*

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-バージニア州

ラルフ・サンプソンにデビッド・ロビンソン、アロンゾ・モーニングを輩出。かつてLand of giantsと呼ばれた土地。

Charlottesville(シャーロッツビル)

バージニア大学キャバリアーズ

ワシントンDCから南西へ2時間ほどの大学町。名門バージニア大学(University of Virginia,UVA、キャバリアーズ)の所在地。合衆国3代大統領、ジェファーソンが設計、創立。世界文化遺産に指定されている。サンプソン在学中に、UVAも来日している。NCAAトーナメント出場17回の強豪。’80年代、サンプソン入学以降に強くなってきたが、近年は成績不振でコーチを頻繁に替えている。最高成績は’81年と’84年のファイナルフォー。現役NBA選手のOBはロジャー・メイソン・ジュニアくらいか。さかのぼってオルデン・ポリニスやブライアント・スティス。コーチとして活躍が目立つのはリック・カーライルやマーク・アイアバローニ。2010年にフェニックス・サンズのGMに就任したランス・ブランクスは、テキサス大学へ転校していった。再建が望まれるチームの一つ。
Official Site

ホームは2006年完成と新しい、ジョンポウルジョンアリーナ。15,000人ほど収容。この投資のためにも強化が必要。やはり相手がデュークやノースカロライナだとチケット入手が難しくなる。

Richmond(リッチモンド)

州都。ワシントンDCから95号線を南下して2時間弱。超強豪とはいかないが、有力カレッジが揃う町。

VCU(バージニアコモンウェルス大学)ラムズ

まずはバージニアコモンウェルス大学(Virginia Commonwealth University,VCU、ラムズ)。現在はアトランティック10所属の中堅校。前オクラホマのジェフ・ケイペル、現アラバマのアンソニー・グラントと出世が続き、「名将への通過点」となりつつある。NCAAトーナメント出場は12回。2011年にファイナルフォー進出の大快挙達成。
Official Site

ホームはシーゲルセンターで、収容7,500人。ダウンタウンにあり。

リッチモンド大学スパイダース

続いて同じくアトランティック10所属の私立校、リッチモンド大学(University of Richmond、スパイダース)。こちらはトーナメント出場9回。やはり2011年に快進撃。この時のベスト16が最高成績。ニックスなどで活躍したシューター、ジョニー・ニューマンの母校。
Official Site
ホーム、ロビンスセンターは9,000人強の収容。ダウンタウンの北西郊外にキャンパス。

バージニアユニオン大学パンサーズ

そしてVCUのすぐ北側にある、バージニアユニオン大学(Virginia Union University,VUU、パンサーズ)。黒人大学。ディビジョンⅡのプログラムだが、ここが最も訪れる価値があるかもしれない。3度の全米優勝を飾っている。1978年から30年コーチした、デイブ・ロビンスは伝説的な存在。ベン・ウォレスと、ウォレスを見込んでVUUに誘ったチャールズ・オークリー。非常に存在感のある、2人の偉大なリバウンダーを輩出した。オークリーはNBAドラフト1巡目指名の選手だが、ウォレスはドラフト外。
Official Site
ホームはアーサーアッシュアスレティックセンター。伝説的なテニスプレイヤー、アッシュはリッチモンド出身でUCLAへ。アリーナは1982年に完成し、収容は6,000人。
レンティングカーズが選ばれる4つの理由
1.世界のレンタカーブランドを一括検索・比較できます
2.どこよりお得な最安値をご案内します。
3.いつでも無料で変更や取り消しができます。
4.日本払い、現地払いが選べます。


Williamsburg(ウィリアムスバーグ)

ウィリアム&メアリ大学トライブ

リッチモンドから64号東行きで1時間弱。植民地時代の町が再現されている、観光地として有名。ここに、ハーバード大学の次に古い、ウィリアム&メアリ大学(The college of William&mary,W&M、トライブ)がある。フットボールチームが来日経験あり。CAAカンファレンスの所属。NCAAトーナメント出場経験がないが、スマートな戦い方をする好チーム。
オフィシャルサイト

ホームはW&Mホール内にあるカプランアリーナで、収容8,600人と立派。

Hampoton,Norfolk(ハンプトン、ノーフォーク)

オールドドミニオン大学モナークス

ウィリアムスバーグからさらに東へ行った、大西洋をのぞむエリア。リッチモンドから64号線で1時間半ほど。飛び抜けた強豪ではないが、カレッジが点在するエリア。中でもオールドドミニオン大学(Old Dominion University,ODU、モナークス)は有名。かなり大規模な私立大学で、VCUと同じCAAカンファレンスに所属。マーク・ウェスト、ケニー・ギャッティソンに、クリス・ギャトリングという、しぶいフォワードを輩出。そして何より、女子チームレディモナークスから、アン・ドノバンが出ている。ドノバンは日本リーグ、シャンソン化粧品で大活躍した6-8!のビッグウーマン。LA、ソウルの両オリンピックで金メダルを獲得。現在はWNBAコネティカット・サンのコーチ。男子チームのNCAAトーナメント出場は12回。’80年代から強くなってきたチーム。
Officila Site

ホームはテッドコンスタントコンボケーションセンター。2001年完成と新しく、収容は8,600人。よほど強いシーズンでないかぎり、観戦が困難というわけではない。

ノーフォークステイト大学スパルタンズ

ハンプトンにハンプトン大学パイレーツ

ほかでは、深南部のSWACと同様に、黒人大学があつまっているカンファレンスMEAC所属のチーム。ノーフォークにノーフォークステイト大学(Norfolk State University、スパルタンズ)、対岸の町ハンプトンにハンプトン大学(Hampton University,HU、パイレーツ)がある。2012年にトーナメント初出場を果たしたノーフォークの活躍は記憶に新しい。が、両校とも成績が芳しくない。ハンプトンは出場4回で、”バッドボーイズ”ピストンズの一員、リック・マホーンが出ている。

このエリアもまた、優れたプレイヤーを輩出する。最近で有名なのは何と言ってもハンプトンのアレン・アイバーソン。ノーフォークからはジョー・スミスが出ている。

Blacksburg(ブラックスバーグ)

バージニアテック(VIrginia Polytechnic Institute and State University,Virginia Tech,VT)ホキーズ

ワシントンDCから66号WESTと81号SOUTHを乗り継いで4時間半ほど。バージニアテック(VIrginia Polytechnic Institute and State University,Virginia Tech,VT、ホキーズ)の所在地。UVAと同じACCの所属だが、新顔。が、気合が入ったか、”殺人リーグ”ACCに加ってから強くなった印象。NCAAトーナメント出場は8回。最高成績は1967年のベスト8。OBはまずデル・カリー。息子二人が有名になり、父も再度注目を浴びることとなった。兄弟はVTに行かず、特に弟セスはカンファレンスライバルのDukeへ転校した。続いてビンボ・コールス。ヒートなどで長らく活躍した好ガードは、1988年ソウルオリンピックの銅メダリスト。そしてエイス・カスティス。日本で大活躍した彼もVTの永久欠番(#20)。
Official Site

ホームはキャッセルコロシアム。1万人ほどの収容で1961年完成と古い。が、最近の健闘により?雰囲気は素晴らしい。やはり相手がデュークやNCだと観戦難易度高し。

Fairfax(フェアファックス)

ジョージメイソン大学ペイトリオッツ

州北東部にあり、ワシントンDCダウンタウンから西へわずか数十分の距離。ここには2006年のファイナルフォー進出が記憶に新しい、ジョージメイソン大学(George Mason University,Mason、ペイトリオッツ)がある。VCUと同じアトランティック10所属だが、トーナメント出場はわずか6回。選手のサイズが揃っていたが、2006年は奇跡だった。
Official Site

ホームはペイトリオットセンター。収容約10,000人。

Mouth of Wilson(マウスオブウィルソン)

オークヒルアカデミー・ウォーリアーズ*プレップスクール

バージニア州で最も有名なバスケットボールプログラムはプレップスクール。直訳すると大学予備校だが、ハイスクールに混じって公式戦を戦う。オークヒル出身のディビジョンⅠプレイヤー、NBAプレイヤーはあまりにも多いので、↓リンクを参照。ただ最近のブランドン・ジェニングスのように、腕試し?の意味で1年のみ在籍するような選手も非常に多い。プログラムを率いるスティーブ・スミスは名物コーチ。デュラントや伊藤、KJのモントロス同様、ジョーダンブランドがオフィシャルサプライヤー。
Official Site

よくあるアメリカのプレップ同様、オークヒルも全寮。わざと?だが、アクセスは非常に悪い。州の西南端、ノースカロライナとの州境にある。ワシントンDCから81号で、VTのブラックスバーグをかすめて計6時間以上。ノースカロライナの”トライアングル”からだと2時間半ほど。シャーロットからだと77号北上で4時間以上かかる。
↓とにかく山奥。

大きな地図で見る

ad




関連記事

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-サウスダコタ州

<編集中> バスケットボール不毛の地だが、コーンパレスで有名なミッチェル出身で フロリダ大学

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-コロラド州

スキーリゾートのイメージが強いものの、デンバーを中心にバスケットボールもなかなか。最近のベストプロダ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ハワイ州

Honolulu(ホノルル、オアフ島) は?ハワイでハイレベルなバスケットボール観戦?田臥ももうい

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-オハイオ州

レブロンの抜けた穴が大きいが(?)、やはりバスケットボールが盛んな地域。それなりの規模の都市

記事を読む

八村選手が目指すゴンザガ大学。

高校バスケ界のスター、八村選手。 ご存知の通り、ゴンザガ大学への進学希望を表明しました。

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-アラスカ州

チャーター(臨時便)なら直行があるが、基本的には 乗り継ぎでのアンカレジ着しか方法なし。 ”アメ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-モンタナ州

<編集中>

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ニュージャージー州

*ネッツが去ったものの・・・お隣ニューヨーク州に比べてマイナーにとられがちだがバスケットボールは盛ん

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-アイオワ州

Iowa City(アイオワシティ) アイオワ州都デモインから80号線を東へ2時間ほど。アイオ

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ニューヨーク州

New York City(ニューヨークシティ)エリア アメリカ東、南部で日本から直行便が出ている

記事を読む

ad




ad




タヒロウ・ディアベイト(帝京長岡高校出身)とポートランド大学

全米注目?タヒロウ・ディアベイト 複数のアメリカ人コーチとテキストメ

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B2

→B1の新外国人選手 B1に続き、今回はB2。注

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B1

↓2016-2017-Bリーグ初年度の外国人について

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン⑤5位~1位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ここ

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン④10位~6位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ここ

→もっと見る

PAGE TOP ↑