*

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-メリーランド州

College Park(カレッジパーク)

メリーランド大学テラピンズ

ワシントンDCの北東にある、文字通り大学町。州を代表するメジャーカレッジで、2002年のNCAAチャンピオン、メリーランド大学
(University of Maryland,UMD、テラピンズ)がある。 DCは成田から全日空の直行便がある東方のダレスやロナルド・リーガン、さらに北東のボルティモアも含めて国際空港が多い。車ならニューヨークから95号南下で5時間弱。途中、フィラデルフィアからなら3時間、ボリティモアからは1時間弱。ピッツバーグは70、270号線で4時間半かかる。

UMDの所属はデュークやノースカロライナと同じACC(アトランティックコーストカンファレンス)。もう30年ほど前になるが、この学校も来日経験がある。歴史あるプログラムであったが、20世紀中はファイナルフォー進出が叶わず、「数ある万年強豪校」と囁かれていたが、前コーチ、ゲイリー・ウィリアムスの下、2001年に初のファイナルフォー進出。翌’02年、ついに優勝を果たした。トーナメント出場は23回の名門。もともと能力の高い選手を集める学校ではあり、OBに1986年、ドラフト2位指名を受けながらドラッグが原因で死亡したレン・バイアスがいる。現役では2002年優勝メンバーでもあるPGスティーブ・ブレイク。決して得点能力、運動能力、サイズに恵まれたわけではない彼が、ゲームメイカーとしてプロでサバイバルしているのは見事。当時のメンバーではファン・ディクソンやクリス・ウィルコックスがいるが、いずれも物足りない活躍。さかのぼってJunior College(短大)から編入し、1999年NBAドラフト2位指名、2000年新人王のスティーブ・フランシス。’95年1位指名のジョー・スミス、キングスなどで活躍したビッグガード、ウォルト・ウィリアムス。ネッツやブレイザーズなどでしぶい働きを見せたバック・ウィリアムスらがいる。2010年、チームをNCAA2回戦まで導いたのはベネズエラ人の万能選手、グレイビス・バスケス。メリーランド州のモントロススクール時代、能代カップで伊藤大司選手と共に来日。格の違いを見せ付けた。OBでもあるゲイリー・ウィリアムスは、DCのアメリカン大学、ボストンカレッジ、オハイオステイトを経て母校に戻った。現コーチはマーク・タージェン。カンザス大学出身で、ラリー・ブラウンの下でプレイ経験。
Official Site

ホームはコムキャストセンター。2002年に完成した、約18,000人入る巨大アリーナ。同年の優勝で人気が加速。都合の良い投資となった。もともと使用していたコールフィールドハウスも15,000人近く入り、ファイナルフォーもホストした名物アリーナだった。 キャンパスの北方にある。器がでかいが、デュークやノースカロライナなどが来るとチケット入手が難しい。

レンティングカーズが選ばれる4つの理由
1.世界のレンタカーブランドを一括検索・比較できます
2.どこよりお得な最安値をご案内します。
3.いつでも無料で変更や取り消しができます。
4.日本払い、現地払いが選べます。

Baltimore(ボルティモア)

かつてブレッツ(現ウィザーズ)がフランチャイズを置いた、州最大の町。国際空港もつが、日本からならワシントンDC経由で向かうのが現実的。DCから1時間弱。95号北上で、フィラデルフィアまで2時間弱、ニューヨークまで4時間弱。

モーガンステイト大学ベアーズ

コッピンステイト大学イーグルス

歴史的に黒人人口が多い町で、ブラックカレッジとよばれる大学が存在する。ともにディビジョンⅠである、モーガンステイト大学(Morgan State University、ベアーズ)と、コッピンステイト大学(Coppin State University、イーグルス)。ともにMEAC(ミッドイースタンアスレチックカンファレンス。加盟校はすべてブラックカレッジ。)に所属。

モーガンは現コーチがトッド・ボウズマン。カリフォルニア大学時代にジェイソン・キッドらをリクルートした名将。Calではスキャンダルで追放されたが、名将ではある。モーガンステイト着任後、2009年、いきなり同校初のNCAAトーナメントへ運んでいる(なかなかできることではない)。2010年も連続出場。ボウズマンは再びメジャーカレッジを率いるか。OBではヒューマンエレイサーとよばれた7フッター、マービン・ウェブスターが有名。あとはbjリーグで活躍したラシード・スパークス。
Official Site

ホームは収容5,000人のヒルフィールドハウス。キャンパスはダウンタウンの北側。よほど強い学校を招かない限りは観戦可能だが、ボウズマン在任中は成績が維持されるであろうから注意。

一方のコッピンは、1997年のNCAAトーナメントで15シードで出場しながら2位シードのサスカロライナをやぶったことで有名。が、トーナメント出場はわずか4回。OBであるコーチ、ロン・ミッチェルは名物監督。
Official Site

ホーム、フィジカルエデュケーションコンプレックスは収容わずか4,100人。アメリカの高校の雰囲気。こちらのキャンパスはダウンタウンの北西。

トーソン大学タイガース

他のディビジョンⅠは、かつて日本人選手、森下雄一郎が在籍したトーソン大学(Towson University、タイガース)。ボルティモア北郊外にキャンパスのある、コロニアルアスレチックアソシエーション(CAA)加盟校。
Official Site

ロヨラ大学グレイハウンズ

そしてロヨラ大学(Loyola University,Maryland、グレイハウンズ)。こちらはメトロアトランティックアスレチックカンファレンス(MAAC)所属。
Official Site

メリーランド州の高校バスケットボール

いまやNBA球団なし。メジャーカレッジなしのボルティモアがなぜバスケットボールで注目を浴びるのか。才能の宝庫だからである。伝説的な高校はポウルロウレンスダンバー。故レジー・ルイスの母校。同世代にマグジー・ボーグス、ともにジョージタウンに進み、パトリック・ユーイング率いる1984年NCAA優勝チームのメンバーとなったレジー・ウィリアムスとデビッド・ウィンゲートがいる。他にサム・キャセール、現在上記ロヨラ大学アシスタントコーチのキース・ブースらもダンバーの卒業生。そしてトーソンカトリック。ボルティモアで育ったカーメロ・アンソニーと、メロと同じくシラキュース大学に進んだドンテ・グリーンの母校。

州全体で見ると、外せないスクールがもう二つ。デマッサとモントロスである。デマッサはモーガン・ウットゥンという、ホールオブフェイマーコーチが率いた全米トップクラスのプログラム。OBにノートルダムに進んだエイドリアン・ダントリーやダニー・フェリー、そしてキース・ボーガンス。さらにノースカロライナステイトに進んで、1983年NCAAチャンピオンに輝き、NBAを経て同大学ヘッドコーチを務めたシドニー・ロウも。一方モントロスは何と言っても”KJ”松井啓十郎と伊藤大司。二人の功績と言うか、足跡は大きい。現bj秋田の富樫選手も在籍。KJと伊藤と共にプレイしたケビン・デュラントやグレイビス・バスケスはスーパースター。外国人をとるのは特徴的。リトアニアの怪力男、リナス・クレイザもOB。

デマッサはDCの北東、メリーランド大学の南側の町ハイアッツビル、モントロスはDC北のロックビルという町にある。

Annapolis(アナポリス)

ネイビー(海軍士官学校)ミッドシップメン

メリーランド州都。ボルティモアから97号を南へ数十分。ネイビーの愛称で有名な海軍士官学校(Naval Academy、ミッドシップメン) の所在地として有名。アーミー(陸軍)、エアフォース(空軍)同様、学力レベルが高いため、そうそう強くはなれないが、立派なディビジョンⅠプログラムでデビッド・ロビンソンの母校。賢いので、これも陸空同様、名コーチを生む。*陸海空3校は’80年代に同時に来日して公式戦を戦っている。ロビンソンがいたネイビーが2戦2勝。
Official Site

ホーム、オルムニホールは6,000人近い収容。これまた陸空同様、雰囲気はかなり熱狂的。同じペイトリオットリーグに所属するアーミーとの一戦はチケット入手もやや困難。

ad




関連記事

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ミズーリ州

カンザスシティからキングスが去って25年。もう一方の大都市セントルイスも含めてプロチームに縁がないが

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-アリゾナ州

人気がある。サンズをもつフェニックスエリアを中心に、セドナ、グランドキャニオンにモニュメントバレー、

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-アラスカ州

チャーター(臨時便)なら直行があるが、基本的には 乗り継ぎでのアンカレジ着しか方法なし。 ”アメ

記事を読む

NBA観戦旅行の準備と計画

↑チケットの一部。大事に取ってあります。 僕が何度もアメリカまでNBAやNCAAの観戦に行けた

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ミシガン州

引き続き冬は極寒の地。運転注意。 Detroit(デトロイト)エリア 成田からノースウェストの直

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-オハイオ州

レブロンの抜けた穴が大きいが(?)、やはりバスケットボールが盛んな地域。それなりの規模の都市

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ロードアイランド州

アメリカで最も面積の小さい州。一般的には ニューヨークとボストン間の通り道と認識されるが、高名なNC

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-ネブラスカ州

Omaha(オマハ) 州最大の都市。NCAA野球、カレッジワールドシリーズが有名。ミズーリ川沿

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報について

というか、都市別情報になっちゃってますが、一通り。 右側に検索窓がありますので、都市名、地名(

記事を読む

NBA、NCAAバスケットボール現地観戦情報-バージニア州

ラルフ・サンプソンにデビッド・ロビンソン、アロンゾ・モーニングを輩出。かつてLand of gian

記事を読む

ad




ad




八村塁とタヒロウ、渡邊雄太、そしてNBA~2017-2018おすすめの現地観戦

シーズン到来!ぜひ現地観戦へ!! U19ワールドカップにアジアカ

タヒロウ・ディアベイト(帝京長岡高校出身)とポートランド大学

全米注目?タヒロウ・ディアベイト 複数のアメリカ人コーチとテキストメ

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B2

→B1の新外国人選手 B1に続き、今回はB2。注

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B1

↓2016-2017-Bリーグ初年度の外国人について

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン⑤5位~1位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ここ

→もっと見る

PAGE TOP ↑