NCAA(大学)

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング③15位~11位

更新日:

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング

*ここに掲載している順位は6月時点のものです。

*8月中旬に、2018年大学入学予定だったスター、マービンバグリーが1年繰り上げての今秋進学、デューク入りを発表!これにより、CBSランキングではデュークが1位に飛んできました。
プレシーズン最新ランキング

   

15位 NORTHWESTERN ノースウェスタン大学ワイルドキャッツ(BIG12)

ノースウェスタンがこの位置です!

ついにNCAAトーナメント出場、初勝利をものにしたNUも主力が多く戻ります。

このチームの魂はリーディングスコアラーでPG、4年生のブライアントマッキントッシュ(6-3、14.8ppg、5.2apg)。決して運動能力に恵まれているわけではないマッキントッシュのプレイは日本人選手の参考にもなるはず。元々は3つ星の選手↓


   

こういう選手はこれから日本でも多く生まれそう。生まれなければなりません。

学業が優秀で、スマートな選手が揃うノースウェスタンはミスが少ない。チームとしても、日本には模範となるスタイルです。

   

2017-2018スケジュール

*名物アリーナ、ウェルシュライアンがリノベーションのため、ホームゲームはオヘア空港近くのオールステイトアリーナを使用。


開幕3戦目、ホームにクレイトンを迎えます。

続いて、コネティカット州アンキャスビルに出向いて殿堂関連イベントに参加。

11月末のACC/BIGTENチャレンジの相手は、シェーファーアヴィ幸樹の所属するジョージアテック(@アトランタ)。

ほか、ノンカンファレンスゲームはvsバルパライゾ、ディポール、そしてオクラホマあたりが主なところ。

それほどハードではありません。

   

14位 MINNESOTA ミネソタ大学ゴールデンゴファーズ(BIG12)

ノースウェスタンと同じくビッグテンに属するミネソタも、24勝10敗のチームから主力がバック。

ヘッドコーチはリックピティーノの息子リチャード。


ノースウェスタン同様に、スーパースターは不在ながらの好チーム。


   

現地11月13日にアウェイでプロビデンス。

月末にバークレーズセンターでvs UMass、vsアラバマ。

そしてACC/BIGTENチャレンジは、ホームにマイアミ(フロリダ)を迎えます。

加盟校が多いビッグテンのゲームが12月から始まりますが、合間を縫って、@アーカンソー、vsハーバードなどと戦います。

   

13位 NOTRE DAME ノートルダム大学ファイティングアイリッシュ(ACC)

ノートルダムもすっかり強豪校。そしてここもまた、長らくファイナルフォーに進めていない学校。

得点とリバウンドの両方でチーム一の数字を残したフォワード、オールアメリカン候補のボンジーコルソン(6-5、17.8ppg、10.1rpg)と、PGマットファーレル(14.1ppg、5.4apg)の4年生コンビを中心に、実に40年ぶりのファイナルフォー、そして初のNCAA優勝を狙います。


2017年トーナメントはウェストバージニアに敗退。5番がファーレル、35番がコルソン↓


   

2017-2018スケジュール


ノートルダムはこれも注目のイベント、ハワイでのマウイインビテーショナルに参加。

初戦、ホストのシャミネードはディビジョン2校ですが要注意。負けられないというプレッシャーがいつものしかかります。勝てばミシガンかLSU。逆の山にはマーケット、VCU、カリフォルニアに、非常に評価が高いウィチタステイト!見ものです。

本土に戻って、ACC/BIGTENチャレンジはこれも優勝候補のミシガンステイトとアウェイで。12月中旬には州内対決インディアナとハードスケジュールです。

マウイを制すればトップ10、MSUにも勝てばトップ5に入ってくることができます。

   



   

12位 NORTH CAROLINA ノースカロライナ大学ターヒールズ(ACC)

ディフェンディングチャンピオン、ノースカロライナはエースのジャスティンジャクソンがNBAへ。

これは想定内でしたが、ビッグマン、トニーブラッドリーが予想外のONE&DONE。これによりトップテン入りを逃しました。


が、エースガードのジョエルベリーなど残った面々も強力。

注目はNBA選手レイモンドフェルトンの甥であるジャレックフェルトン(6-4、PG)。


   

2017-2018スケジュール


ゴンザガやデュークとはブラケットが異なるため対戦がありませんが、UNCもPK80インビテーショナルに参加。1回戦でいきなり、タヒロウディアベイトが進んだ地元ポートランド大学と激突!同じブラケットにはオクラホマ、アーカンソー、ミシガンステイト、ジョージタウン、コネティカットにオレゴンですから、、、このイベントはやはり強烈。

ほか、ACC/BIGTENチャレンジはミシガンと対戦。

   

11位 MIAMI(FL) マイアミ(フロリダ)大学ハリケーンズ(ACC)

ACCからさらに1校。マイアミも主力が多く戻るチーム。

昨季は21勝12敗、ACCでは10勝8敗で4位タイ。

このフットボール校も、リックバリーという殿堂入り選手を輩出しながらバスケットボールはさっぱり。最高成績はSweet16(3度)どまりですが、ACCにあって現在2年連続のNCAAトーナメント出場は快挙。

まずはエリートエイト進出ですが、ヘッドコーチ、ジムララナーガは2006年にジョージメイソンを奇跡のファイナルフォー進出に導いた名将。来季は勝負の年です!


2年生エース、ブルースブラウン(11.8ppg、5.6rpg、3.2apg)。注目↓


   

ブラウンら上級生中心ですが、5つ星選手のリクルートにも成功!ペンシルバニアから6-4SG、ロニーウォーカーがやってきます↓

   

   

2017-2018スケジュール


まずは11月末のACC/BIGTENチャレンジ、同程度に位置づけられるミネソタとアウェイで対戦。

そして12月中旬には定期戦を組んでいるジョージワシントンとこれもアウェイで。

今のところ、ノンカンファレンスはハードにしていません。

もう1つ2つ、強豪校と組みそう。

   

   

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン①26位~21位+
NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン②20位~16位
NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン④10位~6位
NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン⑤5位~1位

ad




ad




-NCAA(大学)
-, , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.