NCAA(大学) ユニ、スニーカー/GEAR

デビッドソン大学バスケットボール-NCAAカレッジ情報③

更新日:

デビッドソン大学(Davidson College)概要

<2021年2月26日追記>

ステフィンカリーに憧れて進学した、現役の韓国人選手、ヒョンジュンリーについてもぜひどうぞ→投稿

   

ステファン・カリーの母校

   

タイプ私立校
*リベラルアーツ:少人数教育で大学院を持たない、エリート校。日本では国際基督教大学が該当するそうです。
ロケーションノースカロライナ州デビッドソン
学業が優秀

   

   

   

ニックネームワイルドキャッツ(Wildcats)
チームカラー・スクールカラーレッド
カンファレンスアトランティック10
バスケットボールアリーナベルクアリーナ(5,295人収容)
フットボールスタジアムリチャードソンスタジアム(4,741人収容)
オフィシャルサプライヤーアンダーアーマー*看板選手、カリーの母校
デビッドソンはバスケットボール校

   

デビッドソン大学のバスケットボール

最高成績:エリート8(1968,1969,2008)

   

ヘッドコーチは、26シーズンを終えたボブ・マッキロップ。名将。デビッドソンで495勝299敗の、勝率623。

2014-15シーズンからアトランティック10カンファレンスへ移動。いきなりレギュラーシーズン優勝を果たした。同カンファレンスの、渡邊雄太選手所属のジョージワシントンとも2戦し、スウィープ。

上記にあるとおり、学業面で有名な学校。「小さな宝石」とよばれるほど、優れたプログラム。勉強が大変なこともあり、バスケットボールを含めたアスリートの勧誘は難しい。にもかかわらず、13回のNCAAトーナメント出場は立派の一言。

松井啓十郎選手にもオファーを出していたらしい。(KJ選手、保守的な雰囲気の、このノースカロライナ州の学校は避けた様子。)

KJの1つ下がステフィン・カリーとなる。カリーは(お父さんデルがホーネッツでプレイしていたこともあり)シャーロットの私立校出身。リクルートサイトで★3つ(最高5つ)、PGの全米ランキング36位、身長も6-1.5(約186センチ)ほどだった。身長は6-3まで伸び、今季堂々のNBAレギュラーシーズンMVP、チャンピオン、ゴールデンステイト・ウォリアーズのリーダー。勇気の出る話です。
当時のリクルート情報*クリックで拡大します。
↓ ↓ ↓
scoutcom curry

   

2008年、ベストエイトまで進んだのが最高成績。ファイナルフォー一歩手前で、優勝したカンザス大学に惜敗。カンザスにはマリオ・チャーマーズら。
↓ ↓ ↓

   

リクルートが難しいため、大体の場合、運動能力で劣る分、”賢い”バスケットボールを展開します。日本人、日本チームには大変参考になるスタイルと考えます。

   

デビッドソン大学出身のNBA選手など

ステファン・カリー。他に5人。

バージニア大学の最多勝利コーチでラルフ・サンプソンらをコーチした、テリー・オランドもOB。

   


カリーのジャージーは買っておけばよかったと後悔(笑)。
↓ ↓ ↓

   


currey#30

   

メジャーなカレッジではないので、アパレルなどはあまり出回らない。なかなか日本では見られないのではないでしょうか。

   

ad




ad




-NCAA(大学), ユニ、スニーカー/GEAR
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.