NBA

NBAドラフト2021候補-Gリーグイグナイト(Ignite)が始動

更新日:

始動開始-NBA GリーグIgnite(イグナイト)

いよいよスタートしたGリーグ・イグナイト(Ignite)。

キーワードは、「ベテラン」と「育成」でしょうか。

相手はSCウォリアーズ

   

以前の投稿   

レギュラーシーズンゲームは2月3月で計15ゲームのみ。

上位8チームに食い込めなければ、そこでシーズン終了。

緊迫感のある真剣勝負が見られなければ、スカウティングは難しくなりますね。

とはいえ、カイソット(フィリピン)やプリンスパルシン(インド)らを含んだ、新しい取り組みの行く末は楽しみ。

イグナイトの概要

   

ジョナサンクミンガ-2021年のNBAドラフト5位以内の指名が濃厚?

Gリーグ”イグナイト組”のドラフト候補生の筆頭は、ジョナサンクミンガ

デビュー戦で19点取ったクミンガには、「オフェンスで万能」「”フィジカル”〇」「アスレティシズム〇」とまずは高評価獲得。

”5位以内の指名”が大方の予想です。が、”1位指名はない”も大勢。

*ドラフトネットでは2位。

   

ジェイレングリーン-2021年のNBAドラフト5位以内の指名は難しい?

同じく、ほとんどのモックドラフトで5位以内の指名が有力下されていたのがジェイレングリーン。→ハイライト動画

運動能力・身体能力ではクミンガに劣りませんが、とにかく細い。

クミンガと同じ6-6登録ですが、クミンガの体重95kgに対し、わずか80kg。

→いつものこちら

身長6-6ならば、体重200lbs(およそ90kg)を切る選手があまり存在しないのがNBA。

シャイギルジェスアレキサンダーあたりが似たサイズですが、スキルセットで追いつけるかどうか。

デビューゲームでのインパクトでクミンガに劣った現時点では、評価をやや下げた感があります。

   

ちなみに、このイグナイトデビュー前の評価では、こちらで2人ともTIER2(第2トップグループ)に入っています。

   

1戦目の評価ではグリーンを上回ったデイシェンニックスや、アイザイアトッドともども、2021年のNBAドラフトで上位指名をうかがおうとする面々にとっては、「プレイオフに出場させること」も、(義務とまでは言えませんが)1つの大きな目標でしょうから、プレッシャーはそれなりにあるでしょう。

と、ここまで書いた直後に、ワシントンポストの記事を見つけました。

こちら

現Gリーグのプレジデント、シャリーフアブドルラヒムが、1995年の、初めて行われたナイキフープサミットに参加した際のエピソードから始まります。

当時、ケビンガーネットが「カレッジをスキップしてプロに行く」と言った時は「クレイジーだと感じた」と。

あれから25年後、アブドルラヒムはイグナイトに何の心配もしていないようです。

自身がカリフォルニア大学バクリー校で取得した学位、その後USCで取得したMBA。こういった教育の面でも、イグナイトは問題ない、と。*選手(6名。クミンガ、グリーン、ニックス、トッド、ソット、そしてシン。)はアリゾナステイトに進む奨学金を得ることができ、加えてプロ選手の心得を、現役・引退したNBA選手、コーチから享受できる。・・・などなど。

この6名の将来、そしてこの先出てくるスター候補の進路はどうなるでしょうか?

*こちらも参考→高校生たちのハイライト動画などでお馴染み、"Overtime"も今秋からセミプロリーグ設立構想

ad




ad




-NBA
-, , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.