Bリーグ/日本国内 その他海外

新旧Bリーグ外国籍選手が激突!TBTバスケットボールトーナメント

更新日:

<追記>

どのカテゴリーのバスケットボールを見ていても、ゲーム終盤のファウルゲームに対する不満がさらに目立つようになってきました。

イーラムエンディング

ますます注目されるかもしれません。

全ゲームがブザービーターによる決着!

   

TBTザバスケットボールトーナメント2021

注目選手などはこちら

視聴方法はこちら

   

公式による、フルスケジュール *CDTとは、アメリカの中部標準時です。日本が14時間進んでいる計算となります。

   

あらためて概要を↓

日程(日本時間)リージョナル(地区)アリーナ
7月17日-21日ウィチタチャールズコークアリーナ
7月24日-28日コロンバスコベッリセンター
7月18日-22日ウェストバージニアチャールストンコロシアム
7月25日-29日イリノイピオリアシビックセンター
8月1日-4日ファイナルフォーユニバーシティオブデイトンアリーナ
オリンピックとかぶる???。。。

   

TBTブラケット(組み合わせ)が決定

こちら!!

予想してみましたが、、、当たりません(笑)↓

   

TBT2021-リージョナル別注目

ウィチタ

ヒマなんです。。。

   

第1シードはエバーラインドライブ。順当です。ニックメイヨらに注目。

対抗の第2シードはホーム、アフターショックス

この、ウィチタステイトOBチームもそうですが、アーカンソーやカンザスステイト、ニューメキシコにオクラホマステイト、さらにクレイトンといった強豪大学のOBチームはいずれも侮れない存在。

また、韓国系のチーム、#13シードのキムチエクスプレスもどこまで進めるか。

2回戦はエバーラインドライブ vs スティルウォーター(#9、オクラホマステイトOB)、アフターショックス vs オマハブルークルー(#10、クレイトンOB)、そしてこれも有力候補、#3シードのチームチャレンジALS vs #6・チームアーカンソーと予想。

そして、もう1つ注目を集めそうなのが、#4・LAチーターズ(ドリューリーグ) vs #5・フロリダTNTの好カード。LAはデリックウィリアムズらに期待。

地区準決勝はエバーラインドライブ vs LAチーターズ、アフターショックス vs チームチャレンジALS。

決勝はエバーラインドライブ vs チームチャレンジALSで、エバーラインドライブのファイナルフォー進出と予想します。

LAにリチャードソロモン、チームチャレンジALSにデビッドウィーバーとデショーンスティーブンスといったBリーグ勢がいるほか、ALSはスモールのジェロームランドルと、帰化してポーランド代表で活躍中のAJスローターに要注目。

   

⇒インサイドTBTさんによる、ウィチタリージョナルの注目選手

ニックメイヨがカウントされないほど、、、好プレイヤーが揃います。

   

コロンバス

上段、すごすぎです。。。

   

第1シードは、ホームのカーメンズクルー。優勝候補。

医学生となった(!)元オハイオステイトのスター、アーロンクラフトが率い、ジュリアンマブンガジェフギブスが大きく貢献するでしょう。

が、勝ち抜きが非常に難しい激戦区。

2回戦で当たるいずれか。#8・メンオブマッキー(パデューOB) vs #9・ボーリンティアーズ(テネシーOB)は、1回戦屈指の好カード。

さらに地区準決勝であたりそうなヨーロッパのスター集団、チームハインズ(第4シード)は、直前にギリシャ代表のニックカラテスと、CSKAモスクワのウィルクライバーンが加入!

カーメンズクルーにはタフすぎる地区となってしまいました。

対して、ブラケットの”下側”はけっこう楽。

第3シード、ゼイビアOBのジッペムアップの勝ち抜きを予想します。

   

最終的には、カーメンズクルー含め、ブラケットの”上”を勝ち抜いたチームがファイナルフォー進出ではないかと。

   

コロンバスリージョナルの注目選手

ギブスとマブンガは明らかな過小評価(怒)。やってくれるでしょう。

9位に、元新潟のニックパーキンスがランクイン。たしかに、彼も良い選手。

   

ウェストバージニア

けっこうわからない(予想しづらい)リージョナル。

   

第1シードはTBTの常連、サイドラインキャンサー

マーカスキーンという、スーパースーパースモールガードが牽引します。

※激震!マーカスキーンが出場を取り止めました。。。(7月14日)

⇒結局、ゲーム当日に出場決定!!。。。

   

侮れないのが、地区準決勝で当たりそうな、オーバーンOBのウォーレディ(第5シード)。

2019年にファイナルフォー進出を果たした選手が集まります。

第2シードは地元・ベストバージニア(ウェストバージニアOB)。Bリーグでお馴染み、ケビンジョーンズと、アレックスルオフが所属。強いです。

順当なら、1位2位の地区決勝。

ここは、サイドラインキャンサーの勝ち抜きを予想します。

   

ウェストバージニアリージョナルの注目選手

マーカスキーンはスコアラー。絶対注目。

4位にランクされる、ブライスブラウンは、2019年ファイナルフォーチーム(オーバーン)での活躍が記憶に新しいスター。

10位、フレッチャーマギーは白人のスーパーシューター。

ケビンジョーンズが7位にランクイン。

   

イリノイ

シラキュース、ちょっと反則(笑)

   

第1シードはこれも常連で、ディフェンディングチャンピオン、ゴールデンイーグルス(マーケット大学OB)。

2回戦の相手は、これもファーストラウンドの好カード、ブラザリーラブ(#8) vs ジミーV(#9)。

それぞれ、DJニュービルと、ゴンザガで八村塁のチームメイトだったジョシュパーキンスという好ガードが率い、ノバーガドソンタイラーストーンというBリーグ勢が援護。*ニュービルは参加を回避した様子

どちらが勝ってもおかしくありません。

ただし、ブラケットの上段を勝ち抜くのは、第4シード・オレゴンOBのオールウェイズアスと予想。

下段も激戦で、地区準決勝で当たりそうな、#2・ハウスオブペイン(イリノイOB) vs #3・ベーハイムアーミー(シラキュースOB)も好カード。

これも直前に、TBTの優勝請負人とまで呼ばれる、セントジョーンズOB・DJケネディーが加入した、ベーハイムアーミーの勝ち抜きを予想します。

   

イリノイリージョナルの注目選手

1位にケネディ!

3位マイクダウムは世界のトップレベルと評価されたスコアラー。

9位にジョシュパーキンス。

Bリーグ勢、特にDJニュービルは、これも過小評価。。。

   

   

NCAAトーナメントほどアップセットは起こらない・・・ことはないんでしょうね(笑)

   

繰り返しますが、最大の見どころはBリーグ勢かもしれません。

旧外国籍選手。そして新たなシーズンの外国籍選手。

そしてそして、「こんな選手がいたらなぁ」

と、未来のBリーグで活躍しそうな選手を眺められるが、TBTの魅力

世界各地に散らばった、プロ選手たちによる競演です。

ad




ad




-Bリーグ/日本国内, その他海外
-, , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.