④10位~6位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ここ

→もっと見る

PAGE TOP ↑