NCAA(大学)

デューク大学のコーチKことマイクシャエシェフスキが来季で引退

投稿日:

*ジョンシャイヤー次期ヘッドコーチの会見について追記しました。

   

デューク大学のコーチKが来季での引退を表明

ノースカロライナ大学のロイウィリアムズに続き、殿堂入りコーチが引退を表明です。

   

穏やかな表情が印象的

   

時折、涙ぐみ、

”Opportunity(機会を与えてくれた)”と”Believe in(信じてくれた)”という言葉を繰り返しました。

アーミー(陸軍士官学校)選手時代と、インディアナ大学アシスタントコーチ時代の師匠、ボブナイトのほかに、3人の名前をあげながら。

   

トムバターズ

以前も書きましたが、コーチKのデューク着任(1980年)はじめの3シーズンは、うまくいきませんでした。

38勝47敗。

デュークはコーチKが来る前から強豪校でしたので、コーチK解任は自然な流れ。

これを抑え、コーチKを信じ、続投させたのが、長らくデューク大学のアスレティックディレクターを務めたバターズでした。

4季目に24勝10敗。6季目には初のファイナルフォー、そして準優勝(1986年)。

   

キースブロディ

グラントヒルやアントニオラングらを擁し、NCAA準優勝を果たした1994年(優勝はアーカンソー)。

翌シーズン、コーチKは病に倒れます。

デュークはこの1994-1995シーズン、屈辱のACCカンファレンス最下位。もちろんポストシーズンなし。

コーチKは「辞めるつもりでいた」と語っています。

これを慰留し、リハビリさえも手伝ったとされるのが、当時のデューク大学学長(プレジデント)のブロディ。

コーチKは翌1995-1996シーズンに復帰。

以降、24年連続NCAAトーナメント出場を果たし、誰もが認める”世界一のバスケットボールコーチ”となりました。

*2020年はコロナによりポストシーズン中止。そして今年、2021年は出場を逃しました(13勝11敗)。

   

ジェリーコランジェロ

上の動画にある会見で、「2006年、東京(正確にはさいたま)での世界選手権。アメリカ代表ヘッドコーチとして臨みながら、準決勝でギリシャに敗れた日。あれがワーストデイ。コーチ人生で最悪の日だった。」「どう戦っていいのか、全くわかっていなかった。」

「ゲーム後、コランジェロに謝りにいった。彼は『よくやった』と。」

   

コーチKの、アメリカ代表ヘッドコーチとしての戦績(2005年の着任以降)↓

主なイベント勝敗結果
2016リオデジャネイロオリンピック8-0優勝(金メダル)
2014ワールドカップ@スペイン9-0優勝(金メダル)
2012ロンドンオリンピック8-0優勝(金メダル)
2010世界選手権@トルコ9-0優勝(金メダル)
2008北京オリンピック8-0優勝(金メダル)
2006世界選手権@日本8-13位(銅メダル)
唯一の負けが@日本

   

コーチKの全戦績(NCAA)

ナンバーワンコーチです。

   

シーズンスクール勝数負数APファイナルランクNotes
1975-76アーミー1114  
1976-77アーミー208  
1977-78アーミー199  
1978-79アーミー1411  
1979-80アーミー917  
1980-81デューク1713  
1981-82デューク1017  
1982-83デューク1117  
1983-84デューク241014 
1984-85デューク23810 
1985-86デューク3731準優勝
1986-87デューク24917 
1987-88デューク2875ファイナルフォー
1988-89デューク2889ファイナルフォー
1989-90デューク29915準優勝
1990-91デューク3276優勝
1991-92デューク3421優勝
1992-93デューク24810 
1993-94デューク2866準優勝
1994-95デューク93  
1995-96デューク1813  
1996-97デューク2498 
1997-98デューク3243 
1998-99デューク3721準優勝
1999-00デューク2951 
2000-01デューク3541優勝
2001-02デューク3141 
2002-03デューク2677 
2003-04デューク3166ファイナルフォー
2004-05デューク2763 
2005-06デューク3241 
2006-07デューク2211  
2007-08デューク2869 
2008-09デューク3076 
2009-10デューク3553優勝
2010-11デューク3253 
2011-12デューク2778 
2012-13デューク3066 
2013-14デューク2698 
2014-15デューク3544優勝
2015-16デューク251119 
2016-17デューク2897 
2017-18デューク2989 
2018-19デューク3261 
2019-20デューク25611 
2020-21デューク1311  
1975-2021合計1170361  
 アーミー合計7359  
 デューク合計1097302
SRより

   

コーチKの後継者、次期デューク大学ヘッドコーチは?

ディーンスミス後のノースカロライナ、ルートオルソン後のアリゾナ、そしてジョントンプソン後のジョージタウン・・・

偉大なコーチの後継は、うまくいかないのが一般的です。

   

デューク大学がコーチKの後任に指名したのは、

ジョンシャイアー

現アソシエイトヘッドコーチ(トップアシスタント)で、コーチKと同じく、シカゴエリアの出身。

もちろん(?)デュークOBの元選手。

わずか33歳。

   

誰もが「うまくいくはずがない」と言っています。

   

「誰がやってもうまくいかない」と思います。

   

ロイウィリアムズの後継に、ヒューバートデイビスを選んだノースカロライナと同じく、”身内”から選出する特別なプログラム、DUKE BASKETBALL。

UNCとは異なり、1年前にコーチKの引退をアナウンスし、次期HCを発表したデューク。

   

スムースかつ、強力な後継は、実現するでしょうか?

   

”デュークらしい”人物

   

それにしても若い。

2010年に、NCAA制覇したチームのガード。(決勝の相手はブラッドスティーブンスが率いたバトラーでした)

シカゴ北郊外の、グレンブルックノース高校出身で、高校コーチがデイビッドウェバー。現カンザスステイトHCのブルースウェバーの弟であり、当時ブルースが地元イリノイ大学HCであったことから、シャイヤーはイリノイ進学が噂されていました。が、当時のデュークにはアシスタントにクリスコリンズ。ダグコリンズの息子クリスもまた、同高校出身で、シャイヤーを強く勧誘。結局、シャイヤーはデュークに進みました。*コリンズもコーチKの後継者の有力候補で、現在はグレンブルックノース近くのディビジョン1、ノースウェスターンのヘッドコーチ。

昨日のことのようです。

いまや、多くの選手をリクルートする側のシャイヤー。

彼もまた、”Opportunity(機会を与えてくれた)”という言葉を使いました。

下記、新アスレティックディレクターとのコンビに注目です。

       

<後記>

デューク大学は、コーチKの引退発表に先立ち、アスレティックディレクターの交代も発表していました。

ケビンホワイト(フロリダ大学ヘッドコーチ、マイクホワイトの父親)から、ニーナキング

デューク大学史上初となる黒人女性のADで、パワー5スクール(ACC、ビッグテン、ビッグ12、SEC、パック12)では3人目となるそうです。

   

ノースカロライナファンの私としては、コーチKほどうっとうしい存在はありませんでした(笑)。

最後のシーズン、2021-2022。ファイナルフォー進出くらいは許します(笑)。

懐かしい!!

寂しい。。。

ad




ad




-NCAA(大学)
-, , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.