日本代表/FIBA

U17バスケットボール日本代表とワールドカップ2022と川島悠翔選手

更新日:

FIBA U16アジア選手権。

男女とも、オーストラリアに敗れての準優勝。

見事でした。

   

女子は「当然」ともいえる貫禄がありますが、男子の2位は快挙!

   

コロナによる、異例の日程となる今年はすぐにU17ワールドカップ。

   

今回は、このU16”兼”U17バスケットボール男子日本代表と、U17ワールドカップ、そして大エース・川島悠翔選手について。

※時間がなくなってしまったので、大会進行と並んで投稿を完成させようかと・・・

※バスケットボールのアンダーカテゴリーについては過去の投稿もどうぞ > こちら

   

U16”兼”U17バスケットボール男子日本代表

> U16アジア選手権公式サイト

   

なんといっても、全ての男子カテゴリーにおいて初となる(はず)、ニュージーランド撃破!

しかも20点差!

素晴らしい勝利!

> ボックスコア

   

NCAAディビジョン1校進学は確実?川島悠翔選手

本人が望むのであれば(望んでいるはず)、NCAAディビジョン1スクールへの進学は間違いないでしょう。

   

U17ワールドカップ出場が当確となった、インド戦勝利の後、あるNCAAディビジョン1校のコーチからメッセージをいただきました。※山﨑一渉選手の時とは別の方。面白い学校の、面白い人です。

曰く、「(オファーを出す前提で)連絡を取りたい。皆、彼に夢中だ。」と。

   

こんなものではすまないでしょう!

川島選手がU17ワールドカップで相応の活躍を見せれば、オファーが殺到するはずです。

   

中国人選手、Qin Pang

川島選手は順当なら、2024年秋に進学。

この、Class of 2024には、注目の中国人選手がいます。

Qin Pang。※漢字など、調べます

   

ニューヨークの古豪、Christ the Kingに通うPangは、この夏のAAUバスケットボールでのアピールが成功。イリノイやセントジョンズといったハイメジャー校はじめ、ディビジョン1校からのオファーをたて続けに獲得しています。※オレゴン、ジョージワシントンからも!

6-9で万能

   

川島選手は、このPangと同等の評価をされ、多くのオファーを受けるでしょう。

”望むのであれば”、ミッドメジャー or ハイメジャーへの進学は、現段階で確実と言えます。

   

あとはより多くのリクルーターに、「見せるだけ」です。

   

U17バスケットボールワールドカップ(男子)

> U17バスケットボールワールドカップFIBA公式サイト

   

>  出場国ガイド1

>  出場国ガイド2

   

> 大会前のパワーランキング

日本が世界の10位!!

   

過去5回の大会を全勝優勝している王者アメリカ、開催国で日本と同組となったスペイン、そしてフランスが3強と言えそうです。

> 本番前に頻繁に行われた親善試合の結果

   

それにしても、強行日程ですね。。。

   

(あらためて)概要

<グループA>フランス、カナダ、セルビア、ニュージーランド

<グループB>スペイン、リトアニア、ドミニカ、日本

<グループC>アメリカ、スロベニア、マリ、レバノン

<グループD>オーストラリア、アルゼンチン、ポーランド、エジプト

   

> 決勝トーナメント

A1位 vs B4位

A2位 vs B3位

A3位 vs B2位

A4位 vs B1位

C1位 vs D4位

C2位 vs D3位

C3位 vs D2位

C4位 vs D1位

   

U17日本代表の戦い

8強を狙いたいところですが、決勝トーナメントで当たるのが”死のグループ”Aの国なのがきつい。

   

第1戦、vsドミニカを落としました。

ターンオーバー20では勝てません。。。 > ボックスクコア

   

次は優勝候補の開催国、スペイン!(衝撃の初戦黒星でしたが・・・リトアニアもさすが!)

> 完敗。ボックススコア

ターンオーバーがまた21。。。

先のU16アジア選手権では、平均11.8本と、参加国中最も少なく、丁寧なバスケットボールをしていた日本が・・・”世界の舞台では違う”のでしょうけど、それにしてもいただけないミスが目立ちました。自滅。

   

グループステージ最終戦、ドミニカを一蹴し、全勝のリトアニア相手に「本来の」姿をぶつけることができるかどうか。

> ボックススコア

点差こそ10でしたが、レベルの違いはいかんともしがたい。

ですが、課題だったターンオーバーが12に減ったのも得点差が縮んだ一因でしょう。

   

さて、決勝トーナメント!!(参加全16か国が進めるのは素晴らしいフォーマット)

グループB4位に沈んだ日本の相手は、グループA全勝の優勝候補・フランス。

   

たとえ敗れたとしても、順位決定戦にまわり、ゲームできることは貴重。

2014年大会(14位)よりも、1つでも上に!

   

注目の川島悠翔選手。

グループフェイズを終えて19.7ppgは2位!

アジアで活躍しすぎたか(?)、さすがにプレッシャーがきつい中ですが、爆上げの評価こそないものの、決して低く見られてもいないでしょう。

ここからの活躍にも期待です。

   

vs フランス。 > ボックススコア

Q1はようやく本来の、アジア選手権で見せた日本代表の姿が拝めましたが・・・ブロウアウト。

ねじ伏せられるのは仕方ないとしても、ターンオーバー25にはどうしても不満が残ります。

   

とはいえ、フランス、スペイン、そしてリトアニアは大会指折りの強豪国。ちょっと相手が強すぎた感も否めません。

   

順位決定戦にまわる日本。

1勝は時間の問題でしょう。それをできるだけ早くして、1つでも上の順位を獲りたい。

   

★リトアニア戦までを終え、アメリカの有力リクルーティングサイト247の記者さんが、インターナショナル選手5人の特集。そのうちの1人に川島悠翔選手!! > 該当記事

   

> 最終成績

日本は1勝6敗で14位。

ですが、内容は2014年と全く異なりました。胸を張っていいでしょう。

   

ガードが厳しい中での活躍

日本のチャンネルではなく、物凄い面々とともに並んでいます!

   

さて、次はU18アジア@イランです!! > 2次合宿時の選手

ad




ad




-日本代表/FIBA
-, , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.