*

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-コロラド州

スキーリゾートのイメージが強いものの、デンバーを中心にバスケットボールもなかなか。最近のベストプロダクトは地元コロラド大学出身のチョーンシー・ビラップスか。

Denver(デンバー)

ユナイテッド航空のハブで超巨大な空港を持つが、日本からの直行便は無し。西海岸の都市を経由する。デンバーも空港はデカイが陸の孤島。車だと西のソルトレイクシティへ10時間、東はカンザスシティへ9時間ほどかかってしまう。

デンバー・ナゲッツ

デンバー・ナゲッツという名前のチームは1949年のBAA時代にもあったが、早々に消滅。現球団のルーツは1977年、ABAより移動してきたチーム。ABAでのニックネームは”ロケッツ”だったが、すでにヒューストンが使用していたため改名した。当初のチームを支えたのはノースカロライナステイト大学出身のデビッド・トンプソン。時代が時代なら、ジョーダン並みの評価を得ていたはずとされる身体能力を持った選手で、アリーウープの元祖とされる。1980年代にはダグ・モーがコーチに就任。とにかくオフェンスに主体をおくスタイルを貫き、100点を超えるゲームが日常茶飯事だった。このときの中心選手がアレックス・エングリッシュとキキ・バンデウェイ。プレイオフには確実に進出したチームであった。’90年に入るとオフェンスで客が入ることに味をしめたのか、”ラン&ガン”で有名なポウル・ウェストヘッドをコーチに招聘。マイケル・アダムスやクリス・ジャクソン(後のマクムード・アブドル=ラウーフ)らが活躍したが、勝てなかった。その後ディケンベ・ムトンボなどをドラフトで獲得するが低迷期へ。’96年から2003年までプレイオフなしの屈辱を味わった。2003年、救世主として登場したのがカーメロ・アンソニー。2009年、地元スターのチョーンシー・ビラップスも戻り、24年ぶりのカンファレンスファイナルまで進めるが、タイトル獲得にはいたっていない。
Official Site

プレイオフでの勝負弱さが気になるが、毎年ノースウェストディビジョンを牽引する成績を残している。人気は高い。観戦難易度はホームで93.9%(13位)、ロードでは91.9%(8位)。ホームはペプシセンター。19,000人強収容。空港から西へ20分ほどのダウンタウンに位置。

大きな地図で見る

 

デンバー大学パイオニアーズ

市内のディビジョンⅠカレッジはデンバー大学(Univeristy of Denver)パイオニアーズ。デンバー出身であるチョーンシー・ビラップスの弟ロドニーの母校。それほどの強豪ではない。高校:州全体で見るとけっこうな数のディビジョンⅠプレイヤーを輩出するものの、毎年安定して全米ランキングに顔を出すようなハイスクールは無し。



Boulder(ボウルダー)

コロラド大学バッファローズ

世界的に有名で人気の町。デンバーからフリーウェイ25号を北上→36号を北西に40分ほどに位置するボウルダーはマラソン選手などの高地合宿で知られる。ここに州ナンバーワンのカレッジ、コロラド大学(University of Colorado,CU)バッファローズがある。有力カレッジだが、伝統があるのは圧倒的にフットボール。2年でプロ入りしたとは言え、ビラップスの入学はサプライズだった。当然高名なOBもNFL選手ばかり。ビラップスのみ。。。アイオワに転校後にロケッツでロールプレイヤーとして活躍したマット・バラードくらいか。
Official Site

ホーム、Coors Events Centerは11,000人を超える収容。
しかしチケット入手は容易。相手がカンファレンス内の強豪でないと埋まらない。

Colorado Springs(コロラドスプリングス)

デンバーから25号線を1時間ほど南下。こちらも州観光のメッカの一つでバスケットボールについても名所がある。まず有名なのは日本で言うナショナルトレセン、USオリンピックトレーニングセンターとJOCにあたるUSオリンピックコミッティが所在。USA Basketball(協会)もこちらが本拠。他に水泳、バレーボールにレスリングなどの本部もある。”マイルハイシティ”の異名をもつデンバーやボウルダーの標高は1,600~1,700メートルほどだが、コロラドスプリングスは1,800とさらに厳しい条件。

エアフォースアカデミー(空軍士官学校)ファルコンズ

そしてもう一つが町の北部にある空軍士官学校(US Air Force Academy)ファルコンズ。れっきとしたNCAA加盟校で、ディビジョンⅠの名門。東海岸の陸軍(Army)、海軍(Navy)と離れたロケーションのため、Army-Navyのような名物ライバルになりえないが、1980年代、この陸海空の3校が揃って日本で公式戦を戦った(デビッド・ロビンソンを擁したネイビーが全勝)。戦闘機に搭乗できないため、背の高い選手をリクルートできないことで知られるが、陸・海同様非常に学力が高い選手らしい、スマートなスタイルを持つ。強豪カンファレンス、マウンテンウェスト所属で、その実力は3士官学校でベストと言える。
代表的なOBは何といってもサンアントニオ・スパーズの名将、グレッグ・ポポビッチ。
Official Site

ホームはClune Arenaで6,000人収容。そもそも日本の自衛隊などと比較できない組織だが、チケットも他大学同様に販売され、キャンパス?に一般人も立ち入り可。

Fort Collins(フォートコリンズ)

コロラドステイト大学ラムズ

こちらはデンバーから北へ45分ほど。25号線のEX.268か269で下りて西へ向かったところに、もう一つディビジョンⅠカレッジ、コロラドステイト大学(Colorado State University)ラムズ。
Official Site

こちらもフットボールの方が有名だが、最近ではジェイソン・スミスという7フッターをNBAへ送り込んでいる。エアフォースと同じく、マウンテンウェストカンファレンスに所属。決して弱いチームではない。

ホームはMoby Arena。9,000人弱の収容。

ad




関連記事

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ニューハンプシャー州

ここも・・・冬の運転注意! Hanover(ハノーバー) ここはアイビーの最北端、ダート

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-カリフォルニア州

アラスカ、テキサスに次いで、州面積が3番目に広いカリフォルニアは、サンフランシスコベイエリアを中心と

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ネブラスカ州

Omaha(オマハ) 州最大の都市。NCAA野球、カレッジワールドシリーズが有名。ミズーリ川沿

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-メイン州

アメリカの北東端。もちろん、冬の運転は注意! Portland(ポートランド) ディビジ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-サウスダコタ州

<編集中> バスケットボール不毛の地だが、コーンパレスで有名なミッチェル出身で フロリダ大学

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報について

というか、都市別情報になっちゃってますが、一通り。 右側に検索窓がありますので、都市名、地名(

記事を読む

NBA、NCAA-アメリカ現地観戦旅行の基本

*旅の基本ですが、一般的な海外旅行に共通する事柄、例えばパスポートの取得方法などについてはここでは省

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-テキサス州

重要な州。野球やフットボールのイメージが先行するが、NBAフランチャイズが3つ。カレッジもテ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ジョージア州

Atlanta(アトランタ) 南部の首都と言われる都市。デルタ航空のハブで、成田からの直行便あり。

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ミズーリ州

カンザスシティからキングスが去って25年。もう一方の大都市セントルイスも含めてプロチームに縁がないが

記事を読む

ad




ad




タヒロウ・ディアベイト(帝京長岡高校出身)とポートランド大学

全米注目?タヒロウ・ディアベイト 複数のアメリカ人コーチとテキストメ

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B2

→B1の新外国人選手 B1に続き、今回はB2。注

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B1

↓2016-2017-Bリーグ初年度の外国人について

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン⑤5位~1位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ここ

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン④10位~6位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ここ

→もっと見る

PAGE TOP ↑