NBA

クリスボッシュと、ラマーカスオルドリッジと、テキサス州ダラスと

投稿日:

クリスボッシュとラマーカスオルドリッジがダラスの独立校組織殿堂入り

ラマーカスオルドリッジ。けっこう好きな選手でしたので、嬉しいニュースでした。

若い!

地元紙の記事

   

クリスボッシュともども、病にそのキャリアを妨げられたものの、有数のビッグマンだったと思います。

   

テキサス州ダラスのバスケットボール

同じ高校ではありませんが、どちらも公立の、ダラスインディペンデントスクールディストリクト(ISD)に所属していました。

   

ダラスの高校バスケットボール

日本ではNBAダラスマーベリックスの存在が最も有名ですが、アメリカでもトップ10に入る大都市ダラスの高校バスケットボールは凄まじいレベルを誇ります。(こちらでも少し書きました)

クリスボッシュの出身高校リンカーンは、公立ながらルブライアンナッシュ(オクラホマステイトに進んだスターで、Bリーグでもプレイ)も輩出していますし(公立では大変なことです)、オルドリッジの母校シーガビルからは、テキサスA&Mに進んだドナルドスローンという選手が出ています。

テキサス州の高校出身選手一覧を見れば、ヒューストンやサンアントニオなどの都市も目立つように見えますが、周辺の都市(シーガビルのほか、ダンカンビルなどもダラスエリア)を合わせると、ダラスはやはりアメリカ有数の名選手輩出都市と言えます。

*2021年のNBAドラフトで1位指名が確実視されている、ケイドカニングハムも、フロリダ州のモントバードアカデミーにバスケットボール留学をした(転校。このケースは年々増えている傾向。)ものの、出身はダラスエリア、アーリントン。

再度、こちら

現役NBA選手なら、ジュリアスランドルが出たプレイノという町もダラスエリア。

トニーバティとダーレルアーサー、そしてデニスロッドマンの3人が同じ高校(サウスオーククリフ)というのも面白い。

   

これほど高校バスケットボールが盛んで、マーベリックスもいまやNBA有数の球団。

それでもNCAA(カレッジ)バスケットボールがパッとしない(SMU(サザンメソジスト)、TCU(テキサスクリスチャン)と、テキサス大アーリントン)のは、ビジネス重視の、アメリカ特有の現象ではあります。

NBAフランチャイズのある都市には、強豪カレッジは存在しないのですね(ロサンゼルスのUCLA、ソルトレイクシティのユタ大学、ミネアポリスのミネソタ大学などは例外)。

   

テキサス州のミスターバスケットボールと

各州の高校バスケットボールスターに贈られる、ミスターバスケットボールの称号。

選手高校大学
2021ズリックフェルプスダンカンビルSMU
2020グレッグブラウンバンドグリフトテキサス
2019タイリスマキシーサウスガーランドケンタッキー
2018クエンティングライムスカレッジパークカンザス→ヒューストン(転校)
2017セドリックアリージュニアクラインフォレストヒューストン→テキサス大サンアントニオ(転校)
2016マーキスボウルデンデソトデューク
2015タイラーデイビスプレイノウェストテキサスA&M
2014ジャスティスウィンスロウセントジョーンズデューク
2013アーロンハリソントラビスケンタッキー
2012マーカススマートマーカスオクラホマステイト
2011ルブライアンナッシュリンカーンオクラホマステイト
2010ジョーヤングイェイツヒューストン→オレゴン(転校)
2009ショーンウィリアムスダンカンビルテキサス→SMU
2008ウィリーウォーレンノースクロウリーオクラホマ
2007ジョンロバーソンプレイノテキサステック
2006ニックワイスキングウッドアリゾナ
ダーレルアーサーサウスオーククリフカンザス
2005CJマイルズスカイライン直接NBA
2004ジャワンマクリランミルビーアリゾナ
2003ケンドリックパーキンスオーゼン直接NBA
2002クリスボッシュリンカーンジョージアテック
2001ダニエルユーイングウィロウリッジデューク
2000フィールドウィリアムズワルトリップシンシンナティ
1999クリスオグデンセミノールテキサス
1998ラシャードルイスアリエフエルシク直接NBA
1997クリスオウエンスダンカンビルテュレーン→テキサス(転校)
1996ジェラルドブラウンオルダインテキサスA&M
1995スタンリーボネウィッツイーストセントラルテキサステック
1994アンドレパターソンクーパーインディアナ
1993ジミースミスビクトリアテキサスA&M→ウェバーステイト(転校)
1992ジェイソンササーキンボールテキサステック
1991ジミーキングプレイノイーストミシガン
1990アルバートバーディットレニアーテキサス
1989シャキールオニールコールLSU
1988エルマーベネットベルエアノートルダム
1987ラブラドフォードスミスベイシティルイビル
ラリージョンソンスカイラインオデッサ短大→UNLV(編入)
1986アンソニーアレンメモリアルジョージタウン
1985ランスブランクスマカローバージニア→テキサス
1984コイルウィンボーンパンパSMU
皆、ダラスから出ていきます。。。

ボッシュは獲得しましたが、オルドリッジはとれず。

   

ダラスマーベリックスの創設は1980年。

もともと野球やフットボールどころであった、南部テキサスのミスターバスケットボール創設は1984年。

ダラスのバスケットボールの歴史は、そのままマーベリックスの歴史と言っていいかもしれません。

プロバスケットボールチームの存在は、それほどまでに大きいのではないでしょうか。

1995年に立ち上がったトロントラプターズ。人口の差もあるとはいえ、バンクーバーに比べ、トロントエリア出身のスター選手は続々誕生しています。

bjリーグは2005年。Bリーグは2016年にスタートしました。

日本の各地からスター選手が生まれてくる、はずです。

   

<後記>

冒頭の、ダラスISD。

2021年殿堂入りには、ボッシュやオルドリッジと並び、マイケルジョンソンの名前もありました。

1996年アトランタオリンピック、陸上200mや400mで金メダルを獲得した、あのマイケルジョンソンです。

バスケットボール的には贅沢な名前ですが、彼を輩出したスカイラインハイスクールからは、ラリージョンソンも。同じく、贅沢な名前です(笑)

ad




ad




-NBA
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.