コーチング/COACHING

バスケットボールシュート練習(シューティングドリル)「競争系」

更新日:

ごくごくシンプルなドリルです。

ポイントはパイプ椅子を置いていることでしょうか。

ジャンプショットの練習では出来るだけ「何か」を置きましょう。

ハンズアップしてる人間がベストですが、人数が不足している場合は「何か」を。

うちは椅子は危ないのでパンチング人形を置いてます(笑)。

   

負け組の腕立て伏せもお約束ですが、ボールに両足を置くのが面白いですね。もちろん罰ゲームは何でも良いと思います。

シューティングのドリルはいくらでもあります。いくらでもアイディアが出るでしょう。

同じドリルを漫然としない、させないことです。

どうしても飽きてきます。

モチベーションを上げるためにもバリエーションは増やしましょう。

   

話がそれますが、練習メニュー、同じ順番でやっていませんか?

ストレッチやランニングは別にして、そのあとフットワーク→1対1、2対2、3対3・・・5対5と進めるのはNGです。

バスケットボールは瞬時の状況判断を必要とされる代表的なスポーツです。

常に「変化」をさせましょう。

5対5を必ず最後に持ってくる意味などあまりありません。「仕上げ」たいのはわかりますが、実は仕上がりません。

最初に5対5をやって「見えてきたもの」を、後で行うことも有効です。

常に変化をつけて、緩急を。メリハリを。そして刺激を。

ad




ad




-コーチング/COACHING
-, , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.