NCAA(大学)

NCAAカレッジバスケットボールランキング<2020-2021>

投稿日:

<追記>

まだポストシーズンを残していますが。

激動の1年でした。

こちらで書いたとおり、シーズン前に母国(またはその近く)に戻る選手も続出。

ゲームさえ十分に行われない中、それでもアメリカに残り、学生アスリートとして過ごした選手の皆さんに、心から敬意を表したいと思います。

   

NCAAバスケットボール最新ランキング<week15>

大詰め!

   

やはりNCAAカレッジバスケットボールは期待を裏切りません。

いつもどおり、最高に面白い展開になってきました。

まずはBIG12、カンザスが意地。ホームでベイラーを破り、スウィープを阻止。

かたや、ついに1敗したベイラーですが、これは良い薬と捉えるでしょう。

   

今季最強カンファレンス、ビッグテンの潰しあいは、もはやランキングを意味のないものにしていますが、ミシガンがやや抜け出ている印象。ベイラーに代わって2位に躍り出ました。→こちらは必見

   

シーズン終盤の話題は尽きませんが、ここにきてTop25に滑り込んだ、PAC12のコロラドに注目。

   

「現在の」ブラケットロジー

   

NCAAなどアメリカ大学バスケットボールにおける日本人、日本縁の選手(男子)

まず渡辺飛勇(ヒューホグランド)選手のUCデービス

ビッグウェスト5勝3敗、通算8勝6敗でカンファレンス3位につけていますが、渡辺選手の出場がありません。。。どうしたのでしょうか?

   

ドゥ”ドゥドゥ”ゲイ選手のルイジアナ・ラファイエットは、アウェイでのアーカンソー大学リトルロック戦を1勝1敗。

ドゥドゥ選手はやや不発に終わったものの、サンベルトカンファレンスWest2位の好位置で、カンファレンストーナメント突入です。

優勝すれば、2014年以来7年ぶりのNCAAトーナメント出場!

   

そして、弓波英人選手。3年生ながら、学業で優秀な成績を修めた弓波選手は早々の、”見事な”卒業。

「シニアデー」にて、ホームゲームを締めくくりました

ジョージアサザンのアパラチアンステイトをホームにむかえたシリーズは1勝1敗。2戦目、本来であればウォークオンの弓波選手の登場は無い展開でしたが、ノースカロライナから駆け付けたご両親の前で登場

有終の美、でした。

   

ですが、まだ終わりません。

ドゥドゥ選手ともども、カンファレンストーナメントに参戦。

ジョージアサザンはEast5位での出場ですが、奇跡は起こるか。

もちろん、優勝すればNCAAトーナメント出場です。

サンベルトカンファレンストーナメントブラケット

   

ディビジョン3!!

セントジョセフ大学(カレッジ、メイン州)4年生、酒井達晶選手が”3月に”ようやく登場!

同州内の3校と各2ゲームを行うとのこと。

最後のシーズン、思うようにプレイができなかった酒井選手ですが、オンラインでの暴れっぷりは忘れられません(笑)。

大変勉強になりました。

コートでの姿、必ず拝もうと思います。→視聴方法

   

同じくディビジョン3、コウキワイリー選手のローズは、アーカンソーのヘンドリックスとアウェイゲーム。2戦2敗となり、通算1勝8敗。

   

そして、木村圭吾選手。こちらもようやくのデビュー!

ニューヨークにあるユダヤスクール、イェシバと2戦。それもホーム&ホーム(日本流にいえばホーム&アウェイ)。

残念ながら、セントジョセフ(USJ、コネティカット州)の2敗となりましたが、ディビジョン3トップ校同士による、見ごたえのあるゲームでした。

イェシバは素晴らしいバスケットボールをします。→参考

   

NJCAA(短大)、富永啓生選手のレンジャーは2戦実施し、1勝1敗。

富永選手はともにベンチからの出場で、得点はそれそれ3と13。

まだ少し心配。。。

   

NCAAアメリカ大学バスケットボールにおける日本人、日本縁の選手(女子)

ロバートモリス大学、ホライゾンリーグトーナメントの初戦でノーザンケンタッキーに敗れ、シーズンが終了。

これにより、池松ほのか選手のカレッジキャリアが終了。

彼女もまた、大きな挑戦を終えました。”これから”に、大いに期待です!!

   

ヒル真理選手のボウリンググリーンステイト大学は、レギュラーシーズンゲームを2つ残し、MACカンファレンス優勝!!

1位シードにて、カンファレンストーナメント出場です。

油断はできませんが、NCAAトーナメント出場を期待!

   

今野紀花選手のルイビル大学は、レギュラーシーズン最終戦、@ノートルダムを見事勝利。

全米ランキング5位で、ポストシーズンにのぞみます。

ACCからは複数校の出場ですので、ルイビルのNCAAトーナメント出場はほぼ100%確定。

全米制覇にさえ期待がかかります。

今野選手はまだ2年生。楽しんでほしいですね。

これは本当に素晴らしい、会心のショット!!20回くらい見ました(笑)。力強く、しなやか。

   

ad




ad




-NCAA(大学)
-, , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.