NBA

NBAドラフト2021指名候補選手-インターナショナル(NCAA含む)+

更新日:

NBAドラフト2021指名候補選手-インターナショナル(アメリカ国外出身)選手ランキング

ランク選手身長体重体重*kgポジション国籍所属
1ジョナサンクミンガ6-921596.8CFコンゴGリーグイグナイト
2フランツワグナー6-922099.0SGドイツミシガン大学2年生
3アルペレンセンガン6-10240108.0CトルコベシクタシュJK(トルコBSL)
4ジョシュギディ6-818583.3CGオーストラリアアデレード(オーストラリアNBL)
5カイジョーンズ6-1022099.0PF/Cバハマテキサス大学2年生
6ウスマンガルーバ6-8230103.5PFスペインレアルマドリッド(スペインACB)
7クリスデュアルテ6-621094.5SGドミニカオレゴン大学4年生
8ロコプルカシン6-922099.0SFクロアチアチボナ(アドリアティックABA)
9フィリップペトルセフ6-11235105.8CセルビアKKメガ(アドリアティックABA)
10チャールズバッシー6-11235105.8Cナイジェリアウェスタンケンタッキー大学3年生
11ロカスヨカバイティス6-519587.8PGリトアニアジャルギリス(リトアニアLKL)
12ジョエルアヤイ6-518081.0SGフランスゴンザガ大学3年生
13ニーミアスケイタ7-0240108.0Cポルトガルユタステイト大学3年生
14サンティアルダマ6-1122099.0PFスペインロヨラ(メリーランド大学)2年生
15ヨアン(ヨハン)ベガリン6-621596.8SGグアドループ(フランス)パリ(フランスLNB Pro B2部)
独断です。*正確な発音は不明

   

個人的一巡目指名候補が上のリストになります(ほとんどのモックと同じですが)。

よくこれだけ異なる国籍の選手がいるもんだな、と。

そして、皆若い。

   

NBAドラフト2021指名候補選手-インターナショナル(アメリカ国外出身)選手ピックアップ

言うまでもなく、全員が注目です。

素晴らしい。

以前に少しでも触れた選手は

ジョナサンクミンガ

ジョシュギディ

クリスディアルテ

チャールズバッシー

あたり。

また、フィリップペトルセフとジョエルアヤイのゴンザガ大学勢や、フランツワグナーら、NCAAカレッジバスケットボール選手についてはそれなりにプレイ映像を見る機会がありました。

ここでは、それ以外の選手を。

   

アルペレンセンガン(19歳、トルコ)

ユーロ予選

   

センガンの魅力は「将来性」。

やたら評価が高い選手ですが、、、現段階ではちょっと過大に思います。

指名は一巡目ぎりぎりとなるのではないでしょうか。

   

ウスマンガルーバ(19歳、スペイン)

ビースト!

   

ユーロリーグファイナルフォー進出はならなかったものの、名門レアルマドリッドでバリバリ活躍する19歳。

シューティングに改善の余地がありますが、パワフル!NBAボディ。

即戦力。

   

ロコプルカシン(19歳、クロアチア)

万能

フィジカル面で時間はかかるでしょうが、フランツワグナーと大きな差は感じません。

「今どきの」ユーロスター。

   

ロカスヨカバイティス(20歳、リトアニア)

レフティ

リトアニアの名門クラブ、ジャルギリスの一員として、ユーロリーグでも活躍。

   

ヨアン(ヨハン)ベガリン(18歳、グアドループ(フランス))

抜群の身体能力!

   

ロニートリアフと同じく、カリブ海のフランス海外県の出身。

フランス伝統の、”能力系”。

   

トミーロイドのアリゾナ大学バスケットボールRoster

最後は番外。

上のリスト、ペトルセフとアヤイは言うに及ばず、八村塁も含め、長らくゴンザガ大学で留学生をリクルートしてきたトミーロイド

今オフ、ついにヘッドコーチデビュー。それも超名門アリゾナに異動したロイドが、早速NCAAカレッジバスケットボール界を賑わせています。→こちら

トミーロイドのコーチング手腕を疑問視する声が無いわけではありませんが、はっきり言って、集まった選手のレベルはTop25間違いなし。

振り返れば、八村塁もそうでしたが・・・

ゴンザガに続き、留学生のポテンシャルに気づいたアリゾナは、ロイドのゴンザガと激しいリクルート競争をしていました。

アリゾナが、デイモンスタウダマイヤーやマイルスサイモンら、OBコーチではなく、トミーロイドに白羽の矢を立てたのは、残った主力選手がリクルート競争の過程でロイドを慕っていたことが要因の一つと見られます。

以前書いた好シューター、ベネディクトマスリン(カナダ)、PGのカークリッサ(エストニア)、昨季1年生にしてリーディングリバウンダーとなった6-11・アゾラストゥーベリス(リトアニア)。

この3人が戻ってくるうえに、ユタ大学からこれも好シューター、6-5のペレラーソン(スウェーデン)を獲得。

そしてゴンザガから連れて来たビッグ、オマーバッロ(マリ)。

おそらくNCAAカレッジバスケットボール史上初の、、、

留学生5人によるスターターが、2021-2022シーズンのアリゾナ大学ワイルドキャッツで実現しそうです。

彼らも将来のNBA候補!

*実は、、、バッロが一番心配ですが、代わりとなるのがもう1人。7-1のクリスチャンコロコ(カメルーン)。

来季のアリゾナはアメリカ人少ない!!

ad




ad




-NBA
-, , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.