NBA その他海外

NBA Gリーグエリートキャンプにグオハオウェン(郭昊文)が参加

投稿日:

NBA Gリーグエリートキャンプから、NBAドラフトコンバインへ

NBA Gリーグエリートキャンプ

この投稿時点である、日本時間6月20日。NBA Gリーグエリートキャンプの初日です。

シカゴ・ディポール大学のホーム、ウィントラストアリーナで行われるこのイベントへの参加選手は、NBAやGリーグのスカウトの眼前でプレイ。

ここでアピールに成功すれば、同じ場所で日本時間6月22日から開催の、トップ候補が集結するNBAドラフトコンバインに参加可能となる流れです。

   

NBA Gリーグエリートキャンプ招待選手

デリックオルストンジュニア(ボイシステイト)バルーサコプリビカ(フロリダステイト)
ケベオルーマ(バージニアテック)AJローソン(サウスカロライナ)
ホセアルバラード(ジョージアテック)EJリドル(オハイオステイト)
ヨアン(ヨハン)ベガリン (パリ、フランス)マックマクラング(テキサステック)
チョンディブラウン(ミシガン)ジャコーリマクローリン(UCサンタバーバラ)
ジョーダンバーンズ(コルゲート)マットミッチェル(サンディエゴステイト)
マーカスカー(ミネソタ)RJネムハード(TCU)
DJカートン(マーケット)ユージーンオモルイ(オレゴン)
モウサシセ(メンフィス)EJオヌ(ショーニーステイト)
コフィーコックバーン(イリノイ)スコッティピッペンジュニア(バンダービルト)
オスカーダシルバ(スタンフォード)オーランドロビンソンジュニア(フレズノステイト)
ダリウスデイズ(LSU)アーミアシムズ(クレムゾン)
ハンターディッカーソン(ミシガン)ジャボンテスマート(LSU)
ドウソンガルシア(マーケット)マイクスミス(ミシガン)
マーカスギャレット(カンザス)DJステュワートジュニア(ミシシッピステイト)
ハオウェングオ(上海、中国)メイシオティーグ(ベイラー)
ジェイハフ(バージニア)MJウォーカー(フロリダステイト)
デジョンジャロウ(ヒューストン)デュアンワシントンジュニア(オハイオステイト)
カーリックジョーンズ(ルイビル)アーロンウィギンズ(メリーランド)
デバンテジョーンズ(コースタルカロライナ)ジェイレンウィルソン(カンザス)
計40名。カッコ内は所属チーム

ピッペンジュニアの名前もありますね。

アメリカ人以外も参加し、以前書いたヨアン(ヨハン)ベガリンも参加。

   

NBAドラフトコンバイン招待選手

マックスエイスマス(オーラルロバーツ)アイザイアリバース(ミシガン)
アバジオチャイ(カンザス)マクールメイカー(ハワード)
マーカスバグリー(アリゾナステイト)サンドロマムカレシビリ(シートンホール)
スコッティバーンズ(フロリダステイト)トレーマン(フロリダ)
チャールズバッシー(ウェスタンケンタッキー)マシューメイヤー(ベイラー)
ブランドンボストンジュニア(ケンタッキー)マイルスマクブライド(ウェストバージニア)
ジェームズボークナイト(コネティカット)デイビオンミッチェル(ベイラー)
グレッグブラウン3世(テキサス)エバンモブリー(USC)
ジャレッドバトラー(ベイラー)アイザイアモブリー(USC)
ジュリアンシャンペイン(セントジョーンズ)モーゼスムーディ(アーカンソー)
ジャスティンシャンペイン(ピッツバーグ)トレイマーフィー3世(バージニア)
ジョシュクリストファー(アリゾナステイト)デイシェンニックス(NBAGリーグイグナイト)
シャリーフクーパー(オーバーン)ジョンペティジュニア(アラバマ)
アヨドスンム(イリノイ)イーブスポンズ(テネシー)
デビッドデュークジュニア(プロビデンス)ジェイソンプレストン(オハイオ)
ケスラーエドワーズ(ペッパーダイン)ジョシュアプリモ(アラバマ)
ルカガーザ(アイオワ)ロコプルカシン(チボナ、クロアチア)
レイクアングレイ(フロリダステイト)ニーミアスケイタ(ユタステイト)
ジェイレングリーン(NBAGリーグイグナイト)オースティンリーブス(オクラホマ)
クエンティングライムス(ヒューストン)ジェレミアロビンソンアール(ビラノバ)
サムハウザー(バージニア)テレンスシャノンジュニア(テキサステック)
アーロンヘンリー(ミシガンステイト)デイロンシャープ(ノースカロライナ)
アリエルハクポルティ(ネヘジス、リトアニア)ジェリコシムズ(テキサス)
マシューハント(デューク)ジェイデンスプリンガー(テキサス)
ナショーンハイランド(VCU)DJステュワード(デューク)
アイザイアジャクソン(ケンタッキー)キャメロントーマス(LSU)
デビッドジョンソン(ルイビル)JTソア(オーバーン)
ジェイレンジョンソン(デューク)アイザイアトッド(NBAGリーグイグナイト)
キーオンジョンソン(テネシー)トレンドンワトフォード(LSU)
ハーバートジョーンズ(アラバマ)ジョーウィズカンプ(アイオワ)
カイジョーンズ(テキサス)ザイアウィリアムズ(スタンフォード)
ジョニージュザン(UCLA)マッキンリーライト4世(コロラド)
コリーキスパート(ゴンザガ)モーゼスライト(ジョージアテック)
ジョナサンクミンガ(NBAGリーグイグナイト)マーカスゼガロウスキー(クレイトン)
スコッティルイス(フロリダ) 
計69名。

ケイドカニングハムとジェイレンサッグスの名前はなし。

   

いつもながら、よくもまぁ、これだけタレントが揃うものだ、と。

皆、成功する素質を備えている、と言えます。

誰が”当たる”か。誰がフィットするか。

   

注目の中国人選手、グオハオウェン(郭昊文)

グオハオウェン(郭昊文)

こちらに名前が載るほどではありませんが、上リストで唯一のアジア人(アジア系除く)。

21歳のウィングです。

2020-2021は、CBA上海シャークスでプレイ

   

ゴンザガ進学を取り止め、Gリーグイグナイト入りを表明したファンボゼンの例に続き、グオハオウェンの今回参加の背景にも、NBAとCBAの親密さはあるでしょう。

Bリーグからも、こういったイベントにスター選手を送り込めるようになる時がくるでしょうね。

   

アジア系バスケットボール選手はNCAA、NBAで台頭するか

最後に、ぜひ紹介しておきたい記事があります。

なぜアメリカのメジャースポーツにアジア系選手は少ないのか

長いですが、とてもとても読みごたえがありました。

身体的能力などが原因ではなく、歴史的背景に起因しているのだと。

※記事中に出てくるリンク先にも貴重な資料が多いです。

NCAAスポーツにおける人種構成について

NBAにおける人種構成について

WNBAにおける人種構成について

↑選手のみならず、コーチやフロントオフィススタッフを含んでいる点も興味深い。

   

<後記>

グオハオウェンといえば、2018年のU18FIBAアジアにおける韓国戦。

韓国にはヒョンジュンリー(イヒョンジュン、Hyunjung Lee)。

八村塁、渡邊雄太という”ギフト”は存在するものの、やはり日本バスケットボールは中韓に劣るのではないか。そう思わされるゲームでした。

ad




ad




-NBA, その他海外
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.