NBA NCAA(大学)

NBA DRAFT 2022~ドラフトで指名される選手の条件とは?

投稿日:

2022年のNBAドラフト。

あっと言う間に終わってしまいました。

   

2か月ほど前に、有名なモックドラフトサイトが

NBAで成功するための選手育成の4分の3ほどは、ドラフト指名された後に行われる。

スカウティングは重要だが、選手の学ぶ姿勢などを理解することは、もっと重要。

とツイート。

さらに、

「残念ながら、これがドラフトに関するSNS界隈の盲点で、NBA球団だけがその情報(選手の学ぶ姿勢などに関する)を得ることができる。」

「私たちが議論することの多くは、ほとんど無関係である。」と。

   

え?

何のためのモックドラフト?

   

でも、それでも、あれやこれや議論するのは楽しいんですよね!

   

というわけで、今回は2022年のNBAドラフトについて、です。

   

ドラフトで指名される選手の”条件”の1つ-2022NBAドラフトレビュー

NBAドラフト2022の、終了直後。

昨年の1位指名、ケイドカニングハムを送り出した、オクラホマステイト大学のヘッドコーチ、マイクボイントンが、大学生(NCAA)選手に向けてツイートしました↓

エージェントや親せき、トレーナー、そしてメンターが何を言おうが、”勝つことこそが重要なんだ”。負け越したチームからドラフト指名された選手は2人。2人だけだ!!一方で、大した数字を残せなかった選手数名が指名されている。”勝つことこそが、重要なんだ!!”

該当ツイート

   

NBAドラフト2022で指名された選手の、所属チームの戦績

なるほど。

そういえばそうか。

調べてみました。※2022年のNBAドラフトにおいて指名された58人のうち、NCAA選手は44人。全体の、約75%にあたります。(ほか、内訳はGリーグIGNITEから3人、オーストラリアNBLから3人、そしてヨーロッパから8人)

指名順位選手所属チーム(大学)最終年の戦績
1パウロバンケロデューク34勝7敗
2チェットホルムグレンゴンザガ28勝4敗
3ジャバリスミスオーバーン28勝6敗
4キーガンマーリーアイオワ26勝10敗
5ジェイデンアイビーパデュー29勝8敗
6ベネディクトマスリンアリゾナ33勝4敗
7シェイドンシャープケンタッキー
*プレイせず
26勝8敗
9ジェレミーソーハンベイラー27勝7敗
10ジョニーデイビスウィスコンシン25勝8敗
12ジェイレンウィリアムズサンタクララ21勝12敗
13ジェイレンデュレンメンフィス22勝11敗
14オチャイアバジカンザス34勝6敗
15マークウィリアムズデューク34勝7敗
16AJグリフィンデューク34勝7敗
17タリイーソンLSU22勝12敗
18デイレンテリーアリゾナ33勝4敗
19ジェイクラレイビアウェイクフォレスト25勝10敗
20マラカイブランハムオハイオステイト20勝12敗
21クリスチャンブラウンカンザス34勝6敗
22ウォーカーケスラーオーバーン28勝6敗
23デイビッドロディーコロラドステイト25勝6敗
25ブレイクウェズリーノートルダム24勝11敗
26ウェンデルモーアJr.デューク34勝7敗
28パトリックボールドウィンJr.ウィスコンシン大学
ミルウォーキー
10勝22敗
29タイタイワシントンJr.ケンタッキー26勝8敗
30ペイトンワトソンUCLA27勝8敗
以上、1巡目
指名順位選手所属チーム(大学)最終年の戦績
31アンドリューネムハードゴンザガ28勝4敗
32ケイレブヒュースタンミシガン19勝15敗
33クリスチャンコロコアリゾナ33勝4敗
34ジェイレンウィリアムズアーカンソー28勝9敗
35マックスクリスティーミシガンステイト23勝13敗
38ケネディーチャンドラーテネシー27勝8敗
40ブライスマクゴウエンスネブラスカ10勝22敗
41EJリドルオハイオステイト20勝12敗
42トレバーキールズデューク34勝7敗
43ムサディアバテミシガン19勝15敗
44ライアンロリンズトレド26勝8敗
45ジョシュマイノットメンフィス22勝11敗
47ビンスウィリアムズJr.VCU22勝10敗
48ケンドールブラウンベイラー27勝7敗
49アイザイアモブリーUSC26勝8敗
51タイリースマーティンコネティカット23勝10敗
53JDデイビソンアラバマ19勝14敗
57ジャバリウォーカーコロラド21勝12敗
以上、2巡目

   

過去のドラフトもざっと振り返ってみましたが、やはり、”勝っている”チームに所属していた選手が「指名されがち」でした。

まぁ、当たり前のことかもしれないのですが・・・

   

逆に考えれば、負け越したチームに所属しながら指名された2人、パトリックボールドウィンJr.(ミルウォーキー)、ブライスマクゴウエンス(ネブラスカ!)もまた、”それほどの”選手であるということでしょう。

しかし・・・さらに逆に考えれば、チームがもっと勝っていれば、チームをもっと勝たせることができていれば・・・指名順位はさらに上がったかもしれません。

   

渡邊雄太選手と八村塁選手、他の選手は・・・

2018年ドラフト外渡邊雄太ジョージワシントン大学15勝18敗(2017-2018)
4年間通算85勝56敗
2019年1巡目9位八村塁ゴンザガ大学33勝4敗(2018-2019)
3年間通算102勝11敗
ゴンザガの恐ろしさがわかる!驚異的な戦績

*渡邊選手のジョージワシントンも、負け越しは最後のシーズンのみ。

   

勝つことこそ、重要

勝つチームの中で貢献すれば、評価される

   

この当たり前の事実は、どのレベルのバスケットボールでも同じなのかもしれません。

ad




ad




-NBA, NCAA(大学)
-, , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.