NCAA(大学)

ペニーハーダウェイがメンフィス大学ヘッドコーチに就任!など

更新日:

アンファーニー”ペニー”ハーダウェイが母校メンフィス大学のHCに

1週間ほど前、突然ツイッターアプリの通知が止まらなくなりました。


2年前に投稿したこちらのツイートがどんどん拡散されていきます。


???と思っていたら、どうやらメンフィス大学が2シーズン目のコーチ、タビースミスを解任し、新コーチを迎えそうだという噂。そしてその新コーチの候補が、地元の英雄にして元NBAスター、ペニーハーダウェイという話。ファンの期待が膨らみ、10年前のファイナルフォー時の動画ツイートが拡散された、というわけでした。

こんなツイートあんなツイート、さらにこんなツイートも出てきて、、、

正式にアナウンスされました

   

アンファーニー”ペニー”ハーダウェイが、母校メンフィス大学タイガースのヘッドコーチに就任です。
*19代目ヘッドコーチ。メンフィスは2020年に創部100周年。”土地柄”、黒人がコーチに就くことが多い学校。

アシスタントを含め、ペニーハーダウェイにNCAAコーチのキャリアはありませんが、脇を固めるスタッフの1人に”あの”ラリーブラウンの名前があがっており、万全の様相。

むしろSMU時代のようにブラウンが張り切り過ぎて(*選手の学業問題で解任)、NCAAにお咎めをうけないかの方が心配。

(いくらでも可能だったはずながら)華やかなTVでのアナリストなどをしてこなかったペニー。

AAU、そしてメンフィスイースト高でのコーチという、地味目の(?)キャリアは、特にリクルーティングにおいて大きく役に立つでしょう。


まずはコーチングスタッフの名前、そしてClass of 2018の、メンフィス大学のリクルートに注目です。

   

ニックキングという選手

このペニーハーダウェイの噂が出始めたのと同じ頃、やはりツイッターで見た、1枚の写真に目がいきました。

   

   

場所はミドルテネシーステイト大学(MTSU)Basketballのフィルムルーム。


カンファレンスUSA所属のMTSUは、16勝2敗でリーグ優勝。3年連続となるNCAAトーナメント出場は間違いないと見られていました。が、1位シードでのぞんだカンファレンストーナメント初戦で、9位シードのサザンッミシシッピにまさかのアップセット。


C-USAからのNCAAトーナメント出場枠は基本、1つ。

レギュラーシーズン制覇のMTSUの面々は、かすかな期待とともに同校フィルムルームで”セレクションサンデー”中継を見ていましたが・・・

中継が終わった1時間後、ニックキングがフィルムルームに残った。動かなかった。
波乱に満ちたカレッジキャリアの始まりを経て、今シーズン、このチームに彼がどれほどのものを懸けてきたかを思えば、、、胸が張り裂けそうな光景だ。

   

MTSU、ウェスタンケンタッキー(3位シード)とオールドドミニオン(2位シード)がカンファレンスUSAを支配した。が、マーシャル(4位シード)がカンファレンストーナメントを制し、NCAAトーナメント出場を決めた。これがカレッジバスケットボールだ。

ジョンロスタイン

   

ニックキングはメンフィス出身の4つ星選手。

ペニーがコーチをしていたイーストハイスクール出身のNBA候補で、そのままメンフィス大学へ進学。しかし、、、

   

「今年こそ、自分がエースとしてNCAAトーナメントで活躍する」


キングの思いは叶いませんでした。

全世界が注目するNCAAトーナメント。


渡邊雄太も含め、いったいどれだけの選手がその出場を夢見てきたのでしょうか。


そして、いったいどれだけの選手がNBAなどのプロバスケットボールキャリアを築けるでしょうか。

あらためて、すさまじいレベルでの競争だと思います。

   

NCAAバスケットボール-オフのコーチングチェンジ

ペニーハーダウェイが就任したメンフィス大学に限らず、多くのチームはシーズン終了。

NITに招かれたミドルテネシーステイトも、2回戦でルイビルにダブルオーバータイムの末に敗退しました。ニックキングは有終の24点・6リバウンド。

一方で、この時期からはヘッドコーチの去就も活発。

MTSUでの実績が認められたカーミットデイビスは、SECのOle Miss(ミシシッピ大学)への栄転が決定。

↓主なコーチングチェンジ。”玉突き”人事もありますし、これからさらに増えてきます。


   

高橋マイケルの母校、カリフォルニアステイト大学ノースリッジ校は、元NBA選手&コーチのレジーセウスに代わってマークガトフライド。1995年にUCLA優勝時のアシスタント。母校アラバマ→ノースカロライナステイトと移って、LAエリアに戻ってきました。


同じく1995UCLAアシスタントだったロレンゾロマーも出戻り。ペッパーダイン→セントルイス→母校ワシントン→アリゾナACと経験を積みました。


2人とも敏腕リクルーター。しかし、それ以上ではない。。。

元NBAスターはカレッジコーチとして成功できません。

UNCシャーロットはマークプライスを昨年末に解雇。

セントジョンスのクリスマリン、ジョージタウンのパットユーイング、アラバマのエイブリージョンソンらがいますが・・・

ペニーに注目です。


やはり元NBA選手、ケビンオリーは母校コネティカットを2014年チャンピオンに導きながら、ここ2年は低迷。学校は我慢の限界?大きなポジションです。


元シカゴブルズHCのティムフロイドもUTEPを辞任。アイオワステイトではまずまずの成功。野心家のフロイドはUSCでOJメイヨらのリクルートに成功しましたが、、、


さらにはウォルターマッカーティ。ケンタッキーとボストンセルティックスで、リックピティーノの下でプレイし、現在セルティックスACのマッカーティはインディアナ州のエバンスビル大学のHCに就くようです。日本人選手・大野慎子の母校。

ピティーノが辞任したルイビルも注目。デイビッドパジェットは暫定でした。

コロラドステイトの次期候補には、OGで現在NBAサンアントニオスパーズのアシスタントを務めるベッキーハモンのほか、八村塁など、ゴンザガに留学生を多く連れてきている国際リクルーターとも言えるトミーロイドの名があがっています(2人ともないと思いますが)。


*過去にこういった方もいましたが、NBA同様、NCAA男子でも女性ヘッドコーチがなかなか誕生しません。
*ピティーノの下でも

ジェフリーボとスコットチェリー。ともにノースカロライナ大学出身で、故ディーンスミスの下でプレイした選手ですが、コーチとして大成できず。

メンフィスでペニーに取って代わられた黒人コーチ、タビースミスは1998年にケンタッキーで優勝。UKを追われてからは良い成績を残せていません。


ロヨラ(メリーランド)を解任されたGGスミスはタビーの長男。タビーがジョージア大学ヘッドコーチ時代に選手としてプレイ。

そのジョージア大学は、マークフォックスを解任。Bリーグ川崎のスター、ニックファジーカスをネバダ大学でコーチした人物。ハイメジャー、ジョージアで9季ヘッドコーチを務めましたがついに解雇。


代わってトムクリーン。ミシガンステイトの名将トムイゾーの弟子で、ヘッドコーチデビューしたマーケット大学でドウェインウェイドを”掘り起こして”2003年ファイナルフォー。インディアナ大学へ栄転しましたが昨年辞任していました。1年アナリストとして過ごしての現場復帰。

この他大きなポジションはACCのピッツバーグ大学。

ロードアイランドHCのダニーハーリーらが候補にあがっていますが、そうするとロードアイランドからオファーを受けていた琉球ハッサンマーティンの弟マリックの進学先がどこになるのか・・・

最後に、LA東方にあるカリフォルニア大学リバーサイド校。

新ヘッドコーチはなんとデイビッドパトリック。ベンシモンズの”ゴッドファーザー”として知られ、LSUアシスタント時代にシモンズをリクルート。セントメリーズ(SMC)アシスタント時代にはパトリックミルズやマシューデラベドバを呼び込んだ、”オーストラリアコネクション”を持つリクルーター。もっと大きなポジションを狙っていると思いましたが、、、

   

大きなお金が動く、コーチングチェンジはオフの注目イベント。

   

ところで、NCAAは大きな改革をするのでしょうか???

ad




ad




-NCAA(大学)
-, , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.